愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

子連れウィーン旅②黄金コスプレモーツアルトと屋根からひょっこりオペラ歌手

ほとんど事前計画できずに飛んだウィーンだったが、幸運にもベイエリアのお友達Kちゃん・NTKおじちゃん夫婦とウィーンで合流することができたので、夫妻にチケットを取ってもらい、(私だけ)一緒に楽友協会に乗り込むことができた。

黄金ホール!!!

かのウィーンフィルの本拠地であり、日本でも放送されるウィーンフィルニューイヤーコンサートの会場でもある。テレビで見たことある場所や〜!!

会場はかなり四角い。ステージもずいぶん狭いんだなあ。

今回聴いたのはウィーンフィルではなく、モーツァルトの時代のコスプレをした、モーツァルトオーケストラの皆さんの演奏である。ある意味浅草花魁ショーで日本を満喫、的でもある。

実際この格好をした人達がコンサートのチケットをウィーンの道端で売っていたりして、あれ実は楽団員だったんじゃないか?などと3人で話す。

本場ウィーンで聴くモーツァルトは、「後宮からの逃走」の序曲から始まり、オペラ歌手も代わる代わるやってきて、ドン・ジョバンニのアリアだ、フィガロ魔笛だと、ベストヒット的なプログラム。

この指揮者、曲が終わってから客席を向いてお辞儀をするのではなく、曲によっては最後の2拍前にくるっと客席を向き、曲の最後の音と同時にお辞儀をする・・という、ショーがかった動きをする。笑っていいとものオープニングの歌で終わりにタモリがくるっと回るような感じである。

さらにトルコ行進曲を演奏しながら、客に面白い感じで手拍子を要求してくる。あ、果たしてこれは・・・と思ったら案の定、最後はラデッキー行進曲であった。

とりあえずウィーンフィルじゃないけど、黄金ホールでラデッキー行進曲に合わせて手拍子してきた!!と観光客的には満足のプログラム(笑)本当のウィーンフィルニューイヤーコンサートでこれをやろうとしたら、チケット何十万円もするらしいしね。

実際観客もバスで大量に乗り付けてきた中華系観光客の皆さんの他、各国からまちまちな格好をしたいろんな人達が集まっていた。中には着物を着た日本人の皆さんも!

休憩時間に下のバーにも降りて行ってみたが、学校のラウンジみたいな感じ、質実剛健というかかなり地味であっさりした造りになっていた。

演奏中、ずっと手元が明るいなと思ったが、そういえば近代のコンサートホールのように、演奏中客席の照明は落ちず、立派なシャンデリアは煌々とつきっぱなしであった。


さて私たちが滞在中、ウィーン国立歌劇場が150周年記念ということで、無料野外コンサートがあった。これもKちゃんNTKおじちゃんと、そしてモーツァルトはお留守番だった大きいチャンと小さいチャンも参加した。

広々とした野外コンサート、と言うよりは、劇場の前の道路を封鎖しての演奏。なので場所的にはかなりぎゅうぎゅうである。テレビの中継も入っていた。

しかしこの演奏が素晴らしく良かった。それもそのはず、国立歌劇場のオーケストラが、かのウィーンフィルの母体なんだそうだ!知らなかった。ウィーンフィルは、オペラのオケのスピンオフだったのか。

そして何より、次々に出てくるオペラ歌手が素晴らしかった。オペラはそれほど好きではないのに、クラシックの舞台を生で観て心を揺さぶられて本当に涙が出た経験は、オペラでしかなかったりする(昔トスカのアリアを舞台で聴いてまじ泣きしてしまった。自分でもすごくびっくりした)。

今回もソプラノ歌手の、なんの曲かも知らなかったアリアを聴いて、その緻密な声のコントロール、そしてそこから湧き出てくる情感に圧倒されて、一瞬うおーっと涙腺が緩んでしまった。歌ってやっぱり楽器とは違う、訴えるものの凄さがある。

そして舞台だけでなく、劇場の屋上や隣接するホテルのバルコニーから、男性歌手がひょっこり出てきて歌を披露することも・・・!

