愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

長年の謎がとける

完全に自分用メモ。

長年歌のワンフレーズだけがこびりついて忘れられない、それもうろ覚えで何の曲かわからずモヤモヤする・・・という事象は誰にでもあるはず。昔はMixi(!)にうろ覚えのメロディをドレミで書き込むと、誰かが当ててくれるコミュニティ、なんていうものもあったなあ。しばらくすると、ShazamやSoundHoundなど、歌うとそのメロディを聞き取って検索してくれる、なんていうアプリも登場したり。

自分にも、サビだけグルグル頭の中を回る歌や、昔テープで持っていたもののもう聞くこともできず、曲名も何もわからない曲がいくつかあり。上記のアプリ検索も試してみたものの、英語圏以外の音楽は思うようにひっかからず、わからずじまいだったのだが、最近になってGoogleの鼻歌検索を試してみればいいんじゃん!ということに思い至ったのでした。

f:id:Marichan:20210506024021j:plain

いやーこれはすごい!携帯に向かってうろ覚えの曲のメロディをうたってみたら、結構な確率で正解が出てきてビックリ!

初めての就職の思い出の曲

最初の3小節を歌ったら正解が出てきたのはこれ:

www.youtube.com

2000年に出た韓国のバンドRollercoasterのLove Virusという曲。ちょうど学校を卒業して仕事を始めた頃で、RealPlayerでなぜかシンガポールや韓国のラジオ局やヒットチャートの曲を聴きながらコンピューターに向かっていたんだった。この曲もよくかかっていたのだけれど、当然曲名も何も知る由もなく。記憶ではもっと軽いアコースティックでボサノバっぽい渋谷系なポップなアレンジだと思い込んでいたのだけれど、結構重めな曲だった。

カセットテープに入っていた思い出の曲

デュエット曲、女性の歌い出しの所を歌ったら正解が出てきたのがこれ:

www.youtube.com

1990年の韓国歌謡曲、「大切な君」。これもそんなタイトルだったなんて初めて知った!中学生のころ、文通していた韓国のペンパルが送ってくれたテープに入っていた曲。今じゃテープの行方もわからず、それこそ20年ぶりぐらいに聴いた、K-POP以前の韓国歌謡。

ブータンから送られてきた思い出の曲

これが出てきたのは凄かった、これはなんと文通していたブータン人が送ってくれたインド映画のカセットテープに入っていた曲

www.youtube.com

これも1991年頃のだそう。このテープは後に高校時代に友達に貸して、創作ダンスの音楽に使われた記憶が・・・ww ブータンはインドのお隣なので、大衆文化はインドなんだなーと実感した思い出。ちなみにこの俳優さんはアーミルカーンといって、シャールックカーン、サルマンカーンと並び三大カーンと呼ばれるうちの一人なんだそうです。

マレーシアで遭遇したカラオケ大会の曲

そういえば旅行先で録画したビデオに入っている音楽はどうだろう・・・と色々検索

これはまたまたインド。といっても撮影場所はマレーシアのマラッカ。地元のコミュニティのディーパバリのお祝いでカラオケ大会をしていたところを撮影したもの。

www.youtube.com

この伴奏がなんともいえない感じですが、これはビデオがあるから余計長年この部分だけ頭から離れなかった・・・
このビデオをこのまま携帯に聴かせてみたら、正解はこれでした!

www.youtube.com

うわー、これはなんだか滅茶苦茶インドの懐メロ風じゃないですか!1950年代の歌だそうですが、これをかけていたら同時期のインド歌謡がYouTubeの関連動画でどんどん流れ出し、聞いていたらなんだか妙に懐かしい気分に・・。この感じ、インドが懐かしいというよりは、私が大学生の時に良く行った中央線沿線のインド料理屋とか、仲屋むげん堂とかを思い出す・・・。

このタミル語カラオケに出会ったマラッカの地では、本当に色々な出会いがあり、夢のようでもあり楽しい経験でした

marichan.hatenablog.com

イタリアで遭遇したロックバンドの曲

続いてはイタリア。これはトリノに行ったとき、たまたまMTVの番組撮影をしているところに遭遇したもの。

marichan.hatenablog.com

MOV00204

もっさりしたメロディの割に、結構観客がキャーキャー言っているのが印象的だなあと思っていましたが、これはイタリアのバンドLostの曲。

www.youtube.com

Sulla Mia Pelleという曲、しかもGood CharlotteのJoel Maddenがフィーチャーされていたのかー。このバンド名、曲名やトリノYouTubeで検索してみたら、もう10年以上前に同じ場所にいたと思われる人達がアップロードしたビデオも出てきて、これまたインターネッツすごいな!

