愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

リスボンの美味しいもの集

リスボンの街はほとんど見れず、大きな広場とか海辺を車の窓から見ただけだったけれど、夜は宿から歩いて行けるところで美味しいディナーをたくさん頂いた。リスボンの飯、予想以上に、良かった。

Timeout Market

フリーペーパーのTimeOutがやっているフードコートなんかがあるんだ!と驚いていたら、ニューヨークとかにもあるみたい。そしてロンドンにも近々できるらしい。隣はリベイラ市場という生鮮食品市場。

マドリッドから飛んできたスペインの同僚達と合流して、ここでお昼ご飯。店名を忘れてしまったけれど、日替わりセットメニューがあるシーフードのお店で、タコ!ドリンクとデザートが選べて、12ユーロぐらいだったか。ロンドンと比べるとずいぶん安い。


オリーブオイルがドボドボかかっているタコと芋、うまい。ポルトガルのオリーブオイル、うまい。オイル、空港で適当につかんでお土産に買ってきたけれど、それもものすごく美味しかった。

デザートで選んだのは、プディム。プリンのことだけどスペルがpudimでかわいい。そして激甘である。

コーラの缶は細く、ポルトガル、と書いてある。

マーケットではかわいいパッケージの魚の缶詰とか、エッグタルトとかも色々売っている。とにかくカンファレンスの参加者でごった返しててものすごい混雑だった。

ESPADA

同僚が予約しておいてくれたレストラン。何かスペシャルで50%オフのクーポンがあったのでみんなで豪勢にオーダー。

モヒートについてきたストローはパスタだった!途中でドロドロになっちゃう紙製よりいいかも。

タルタル。

ツナと、ブラタチーズ。

ホタテとカリフラワー。

魚介とクリーミーなチーズの組み合わせシリーズ、ツナに続いて、エビとブラタチーズ。

サーモンを、中華の皮で挟んだもの。このサーモンがとろけるように美味だった。ちょっとフュージョン入ってますね。そういえばカンファレンス会場にはフードトラックや屋台がたくさん出ていたんだけれど(でも混みすぎてどこも40分待ちとか)、台湾の刈包の店が出店していて、一番長蛇の列ができていた。

リングイニを頼んだらイカスミパスタが出てきた。とにかくリスボンはシーフードが美味しい!あとセビーチェやガーリックライスも超絶の美味しさだった。

写真撮らなかったのもあったと思うしみんなお酒も頼んだけど、割引のおかげで7人で160ユーロとかかなりな破格だった。

www.espada.pt

エッグタルト

もう少し数キロ先に行くと、すごく有名なお店があるらしいのだけれど、遠くて断念。同僚が夜の散歩がてら買ってきてくれたのが、Manteigariaというお店のエッグタルト、というかパステル・デ・ナタ。

ずしっと重い!そして、結構シナモンの味がきいていて、イギリスで食べるのよりもずいぶん甘い。ポルトガルのスイーツは概して甘め。

DesNorte

ポルトガルオフィスにいるブラジル人の同僚セレクトのお店。同じポルトガル語を話すし、空港でもブラジルからの旅行者が多い印象(フライトの時間が重なっただけかもだけど)。

ツナのタルタル。ライムやアボカドなど自分で混ぜる。

パスタはまたもイカスミだった。ホタテがこれでもかと大量に・・。

こちらはBacalhau à Brásという料理。細かくした干し鱈、細くてカリカリのフライドポテトなどをクリーミーなソースでまとめてある。ここのお店のおススメで、このメニューは太字になってた。

デザートは何人かで「アイボリー・プディング」と英語であるのを注文。ポルトガル語ではPudim de Marfim。アイボリーというからもっと白いかと思ったら、結構普通のプリン。キャラメル味が半端ない劇甘デザートでした。

www.desnorte.pt

おまけ

ポルトガル航空の搭乗ゲート近くにあった、魚の缶詰のお店。



今回ヒースローからポルトガル航空で飛んだけれど、フライトも激安な上に、さすがに国を代表する航空会社なだけあって色々スムーズ、サービスもすごく丁寧で良かった。ポルトガル行くときはまた使うかも。今度は家族と一緒に、街をちゃんと見て回りたい!