歌手はマイクもつけているのだけれど、明らかにマイクを通さない地声が、あんな遠くにいるのにしっかり聞こえてくる。なんなんだこれは。何か世界最高級の一流のものすごいものを、道端に立ったまま満喫しているぞ。やはり音楽の都ウィーン、底知れない。

とはいえ、腰痛もあり子供も飽きるしで最後まで見るのは大変だったので、残りは劇場から徒歩10分ほどだった宿で観た。ウィーンフィル(の母体)や最高級のオペラ歌手の生演奏を聞きながらキャンディークラッシュで遊ぶ8歳児ってどんだけやねん!

次回はちゃんとホールでウィーンフィルやオペラを観てみたいものだ。何せ飛行機で2時間だから、1人で週末ぴゅっと飛んでいくこともできるし。と夢はどんどん広がるなあ。

子連れウィーン旅① 憧れのウィーンへGo!

5月、また学校の中休みがあったため、家族で4日ほどウィーンに行ってきた。

クラシック音楽をやる身にとって、やはりウィーンは憧れの地。現地でクラシック音楽を聞きたい・・、作曲家の足跡を辿ってみたい・・・ウィーン菓子を優雅にいただいてみたい。

夢は広がるものの、出発直前まで仕事が立て込んでしまい、ガイドブックを広げることができたのは、宿に着いてからという体たらく。さらに立て込む仕事をさばこうと1週間ほぼ座りっぱなしの生活を続けていたら、出発前日から腰がおかしくなってしまった。

ロンドンからウィーンまではほんの2時間。短距離移動で荷物も少なく助かったが、旅の間腰痛は悪化の一途。しかしそれでも随分と歩いてしまった。

そんな感じでちょっとグダグダになってしまったウィーン旅行。泊った先も、いわゆる博物館エリアだったし、典型的な観光行為を行ってきたに過ぎないが、陳家の忘備録として色々書いておきたい。

というわけで、子連れウィーンの旅日記、はじまります。

憧れのシルクロード

ロンドン新参者なので、まだまだ色々探検中の我が家。ツイッターやオンラインで、地元の人がこれはいい!とおすすめしているものはたいていブックマークをして、時間がかかっても実際試すようにしています。

さてそんな中でも、ロンドン在住の沢山の日本人ツイッタラーの皆さんが話題にしていたのが、新疆の料理を出すお店「シルクロード

アートスクールのオープンハウスを見にキャンバーウェルまで行ったら、ちょうどこのお店が目と鼻の先にあることに気付き、夕方早かったけど、これは行かねばと早めの晩御飯にしました。

キャベツが旨いというポストを良く見たので、これは外せない。キャベツのメニューは2種類あってどっちがおすすめだったっけ・・・と迷いましたが、これはチリオイルで炒めてあるほう。おお、これはご飯に合う感じだ~。

新疆といえばやっぱり羊!1串1£の烤羊肉串。ついでにモツ系もいきました。胃袋とか腎臓とか。どれもレッドペッパーが効いています。肉は串にさすとなぜスペシャル感が増すんだろう。ステーキより串。

鶏の砂肝炒め。チリとクミンで炒めてあります。臓物に走るのはもちろんパパの趣味以外なにものでもありません。しかしこれもスパイシーだがいける~ご飯ほしい~

水餃子!これはもう間違いない!!

本当は麺類も試してみたかったんだけど、今回は炭水化物過多の恐れありで断念しました・・・。

でもメニューの大半がスパイシーだったので、不完全燃焼な子供にサイドオーダーの麺を注文。自家製手打ち風。何もかかっていない素の麺でも美味しかったです。次は麺類試してみたいなあ!