検索しても出てこなかったエモい曲

鼻歌検索をしても、覚えているフレーズが短すぎてとうとう出てこなかった曲も一曲だけ。

これはアメリカの車のテレビコマーシャルに出てきた曲で、アコースティックギターのちょっとエモい感じの曲、若者か子供が夜オープンカーに乗っていて、星をつかもうと空に手を伸ばすシーンがあり、歌の最後のほうはディン・・ディン・・ディン・・という歌詞ともつぶやきともとれないような感じだったような・・・。

2000s US Car commercialsとYouTubeにひたすら入れて探してみるも見つからず、半ばあきらめたところで旦那にふと話たら、「フォルクスワーゲンじゃない?」と一言。

正解でした!

www.youtube.com

イギリスのシンガーソングライター、ニック・ドレイクという人のPink Moonという曲。アルバム3枚をリリースしたけれど生前は認められず、1974年に亡くなったんだそう。ええ曲やん・・・

旦那は日常のちょっとしたことはすぐ忘れるくせに、一度見た映画に出てきた音楽や細かいセリフを異様に覚えていたりと、変なところで記憶力を発揮することがあるのだけれど、人力検索もまだまだ健在でありました。

ああ楽しかった!

予防注射 受けてきた

コロナの予防接種がどんどん進んでいるイギリス。私の年齢も接種対象になったので、早速第一回目を受けてきました。

接種が始まった当初は、年齢や既往症など、優先度に合わせてかかりつけのお医者さんから連絡が来る、という話だったけれど、その連絡を待っている間に、ネットでの予約ができるように。私達の年齢にも予約が解禁されたので、旦那も私も早速予約して、順番に打ってきました。(これを書いている時点では40歳以上が予約可能。多分30代以下への開放も結構早いのでは)

予約も名前や保険番号を入れるだけであっという間に完了。接種会場は病院やホテル、ショッピングモールなど様々で、早いと翌日の予約も取れる位空きがあった。1度目の予約と同時に2度目の予約も取れる仕組みだったので、仕事との兼ね合いや、2人同時に接種して2人とも副作用でダウンする可能性も考慮して、旦那とちょっと日にちをずらして予約。

会場は家から少し離れていたので、電車に乗って向かいましたがこんな感じ↓

注射自体は別に心配してなかったけれど、電車を乗り継いでいかなければいけなかったのと、早く来すぎても行けないというので、いまだにカリフォルニア時間(笑)で行動してしまう私は時間厳守できるかで少し緊張してしまった・・。しかし予防接種自体は本当に、長時間並ぶことも無ければ、色んな人と談笑している間に終わる、本当に気持ちが軽くなるような良い感じで終わったのでした。

ボランティアのおばちゃんも、これで完全に安心できるわけではないけれど、こうやって接種が進んでいくことは本当に気分がいい・・としみじみ言っていたのが印象的。去年の今頃、これから世界はいったいどうなってしまうんだろうと、不安感いっぱいで最初のロックダウンをしたことを考えると、こんなに早く物事が進んでいることも感慨深い。

打ってもらったのは、世界各地で悪評が先立ってしまっているアストラゼネカ。旦那も同じ会場でアストラゼネカだったので、まあそうだろうなと思っていたけれど、日本の実家からは「アストラゼネカで大丈夫なのか」と言われるし、アメリカの実家からは「ワクチンを変えてもらえ(いや無理w)」などと電話がかかってくるし(アメリカ実家メンバーはみんなファイザー)、外野がうるさくてメンドクサイな、と思ったけれど、ラッキーなことに副作用と言えるような副作用はそこまで感じず。