私が留守で子供は2日目の晩にしくしくと泣いたらしい。家のドアにはおかえりポスターが貼ってあって、私が帰った日の夜は興奮して喋り倒し夜中まで寝付かなかった。

今回出張に行ったメンバー全員、Airbnbの固いベッドでよく眠れなかったせいか、私も含め帰宅後数日は寝ても寝ても眠く、風邪ひいて休む人も続出。お疲れ様でした。

リスボン

出張でリスボンへ。出張なんて、何年ぶり。1人で海外フライトなんて、さらに何年ぶり(多分10年以上ぶり)。

今回はカンファレンスへの参加だったので、カンファレンス会場とAirbnbとの往復しかできず、街を見ることはほとんど全くできなかったけれど、リスボンは建物はすごくひなびた感じの、でもとても美しい街だった。

結構坂が多い上に路面電車が走っていて、ちょっとサンフランシスコを思い出す。

雨がしとしと降る日もあったが、空港に降り立った時の太陽の眩しかったこと。雨続き、4時過ぎると真っ暗で凍えるロンドンと比べると、コートもいらず、思わず小躍りするくらいだった。やはり太陽って大切。

今回行ったのはこちら。ヨーロッパ最大規模のテクノロジーカンファレンスで、期間中7万人も人が来る。いろんな展示ブースがあり、20分刻みのトークセッションがいくつものステージで繰り広げられる。4日間会場を走り回り、ぼちぼち色々な人にあったりベンダーと話をしたり、気になったトークを聞いたり。

トークは興味深いトピックもあったが、何しろ短いのと、hindsight biasみたいなのが相まって、これは新しい!!と驚くようなものがたくさんあったわけではなかったけど、会社の経営にしろ、提供するサービスやテクノロジーにしろ、顧客のニーズだけじゃなくて社会の声を聞け!social equality, inclusion、ダイバーシティ的なキーワードがいっぱい出てきた。あとはやっぱり温暖化云々も。

これがマーケティングブランディングのためだけに言語化されているのでなければいいなと思いつつ、人々の意識はそういうところに向かっているのね、というか、これが今のトレンドかもしれない。数年後にはどうなっているだろう。

自分がやっている仕事も、10年前には存在しなかったような業務だし、この10年間でのビジネスやテクノロジーマーケティングやサービスの形は、過去20−30年間での変化とはまたものすごい違う形で進化しているんだよなあ、と言うことを実感しつつ、その分今ここで熱っぽく語られているコンセプトが絵空事で終わるのか、確固たるものになるのかわからない流動的な世界の中で、踊らされている渦の中にいるような気分にもなる。技術の繁栄のために実は人間が利用されているんじゃないか、的な。

結構大人数で泊まったAirbnbは、オバケの出現を心配する者が出るくらいシャビーで、ベッドが硬くてよく眠れない人続出だったが、まあそれなりによく飲みよく食べよく騒いだ。子供と離れるのが初めてだったので、初日は子供のビデオを見て涙腺が緩むという現象に悩まされたが、お化け屋敷のような宿も、家族から離れているということも、終わりがあることを知っていると、だいたい2日目ぐらいからは慣れるもんですね。

カンタベリー

週末電車にぱっと乗ってカンタベリーに行ってきた。世界史で習ったカンタベリー大聖堂のある、中世のこじんまりした街だった。

カンタベリーはイギリスのキリスト教の中心地みたいなところ。7世紀ごろ、ローマ法王がここに修道院や教会を作り、カトリック布教のホームベースにしたのがはじまり。

その後わちゃわちゃあって、今はイギリス国教会の総本山になっている。って世界史でやったはずなのだけれど、綺麗さっぱり内容を忘れていた。うーむ詰め込み暗記受験勉強の功罪よ。

世界遺産にもなっている大聖堂は、礼拝の真っ最中で、大聖堂にはそれはそれは美しい歌声が響いていた。パイプオルガンと讃美歌を聞きながら、歴代の大司教やら貴族やら地元の名士やら戦没者やらが壁に埋葬されているのを見て回る。

こういう教会って、教会の地下とか壁にどーんと石の棺が並んでいて、その中に黒王子とか、普通に歴史上の人物が入ってたりするので、ちょっとヒ~っとなる。

戦没者の慰霊碑は、その土地の部隊ごとに作られていることが多いので、その街の部隊がどこで戦ったか、土地の教会に行くとその傾向があったりする。ここでは植民地時代のパンジャブ地方やアフガニスタンでの戦没者慰霊碑がたくさんあった。自転車部隊なんていうのもあった。

しかしこの大聖堂に埋葬されている一番の有名人はトーマス・ベケットさん。1100年代にカンタベリー大司教だった人。

当時の王様ヘンリー2世のお友達で、王様は仲良しのベケットさんを大司教にして教会を思い通りにあやつろうとしたのに、たいして信心深いわけでもなかったベケットさん、いざ大司教になったらその使命に燃えてしまったらしい。政治が宗教に口出しするの、やっぱりあきまへん、と王様の要求をことごとく突っぱねるようになっちゃったのだとか。

その後もわちゃわちゃ色々あった後、王様が「ベケットやっぱりあいつムカつくわ」と言っているのを小耳にはさんだ騎士数名が、気を利かせてベケットさんを勝手に殺しちゃったからさあ大変。