ほんとだったら並んだり予約が必要だったりするみたいなので、ぱっと入れてとってもラッキーでした。メニューは回鍋肉とか豚肉の料理もあったので、清真料理というよりは、新疆料理。お店の人も北部の中国の人みたいな感じでした。

私達が食べ終わるころには、奥のテーブルでお店の人達もばーっと出てきて何かスタッフミールを食べていました。何食べてたんだろう。中華って、とにかく大人数でわーっ、どやどや、と食べるのがいいんですよねえ。中華だけは、どんなにお行儀悪くても、箸突っ込んでおかずをご飯の上に直接載せて、猫背でかきこんだほうが生きてる~!食べてる~!って感じがして、そっちのほうがなんだか好きかもしれない。なんというか、働き者ががっつり食べるさまって、とてもいい感じがします。

カンバーウェル、なんというかクイーンズとブルックリンが混じったような雰囲気がありました。ちょっと緑に覆われた閑静なエリアもありつつ、まだまだおしゃれカフェなどが入り込んでいない、もっと移民が幅を利かせているようなお店の数々、そして行きかう人達。また行くよ。

美術学校訪問

週末になると何かしら無料イベントを探してはいそいそと出かけています。

とある週末に向かったのは、ロンドン芸術大学のカレッジのひとつ、キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ。ここのオープンハウスを覗いて来ました。

学生のアートの展示も色々ありますが、そのほかにアート体験を色々させてくれます。

子供用のクラフトテーブルがあったり、陶芸やシルクスクリーンの体験コーナーも。もう予約でいっぱいでそれはできなかったので、我が家はストップモーションビデオに挑戦。

こんな立派な機材を使って、仕上がったのはこんなやつ

おのおの好き勝手に粘土でキャラクターを作り、実際カメラの前で適当に動かしてやったんですが、ストップモーションのアニメとか映画とか、こういう作業を地道にコツコツやっていくのか・・すごいよなあ。

粘土でキャラクターを作っている時に他の家族も入ってきて、なんとなく一緒におしゃべりしながら作業したのですが、建物を出てから、パパがあの男の人にどうも見覚えがある・・とうんうん唸っていたので、仕事で出会った人か誰かなのかと思ったら、あ!旅番組に出てた人だ!って。なんだかちょっと有名なジャーナリスト兼司会者みたいな人だったみたいです。といわれても誰かわからなかったけど・・。。

あまり載せられる写真を撮ってないのですが、ここのキャンパスは綺麗だった!自分が通ってた学校の施設がボロッボロの古いのばかりだったので余計そう思うのかもしれないですが、綺麗な建物で勉強した経験がないのでちょっとうらやましいよ・・。

この学校では美術修復技術も学べるそうで、浮世絵を綺麗にしたり、ビクトリア時代のイギリスのある家族のスクラップブックを補修してある展示も。材質や顔料によって使う薬品も違うだろうし、化学の世界。アートといっても、色々な分野があるんだなということを垣間見ることができました。

ちなみにクラフトテーブルを担当してくれたお兄ちゃん、話し方からずっとヨーロッパの他の国からの留学生かと思ったら、地元ペッカム出身だそうで・・おお、これがコックニーってやつか!パパのほうが、お兄ちゃんが言っていることをうまく聞き取れなくて何度も聞き返したりしていましたw うーむ、イギリス英語、奥が深い・・。

007のようにはいかない、スパイ救出大作戦とミートボールの謎

1919年、内戦まっただ中のロシア。ボルシェビキの勢力がどんどん強くなるロシアに、たった一人潜入していたイギリス人スパイは、なんとピアニスト。

しかし反革命派を取り締まる、チェカと呼ばれる警察の追及は日に厳しくなり、潜伏はどんどん難しいものに。スパイが無事にロシアから脱出できるよう、救出作戦にMI6が乗り出した!

・・・という、実話をもとにした本「オペレーション・クロンシュタット」を読みました。

スパイとして潜入していたのはポール・デュークスという人。優秀な学生だったけれど、家族とゴタゴタがあったりして家を飛び出し、ピアニストになる夢をかなえるべく、英語を教えながらヨーロッパを少しずつ横断、お金をためてようやくペトログラード音楽学校に入学。語学も堪能だったので、当時、共産党支配が色濃くなり始めていたロシアの状況を、外務省にレポートする仕事をしていたそう。

それに目を付けたのがMI6。今でこそ、諜報機関といえばMI6、MI6といえば007!と有名な機関。でも歴史的には、軍の諜報機関ってMI1からMI19まで、いっぱいあったらしい。その分競争も激しかったようだし、MI6は当時はそれほどイケてない部署だったようで、予算もあまりつかず、もう潰しちゃえば?なんて声もあったそうな。