ワクチンのメーカーにかかわらず、酷い人だと接種後高熱が出たり悪寒や頭痛がしたり・・という話は周囲から沢山聞いていたけれど、私の場合は腕も特に痛まず、「あれ、頭が痛い・・・かな?」「あれ、悪寒がする・・かな?」と無理やり考えないと気が付かない程度の一瞬の症状。それも次の瞬間にはもう消えている感じだったので、ほとんど無いに等しかったのではなかろうか。翌日も普通に買い物に出かけたりと通常運転。ただちょっと体は重い(だるい、ともちょっと違う)感覚はあり、注射した日の夜と翌日は随分良く寝ました。でも寝れば寝る程スッキリしたw

まあ副作用についてはどんな感じなのかなぁ・・とわくわく(?)した部分もあったのだけれど、あまりにあっけなかったので、思ったほどダラダラできなかった・・。いや、酷い副作用が無いに越したことはないんですけどね。仮にあったとしても、周囲のお友達も皆2日後にはスッキリ通常運転に戻っていたし、感染していつ回復するかわからない恐怖と戦うことを考えたら、どうってことはない。

ワクチン打って、久しぶりに気持ちが軽く、晴れやかですっきりした気分を味わった感じでした。同時に規制もどんどん緩み始めているけれど、まだまだ油断は禁物。「安心すな心配すな」じゃないけど、ワクチン打ったからとて緩み過ぎにも注意。

さて2回目はどうなるでしょう。

ポモドーロ・テクニック

在宅で仕事をするようになって早1年以上。そうでなくても私の仕事は一日中コンピューターの前に張り付くような仕事、さらにSNSデータをあれこれ分析するような仕事なので、仕事でツイッターやら色んなサイトにアクセスしないといけない・・・となるともう誘惑が多いのはご想像の通りです。

実際のところは、そういう情報をもとにレポートを書かないといけないので、楽しくブラウジングしている時間は全くないのですが、在宅で周囲に同僚がいないのをいいことに、気がつけば全然関係ないツイッターをずっと見てたり・・なんてことも、お約束。余計仕事の時間が長くなってしまっているような気がします。

さらに結構仕事がテンパると、一日ずっと座りっぱなしになるので目はかすみ、肩も腰もガチガチになり、不健康なこと極まりない。

本当ならば、一定の時間になったら休憩して目を休め、ストレッチをし、それ以外の時間はとにかく(全)集中!が理想的なのですが、仕事(やその他のことw)に夢中になると、つい忘れてしまう・・・。携帯でタイマーもかけてみたんですが、もうタイマーの設定がめんどくさくなってやめてしまいました。

そんな時に見つけたのがこちら、ポモドーロ・テクニック!

www.youtube.com

「25分集中し、5分休憩を4セット繰り返し、4セットの後は15-30分休憩する」という方法です。

至ってシンプルなんですが、YouTubeに上のように25分環境音+5分休憩の音楽、を勝手に流してくれるようなビデオがいくつもあがっていて、これはええ!!と先週から早速利用を始めてみました。

仕事や勉強の時に音楽をかける人もいると思うんですが、音楽をかけるとどうしても音階を追ってしまったり、そっちに気が散ってしまって無理・・・。この環境音(カフェの音とか、図書館の音とか色々あります)がかかる、というのがすごくありがたいです。

普通にタイマーをかけてもいいんですが、家の中で無音でいるより、この音がかかっている間は集中しよう!という気持ちがより出てくるので、他のことをついやってしまう、という危険性が、私の場合はより減っている感じがします。

そんな感じでやってみたポモドーロ・テクニック、集中できるから時間があっという間にたつ割に、夕方になっても仕事を始めた朝方のような体の軽さが残っていたのがとても良かったです。このブログを書くのも普段の4分の1の時間で書けた~!(普段は書きながら他のページをついブラウジングしてしまう)

というわけで、しばらくこの方法を続けてみようかと思います。

ちなみにポモドーロ・テクニック、名前をきいてついスパゲッティを食べたくなってしまいましたが、イタリアの人が考案した方法だとか。その人は、台所にあったキッチンタイマーを使って時間を管理したそうですが、そのタイマーがトマト(ポモドーロ)の形をしていたことから、この名前になったんだとか。

孤味

台湾映画を見た。

www.youtube.com

女手ひとつで娘3人を育てた母親、盛大なお祝いを準備していた70歳の誕生日当日に、長年音信不通だった夫の訃報が入る。台北で他の女性と暮らしていたらしい夫だが、最後を迎えたのは家族が住む台南の病院。娘たちは知っているようで知らない父親の葬儀の準備をするが、その間にもそれぞれに小さなドラマがあったり、今まで知らなかった過去の秘密が明らかになったりする、という話。