ベケットさんはカトリック教会によって聖人になり、ヘンリー2世は彼のお墓の前で、ボロボロの服を身にまとい、そんなつもりじゃなかったんだよゴメンナサイと謝罪を余儀なくされたんだそう。

そんなベケットさんが殺された現場には今もろうそくが立てられている。騎士がやってきた時、広い大聖堂のどこかにうまく隠れていれば殺されることもなかったのに、わざわざ騎士の前に出てきちゃったベケットさん。

今殺されたら聖人になれるチャンス!と思ったとか、やれるもんならやってみな!とチキンゲームよろしく煽ってみたらそれが裏目にでちゃったとか、色々説はあるらしい。いずれにしても、斬られたおかげで大聖堂は聖人スポットとして、巡礼地としても賑わうようになったとか。

チョーサーのカンタベリー物語も、このベケット詣でに行く人達が、旅の途中暇つぶしに披露した色んな話を集めたもの、という体になっている。

古い教会を改造して、中世の街並みと、カンタベリー物語の一部を人形と音声で紹介してくれるようなアトラクションもあった。当時の人になりきったガイドさんが案内してくれるのだが、この教会の中が薄暗いうえに、本当に中世の時代かと思うような臭いがしたりして、なかなか凄みあり。

中世の時代、排泄物は窓から外に投げ捨てたり、風呂も年に1度入るかどうかだったというから、今となっては雰囲気のある中世の街並み、ロマンチックで素敵♥などと言えるものの、当時の悪臭はいかばかりだったかと想像すると、たまらん。


ボートにも乗った。川底が透き通って見えるほどきれいなこの川も、昔はウンコまみれだったそうで、魔女裁判にかけられた者や、軽犯罪を犯したものは、この川に漬け浸しの刑にされたそうな。ボートを漕いでくれた、真冬の天気で寒いのに半そで短パンの若いお兄ちゃんが、カンタベリーの歴史をまるで見て来たかのように色々と教えてくれた。

創業1500年などというパブも残っている。当時の人達の平均身長の低さが想像できるような、傾きかけたような古くて小さな建物も随分残っている。そこに入っているのはチェーンのイタリア料理店だったりするのだが、中世の入れ物は残しつつ、そこに現代が共存している。

大聖堂でも、何百年という歴史に囲まれながら、地元の人達が普通に礼拝に参加していた。礼拝が終わると女性の司祭が出口で皆さんひとりひとりと握手したりハグしたりしながらお見送り。仲良くおしゃべりしながらこの後コーヒーでもどう?などと話していたのがとても印象的だった。

脈々と続く歴史の延長線上にある地元コミュニティ。特に宗教を持たない自分にとって、これまた数千年続くキリスト教という、ある意味任せて安心的な大きな箱の中に、みんなが心地よさげに入っている様子は、なんとも楽そうだなぁ・・・、というと語弊があるけれども、どのコミュニティにも深く根ざさず、好き勝手にフラフラしているわが身と比べると随分対照的な世界に見えたりもしたのだった。

そんな深い歴史の街カンタベリーの駅前にはアジア食品店とインド中東食品店があったので、イギリスではそこまで簡単には手に入らない大根を1本買ってまた電車に乗って帰ってきました。

ヨーロッパはやはり、教科書でしか知らなかったような場所を実際に見て、歴史を感じることができるのがやっぱりいいですね。

子連れコペンハーゲン⑦ デンマークのデニッシュ

デンマークに行ったからには、やはり食べておきたかったデニッシュ。

広島では広島焼きと言わないがごとく、タイではタイ・アイスティーと呼ばないがごとく、デンマークではデニッシュはデニッシュとは呼ばれていない。何と呼ばれているかというと、ウィーンのパン、だそう。

さぞかし本場のものは美味しいに違いない、と思ったが、やはり絶品を見つけようと思うと、多少はどこで買うべきか気をつけないといけないかもしれない。

こちらは旦那が宿の近くの地元パン屋で買ってきたもの、真ん中に乗っているのはアイシング的なものだったか。しかし生地は油っこくべしょっとしていて、こっこれは明らかに、マズイ・・・!