そんなMI6がポールさんをわざわざロンドンに呼び戻し、今度はうちらのために働いてよねっ!と辞令をだしてロシアに送り返した・・のはいいんだけれど、辞令のためだけに呼び寄せておいて、特にスパイのためのトレーニングも無し。あんまり予算なくて~とスパイ活動に必要なリソースもあまり渡さないままロシアへ送り込んだというから、MI6確かにイケてない。

スパイが国境を超えるのだって大変で、フィンランドから川を渡っていくのだけれど、国境警備隊の目を盗んで雪の中をひたすら進む・・って、なんとなく今だったら中国と北朝鮮の国境越えがこんな感じなんじゃないかと勝手に思った。下手すると見つかって撃たれるか凍死するか。

通信手段もないので、集めた情報は、クーリエと呼ばれる連絡係みたいな人に託す。またはスパイ本人がいちいち国境を越えて直接お届け・・・って、命がいくつあっても足りなそう・・・。実際極寒の中水に落ちたり、道に迷ったり、追手から逃れるため墓地の穴の中で何日も過ごしたり。クーリエに情報を託しても、途中で命を落としたか捕まったかで本国に届かないこともしょっちゅうだったみたい。

それでもスパイになる人は、そんな生きるか死ぬかの状況でアドレナリンが出るのが病みつきになっちゃって、また国境超えて潜入しなきゃ!とかなっちゃうらしく、結局このポールさんもロシアとフィンランドの間を何往復もしている。そ、そんなものなのか・・・。

でもポールさん、何しろスパイの訓練がちゃんとできていなかったので、チェカと通じている怪しい人物の罠にまんまとはまって、必要な情報を相手に渡しちゃったり、食糧難なのでお金があっても食べ物は買えず、配給を受けるにも身分証明が必要な状況なのに、お腹を空かせた道端の子供や老人に手持ちの食糧をついあげてしまい、あとで自分がピンチに陥ったりと、007とはずいぶん程遠いドジを色々とやらかしている。

道を歩いていてもチェカが身分チェック、尋問するのが当たり前になっている中、既にスパイだとバレているポールさんは変装したり身分を偽造したりして逃げ回りつつ、それでもボルシェビキの中枢部分まで入り込んでいく。

潜伏場所や書類の隠し場所を提供してくれるなど、反革命派として彼の活動をサポートした現地の人達の中には、逮捕拷問された人もいる。それで命を落とした人もいれば、何か月も頑張り最後には留置所を脱出した人も。そういう恐ろしい体制が出来ていっている中でも、信念を曲げずにそういう活動をする人がいるというのは、やはりすごい。結局最後は共産党ソビエトになっちゃうわけだけれど、負け試合だとわかっていても最後まで抵抗していた人達もいたのだな・・。

そんな必死なスパイ活動もそろそろ継続するのは危険すぎるので、ポールさんを助けに行こう!と、MI6の命令で送り込まれたのが、当時海軍大佐だったオーガスタス・アガー(Agar)をはじめ海軍選りすぐりのメンバー数名。

まずフィンランドまで船で行くのだが、最初からなんだか悠長。乗った船は客船ではなかったので、航海中アフタヌーンティーが出ないとわかると船長に抗議したりしている(苦笑)

何しろスパイの訓練など何もできてないMI6。道中顔見知りの将校にばったり会っちゃったりしても、なんでこんなところにいるのかうまく取り繕えず、結局秘密だったはずの救出ミッションのことは、各関係者に広く知れ渡ることにw

さらに船を降りて、次の目的地まで電車に乗らないといけないのに、電車の時間を間違えて最終列車に乗り遅れたり、翌日はタクシーの運転手と料金でもめてまた電車の時間に間に合わなかったり・・とほんとあんたたち、MI6の命を受けて来たの?スパイ、助けられるの?と苦笑の連続。

最終的には、ペトログラードにほど近い、当時フィンランド領だったテロキ(今はロシア領、ゼレノゴルスク)という場所にスタンバイ。さらにイギリス海軍からは無理を言ってCMBという魚雷艇を貸してもらい、これでぐわーーーーんと向こう側のロシアまで行って、ポールさんを助けちゃおうという作戦に出る。