学生時代、台湾人の友人の所に遊びに行き、台北だけでなく、台湾各地の色々な親戚のおうちに泊めてもらい、泊まった先々で大飯を喰らわせていただいた(若いって恐ろしい)暖かい思い出があるせいか、台湾・・台北というより台湾の地方都市の風景を見ると、親近感というか、それこそ暖かいお湯に浮いているような、自分にとってもノスタルジックな夢のような不思議な感覚になる。

舞台は今卓球の愛ちゃんでも話題になっている(苦笑)台南で、若い世代は北京語を話してはいるものの、会話の中には聞きなれない台語が飛び交う。

エビ春巻きの屋台から始めて、レストランを出すまでに成功した母親の家の台所にある花柄のお椀、プラスチック製の水切りラック、物置部屋に紐をかけてまとめて置いてある古い本、茶色い板張りの壁。何もかもが自分の祖父母の家を思い出すようななつかしさもある。そして、母親が古い結婚写真や夫からのラブレター、そしてサインすることのなかった離婚届を大事にしまっているのは、モロゾフのクッキーのかんかん。こんなところまで、日本と台湾のノスタルジーは似ているのか?!・・と少し驚いたりもする。

一方で、映画に出てくる道教や仏教のしきたり、そのお葬式の仕方はとても独特で、見ていて興味深い。家族で紙の花を折り、お葬式の何日も前に祭壇を作り、色々な弔問客を迎える。仏教のお経の読み方も、日本のものとはだいぶ違う。お寺での拝拝、妊婦のお腹に巻く赤い糸。悩み事にはおみくじを引き、解決策を得ようとする。現代の中にも隣り合って存在する、迷信やまじない的な世界。

3人の娘達は地元や台北でそれぞれ仕事や悩みを抱えながら暮らしている。3人が集まり母親と少し口論になったりしながら、それでも爆発的には感情をぶつけ合わず、家族という繋がりと信頼の中である意味淡々と、葬儀やものごとに対処していく。

気が付くとこの映画はあまり音楽が無かったような気がする。こういうちょっとアート風の映画のお約束なのかもしれないが、日常の音と会話が、そういう音楽の補助なしに流れていき、その中の会話や空気に引き込まれていく(予告編では変な主題歌流れているが映画そのものには出てこない)。

この映画の英語タイトルがLittle Big Womenといって、多分小さく弱く見えるけれど強く心の広い女性たち、みたいな意味を持たせたかったのかなとも思うが、こういう女性を中心とした物語の説明書きやラベルに「強い女性」という言葉を使うのも、なんだかちょっと違うんじゃないかな、という気がする。

ものすごく大きなドラマにはならなくても、色々なことが流れるように起こり、その中で皆悩み迷い決断し、後悔したり、これで良かったのだと納得したり、それを繰り返し、時間が過ぎていく・・それを強いと言っていいのかどうか、それが言葉として合っているのか、他にいい言葉がないものかな、とつい思ってしまう。

ちなみにこの映画の次女役はビビアン・スー。日本のバラエティに出ていた頃のイメージが強かった(ちょうどブラックビスケッツが人気だった世代なので)けれどすごくいい感じの女優さんになっていた。この映画のプロデューサーも務めたそう。

おまけ

ヒヒの歯、国勢調査

3月8日から学校再開、子供がいつも通り学校に登校できるようになった。思えばもう小学校もあと数か月で終わってしまうのな。どんどん子供が大人になっていくのが頼もしくもあるが寂しい。同時に、人生を楽しく、問題にもうまく対処できるようなライフスキルを色々身につけさせてあげられているのかな、と思うと親として全然頑張れてない気もして、意味もなく不安や心配になったりしてしまう。

久しぶりの学校なので、教室はワイワイと騒がしいよう。体育では久しぶりに走り回りサッカーなどして、沢山の子供達が筋肉痛になったらしい。ピッチや教室で喧嘩も勃発したりしたそうで、やっぱりロックダウンでリモートでは経験できなかった、子供達のぶつかり合いも久しぶりに起こっている模様。社会生活、いいぞいいぞ。どんどんやっちゃって欲しい。

