愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

旅・イタリア

子連れベネチア旅⑧ 観光地ベネチアの苦悩

ベネチアに行く前に見た旅番組で、ベネチアには最近大型のクルーズ船が毎日のようにやってきて、お客がたくさん来てウハウハなのかと思えば、逆に大迷惑なのだという話をちょっとしていた。実際のところ、こじんまりとした小さな島であるベネチアに、巨大都…

子連れベネチア旅⑦ ベネチア色々覚書き

毎回、旅先で気になったことやちょっとしたことを箇条書きにするシリーズです。 今回の旅ほど、世界特にふれあわない街歩きだったことはなかったかもしれない。一大観光地だからしょうがないのかもしれないけれど、街中に溢れてるのはたいがい観光客だし、お…

子連れベネチア旅⑥ベネチア美味しいもの集

ベネチアで食べたものの覚書きです。 ベネチア島 Ostaria dal Bix ベネチアンマスクのお店の近く、小さな路地のところにあったお店。ちょっとワインを飲みながら、つまみにチケッティと呼ばれるカナッペ的なものをいただきます。街のいたるところにチケッテ…

子連れベネチア旅⑤ムラノ、Murano、ムラーノ時間の時間

雨の翌日は綺麗に晴れたベネチア。この日は滞在しているリド島から水上バスでベネチア島、そしてそこでまた乗り換えてムラノ島へ。ずっと日産MURANOは村野さんが開発したからだと思っていたけれど、なんとこの島にちなんで名づけられたんですねぇ。村野じゃ…

子連れベネチア旅④ベネチアで、雨に降られる:デュカーレ宮殿

ベネチア到着翌日は、雨模様。午後からぽつぽつと雨が降ってきた。ベネチアの街は、小さな小路をひたすら歩いていると、しゅぽっと教会がある広場に出る、の繰り返し。聖ロクスを祀った教会。ペストの守護聖人だそう。By Francisco Ribalta - [2], Public Do…

子連れベネチア旅③ ベネチアでいろんな船にぐらっぐら揺られる

水上バスヴァポレット 水の都ベネチア、町中どこにいくにも交通手段は船しかないこの島。ここで生まれ育ったけど船酔いしやすい、なんていう人がいたらずいぶん辛そうだ。リド島からベネチア島に向かうのも、ベネチア島内を移動するのも、水上バス「ヴァポレ…

子連れベネチア旅② ベネチアで、マスクデコレーション

夜遅くリド島に到着した陳家、早速翌朝フェリーに乗ってベネチア島へ。ベネチア島は車が走っていない。自転車さえも走っていない。移動は徒歩または船。写真に写り込んでいるような水上バスに乗ってあちこち移動する。もう乗っている先から、周囲は全部こん…

子連れベネチア旅① ベネチアへGo!

イギリスの学校は、学期の中間に1週間「ハーフターム」と呼ばれる休みがある。細切れに休みがちょこちょこあるのは嬉しいやら面倒臭いやらだが、今回の秋のハーフタームは、ベネチアにちょこっと行ってみた。ことのきっかけはこれ。Thea Stilton and the Ve…

ちんくぇてーれ

妊婦日記も飽きてきたし、日記もだいぶ追いついてきたので、ずーっと放置されていた旅日記の続きを・・・。去年の9月、私の「悪魔の双子」ベッちゃんの結婚式のために飛んだイタリア旅日記。ミラノをウロウロし、フランス国境の山奥村で、イタリア人に珍しく…

 トリノの風景

映画博物館にはタワーがついていて、エレベーターで展望台にもあがれます。ところでこの博物館はとってもおすすめ!もっとゆっくり時間をとってみたかったですが、閉館1時間半前ぐらいに行ってしまったので、駆け足でしか見れずに残念。 トリノはアルプスに…

トリノでも食い倒れ

トリノでも、結局はあちこちを歩きまわって、いろんなものを食べていた気がする・・・・・。 トリノには、イタリアで最大(だったかな?)の青空市場があります。中心からすこし南下したところ。あまり観光客は行かないであろう、地元の人たちが生活する場、…

イタリアオタク文化

ちょっと前に、イタリア人の同僚にクリーミーマミを見て育った、という話を聞き、主題歌まで(イタリア語で)歌ってもらって驚きおののいたことがあったんですが、結構日本のアニメ、昔からヨーロッパに入ってるみたいですね。それこそハウス世界名作劇場系…

トリノ特にふれあわない街歩き

トリノでは、宮殿や博物館や教会も見学しましたが、特に何をするでもなく、ぶらぶら街歩きばかりしておりました。路地が多くて、歩きやすいんです。そして色々なものに遭遇するから、それも楽しい。 駅の北側を行くと、宮殿や観光地がならぶ街の中心地ですが…

 とりの

ピネロロという街から電車に乗り、陳家は一路トリノへ向かいました。この日は日曜日だったため、本来ならばトッレ・ペリーチェから出るはずの電車がなく、バスが代走。そしてピネロロの駅では、日曜でチケットオフィスが閉まっており、電車のチケットは、駅…

トッレ・ペリーチェというところ

15分も歩きまわれば、主要なところはすべて見尽くしてしまうこの村。ワルド派の教会がある他に、こんな銅像がありました。 この独特の帽子、アルペン帽。お店のショーウィンドウにも、アルペン帽が飾ってありました。そして結婚式の翌日の日曜日、この日はこ…

 ふりぽー!