ポールさんには、いついつ何時に迎えに行くから、海岸沿いで待っていてとメッセージは届いていたのだが、その約束の日までには時間があったので、その間にもクーリエを載せたりしてロシアとフィンランドの間を何往復かしている。しかしこの魚雷艇が壊れやすい。いざというところでエンジンが止まったり、底をガリガリやっちゃったり。

しかも何を思ったのか、このアガー大佐、ポールさんを迎えに行くという最大のミッションがあったにも関わらず、その約束を果たす前に、上官の命令を無視して、魚雷艇赤軍の軍艦に攻撃を仕掛けて沈没させている。もともと英国と赤軍が戦闘状態に入るというのは望まれた状況ではなかったものの、正義感に駆られてやっちまったアガーさん。失敗したら首が飛ぶけど、行くしかないぜ!と突っ込んでいって、結果奇襲は成功したんだけど・・。

このことは、フォローしているツイッターのアカウント(100年前の今日ニュースをつぶやいてくれる)でもこう紹介されていました

この奇襲攻撃の功績が称えられ、勲章を受け取ることになったアガー大佐。

赤軍の船を沈めちゃったので、ある意味成功ととらえられているっぽいこのミッション。でも、ポールさん救出は実際どうなったかというと、ポールさんを迎えに行った魚雷艇、ロシア側からガンガン攻撃されてポールさんをピックアップできず。ポールさんも、待ち合わせの場所に到達できず。結局、クーリエとして活躍していたロシア人の手引きにより、エストニア経由で自力脱出したそうな。えーーなんだーー全然成功してないじゃん、このミッション!!

と最後の最後までガックリ連続だったこの本。さらにこのポールさん、その後もポーランドなどでのオペレーションで活躍したそうだけれど、人生の後半はヨガにどハマり。なんと西洋にヨガをもたらしたのは、彼だとも言われているらしい。MI6のスパイが、まさかのヨガマスターに転身とは・・!ナマステー

ちなみにこの本の著者も、元MI6の人。曰く、最近そのパフォーマンスの悪さに批判が集中しているMI6ももう100周年。過去の功績を紹介しようと調べ始めたものの、蓋を開けたらこんなんなりました、と言う感じだったらしい。

そういえば映画の世界ではない、本来のMI6のパフォーマンスがどうとか全然知らないんだけれど、どっちかというと007と言うよりジョニー・イングリッシュみたいな感じなんだろうかw

**

さてこんなおっちょこちょいのMI6の本を読もうと思ったきっかけは、ベルギーで食べたミートボールでした・・。

ベルギーのリエージュ名物だというミートボールにか蹴られる甘酸っぱいソースの名前が「ラパン・ソース」と言うのですが、その由来は、『リエージュ郊外で税収官をしていたアーネスト・ラパンの奥さん、ジェラルディン・ラパンにちなんだもの』なんだそう。

marichan.hatenablog.com

甘酸っぱいソースをミートボールにかける料理、ユダヤ系のレシピでよく出てくるんですが、このラパンさん一家ももしかしてユダヤ系だったんだろうか、と色々調べだしたら、この「オペレーション・クロンシュタット」の脚注に、「ユダヤ人の金貸しアーネスト・ラパン」と言う記述があるのを見つけたので、読んでみた次第です。

読み進めるうち、当初の目的だったラパンさんのことをすっかり忘れていましたが、遡って確認したところ、ロシア国内で活動資金難に陥ったポールさん、まだロシアに滞在していたイギリス人ビジネスマンの団体に、危険を押してコンタクトを取り、資金提供を受けたようです。しかし資金を用意する側も大変だったようで、ポールさんに貸すお金を、このユダヤ人の金貸し、アーネスト・ラパンから借りた、と言うのが内容でした。

ミートボールのソースの名前になったラパンさんも税収官ということでお金に関係はしていますが・・・、ベルギーとロシアでは、ちと違うかな。ソースのラパンさんは1922年まで存命だったので、時代はかぶるんですが。余計謎が深まってしまいました。