こちらは、Meyers Bageriと言うお店。ここは、世界一のレストランNomaを立ち上げた1人で、ニュー・ノルディック料理の波を作った人である、クラウス・マイヤーズのお店。いくつか支店あり。

シナモンツイストみたいなものなど、色々あった中で頼んだのはこれ。

イートインスペースがほとんど無い、とても小さい店なので、外で食べたけれど普通に美味しかった。レイヤーもこんな感じ。本当はもっと美味しかったのかもしれないが、数ヶ月たった後にあまり印象に残っていないくらいの美味しさだったので、多分意外に普通。

クラウス・マイヤーズは料理教室もやっていて、ちょうど休みの時期などには子供向けのクラスなどもあったり、お店にも料理本やブレッドミックスなどが売られていたので、お土産に良いかも。

何とこのお店ニューヨークにも支店があるそう。やっぱり東海岸はヨーロッパの店が進出し、西海岸はアジアのものが進出している感じだなあ。

で、今回あまりいうほどデニッシュは食べなかったものの、一番美味しかったのが意外にもここだった・・・

見覚えありますよね・・・そう、アンデルセンベーカリー!爆

店名はアンデルセン、でも実は広島発のこのジャパニーズ・ベーカリー。デニッシュ発祥の地に錦を飾るごとく、本場に切り込んでいくごとく、コペンハーゲンに出店したらしい。

宿から歩いて数ブロックのところにあり、毎日前を通るので、デンマークアンデルセン?と思いつつも試してみた。

ちなみにちょっと謎な感じのおにぎりも売ってます

朝早起きのパパが行って買ってきてくれたのは、こちら。ちょっと小ぶりだけれど、生地がしっかり立っている感じ。

しかも一番パリッ、サクッとしていて、美味しい!!!

レビューサイトなどを見てみても、地元の人たちからの評判もずいぶん良く、ただ小ぶりな割にお値段はちょっとするのもあって、ちょっと高級系と位置付けられているようだった。

アンデルセン、日本でもこんなに美味しかったっけ??やはり本場にいくにあたり、かなり品質には気を使ったのか。どちらにしても日本にいても、気軽にかなり質の良いダニッシュが食べられるってことですかね。

他にも色々回ってみたかったけど、パンは腹にたまるしで、また今度!

子連れコペンハーゲン⑥ デンマーク名物、相撲風呂

デンマークで有名な食べ物、それは相撲風呂。じゃなくてスモーブロー。

言うたらオープンサンドイッチなのですが、インスタ映えバッチリの、この見た目。最近はご飯が美味しい場所としても有名になったコペンハーゲンですが、旅行番組などでも必ず紹介される一品です。

写真のように、下のパンが見えないくらい具がてんこ盛りになっているのが特徴。上に乗っているのは、スモークサーモンや野菜のピクルスなど色々。これをフォークとナイフでいただきます。

御覧の通り、このスモーブロー、そこまで巨大ではありません。だいたいこれはランチに食べるものなんだそうです。これをディナーで食べたらちょっと物足りなかったのはそのせいか・・。

このスモーブローは、宿泊していたイスランズ・ブリーゲから歩いて行けるストリートフードマーケット、The Bridge Street Kitchen というところで、Restaurant Palægadeが出店しているのをいただきました。

このマーケットでは他にもパスタやバーガー、窯焼きピザに、インドカレーシンガポール風スペアリブからまさかの「カリフォルニア風」サラダ屋さんまで、各国の屋台料理が集まっています。意外となんでもある、コペンハーゲン

このマーケットのならびにある、この垂れ幕がかかったような建物は、世界一のレストランとして名声を得たNomaが入っていたところです。Nomaは移転して、今は系列のもう少しカジュアルなお店が入っています。なんでもこのすぐ横に橋ができたために人通りが激しくなって、休業後、もう少し静かなところに移ったらしい。

こちらは、お笑い歩きツアーの後、ガイドのお兄ちゃんがおススメしてくれたスモーブロー屋さん。Magasin du Nord というデパートの最上階にあるお店。

最初に行ったお店は、注文してから作ってくれるシステムでしたが、こちらはもう出来上がったのを並べて売っています。チョイスが多い!!

いただいたのはスモークサーモンと、

パテ&ベーコン、

白身魚のフライと、エビ!

すっごい食べてるように見えますがこれを3人で分けてますからね!w

そしてさらに、こちらの相撲風呂は、世界最古の遊園地チボリガーデンの横にあるフードコートにて・・

ローストビーフの上にホースラディッシュがたっぷり乗ったものと、

これは確か豚肉。

スモーブロー、結局3回も食べてしまった。

滞在中立ち寄った博物館の中にあったレストランもスモーブロー専門店だったのですが、お腹を空かせた観光客がメニューを見て「もうイヤだ、私これ以上オープンサンドイッチ食べたくない!」とダダをこねるほど、デンマークで手軽でオサレな現地の食べ物、となるとどうしてもスモーブローになってしまう感じかもしれません。

スモーブロー、昔からある食べ物らしいですが、もともとはもっとお肉がどーん!と乗ったりするようなシンプルなものだったらしいです。それがここまでおしゃれに生まれ変わったのはこの10年ほどなのだそうです。この時代、インスタ映え、ビジュアルほんとに大事。