結婚式の後、徒歩で向かったのはリストランテ・フリポー(Ristorante Flipot)。昨日行った、「ワインセラーの熊ちゃん」の兄弟店のようです。なんとなく古めかしい内装、古いピアノがあったり、とってもクラシックな雰囲気。 まずは入り口近辺にぎゅうぎゅ…

悪魔の双子のウェディング

ウェディング当日。あいにくの小雨。山の空気は、避暑地の朝のように肌寒く、でも清々しい(まさしくここが避暑地だったりするのだが)。結婚式は昼過ぎからだけれど、私は朝9時に教会に赴き、音楽の打ち合わせを。親友のために、イタリアまでどきどきしなが…

 ワインセラーの熊ちゃん

雨も降って外は真っ暗、店は全部しまっており閑散としている中、晩御飯を食べるところなんてあるのか?と心配した山奥村のトッレ・ペッリチェ。でもそんな山奥村で、こんな美味しいモノが食べられるなんて!と、この村での食事は感動的に良かったです。ベッ…

旅の本当の目的地

今回のイタリアの旅は、美味しいものを食べまくるためではなく、10年来の友人ベッちゃんとピーポくん(仮名)の結婚式に出席する、というのが本来の理由でした。そんなわけで、5日間のミラノ滞在を終えた後、結婚式会場となる山奥村へ出発。 ベッちゃんは11…

ミラノの印象その他諸々覚書き

ミラノには結局5日間ほど滞在しました。その時の印象やもろもろ細かいことを。 歴史系・キリスト教芸術系の博物館はもう疲れたよー、でもそんなミラノでとても良かったのは、産業デザインの博物館。この、実用性は後回しにして、とにかくまずはデザイン追求…

上から読んでも下から読んでも

コモ湖 に行ってきました。ミラノからは、電車で1時間ぐらいで行けちゃうんですね。ちょうど都内から中央線に乗って高尾山に遠足に行くみたいな感じです。カドルナ駅から私鉄に乗って、ゴトゴトと・・・。今回の旅で驚いたことは、イタリアの電車、結構定刻…

 ええケツしてまんな

お金持ちエリア、ブレラ。キレイな路地に、ブランドショップが立ち並ぶ。銀座と表参道と代官山をまとめてもっとこぢんまり、そしてちょっと古いけどおしゃれにした感じ?ガイドブックにも書いてあったけれど、街並みを楽しむというよりは、そこにお買い物を…

オツベルもびっくり

食べ物ブログは別にあるけれど、やはり旅で印象的だった美味しいもののことは、こっちにも書いておこうと思います。 ドゥオーモ近くにある、ミラノ料理屋さん。質実剛健、昔から変わらない・・という感じのお店です。おそらく日本のガイドブックにも載ってる…

 ミラノの車窓から。

ホテルの窓の前を、ぬぉー、ぐぉー!と朝も深夜も音をたてて走っていたトラム。サンフランシスコ在住のみなさん、ちょっと見覚え無いですか? このオレンジトラム、サンフランシスコのダウンタウンも走ってるんですよね。ユニオンスクエアとか、フィッシャー…

スカラ座

ドゥオーモ、そしてヴィットーリオ・エマニュエル2世のギャラリアと、観光名所が集まるすぐそこにある、憧れの地・・・ どーん! 世にも有名なオペラハウス・スカラ座でございます。中にはちっさい博物館があり、楽器の展示や、スカラ座で上演されたオペラの…

夜のミラノ

旅をすると、私は食べ物に走り、旦那は「食べ物以外にも建築とか歴史とかもあるだろう!」とインテリぶる?のが常ですが、今回ばかりは二人とも全力で「食」に走った旅でした。別に食べ物ブログを立ち上げたので、食べ物のことはそっちに書きたいなともおも…

観光客的行動3

いや、ミラノには観光客として行ったので、このタイトルもだんだん辛く成ってきたし、単なる写真アルバムみたいになってきましたが・・。ドゥオーモのすぐ横にある、ヴィットーリオ・エマニュエル2世のギャラリア。いわば高級ショッピングアーケードです。 …

観光客的行動2 

もとお城、今博物館のこの場所は、センピオーネ公園に隣接しています。というかこの公園が昔お城のお庭だったのか。どこにいっても石畳が敷き詰められていて、しかも9月も後半だというのに、私たちの滞在中はかなり暑かったです(この時期には珍しかったらし…

観光客的行動その1

ミラノ1日目の朝は生憎の雨。私たちが到着する1週間前は連日雨が降っていたようです。でもミラノで雨にみまわれたのはこの日だけ。それも午前中には止んでしまいました。実は、私晴れ女なんです。ふふふ。 目の前のトラムに飛び乗り、とりあえずは観光客的行…

イタリアへ!!

7年ぶり位に、イタリアへ!!ちょっと前から決まっていた旅だったのに、直前まで、今までの人生の中でも1、2を争うくらい忙しいことになってしまい、半ばパニック状態。体調もずっと良くなかったので、ちゃんと行けるのか?と心配はつのるばかり。ううう・…