一方大人は引き続き引きこもって在宅勤務。最近だんだん自分の現実世界が単調過ぎてしんどくなってきた。家の外を歩き回るのも限界があるし、どこか遠くに行きたい。家族でドラマや映画を見たり本を読んだりしてはいるものの、そういうもので一時的に現実は逃避できても、現実に引き戻されるとガックリしてしまう。うぬぬぬぬ・・・。

国勢調査

10年に1度の国勢調査のお知らせが来た。

f:id:Marichan:20210315204043p:plain

何年か前にアメリカでもやったな、その時は紙ベースのものを郵送したような記憶があるのだけれど、今回イギリスでやったものはオンラインのアクセスコードが送られてきていて、全てウェブ上で答えられるようになっていた。ちなみに国勢調査は期日までにちゃんとやらないと10万円以上の罰金が科せられることがあるそうですよ。

国勢調査って思えば全サンプルの情報が得られるってことだよなぁ・・当たり前だけどこれは分析のしがいがあるだろうなあ・・。

ちなみにこの手紙を見た子供には、これはDomesday Bookみたいなものか、と聞かれた。Domesday Book、1086年にウィリアム征服王が作ったイングランドの検地の情報が載ってる土地台帳。日本だったら太閤検地みたいなもんか・・?!

ネットで記入する情報は、住んでる場所は持ち家か、何ベッドルームあるか、暖房の方法(ガスとか電気とか・・・)といったものから、個人の年齢、性別、職業、教育レベル、そして今現在の通勤や勤務形態。やはりコロナで色々変わっているので、今の時点での状態を選んでください、とのことで、「在宅」というのが選択肢のトップに出ていた。

またちょっと話題になっていたのが、性別関連の部分での質問色々。自分の性別は生まれたときのものと同じか、とか、結婚している相手は同性か異性か、とか、また回答はオプショナルではあるものの、性的自認は何か、という質問も。

あとは、イギリスに来て毎回のお約束、自分の人種を選ぶ選択肢でまず「アジア人」を選んでも、その内訳から選べるオプションがインドやパキスタンなどほぼ南アジア系、あとはチャイニーズしかなくて、日本人が無い。なので「その他のアジア人」を選び、自分で詳細(日本人)を記入しないといけない。まあカリフォルニアでアジア人というとほぼ東アジア系がリストの最初に出てきていたので、これは毎回、ああここはイギリスなんやなあ、と思ったりする。

集まったデータを統計局の皆さんが後でゴリゴリ分析することになるわけですが、どんな結果になるのかなかなか楽しみ。

ヒヒの歯

イギリスの母の日、今年は3月14日でした。アメリカは5月位だったはず。毎回のことながら、お花と、朝に美味しいクロワッサン、子供はオンラインでカードを作って送ってくれた。

f:id:Marichan:20210315205831p:plain

お花は綺麗だけど、どんどんしおれて枯れていくのを見るのがいつもちょっと。

最近の料理

f:id:Marichan:20210315210130p:plain

大分前に家族で見たYouTubeビデオで、有名人のフライドチキンレシピを食べ比べ、誰のが一番おいしいのかを決めるというのがあったのだけれど、その中で一番人気だったレシピを試してみた。

www.youtube.com

そう一番評判が良かったのはスヌープドッグのレシピ!

オレンジや砂糖のつけ汁に一晩チキンをつけ、衣はバターミルクコーンミールやポテトチップ。揚げ物するのは久しぶりだったが、衣がやはりクランチーな感じになるのが良かった。あとつけ汁のせいか肉が結構柔らかくていい感じであった。

思えばスヌープドッグは料理本を出しているのであった・・・・。なんだかんだいって商業的にとっても成功してるよねこの人は・・w

f:id:Marichan:20210315210810p:plain

アニメ「斉木楠雄のψ難」を見て子供がコーヒーゼリーを作ってみたい、というので一緒に作った。レシピは子供が適当にオンラインから見つけてきたものだが、甘さとゼラチンの柔らかさがかなり絶妙なバランスで、これはウマー。アニメでは生クリームはホイップして乗っているが、泡立てないでクリーマー的にかけたので見た目はアレだが、これは保存版。学校に行くために久しぶりに早起きするようになった子供、寝ぼけ眼でコーヒーゼリーでカフェイン摂取して、学校へ。