愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

もう9月の日記

9月は何かと不調になりがちだけれど、そろりそろりと今のところなんとかやっている。新学期や誕生日の月なので、必要以上に張り切り最初から飛ばしてしまい、熱を出して出足をくじかれる、ということは学生時代からお約束のように何度も繰り返してきた。9・11以降はさらに先が見えない不安感が、9月という波とともに押し寄せてくることもたびたび。それも20年も過ぎると薄れたが、今度は加齢から来るあれやこれやをうまくやり過ごさないといけなくなってきた。

体力的・身体的なこともだけれど、自分の年齢と今の立ち位置と、そういうことを相対的に考え始めてしまうと際限が無い。しかし午後にコーヒーを飲んでしまい良く眠れない夜などは、ついあれやこれやと考えてしまうこともある。実は自分がはっきり何歳だったのかも、数か月前までははっきり覚えていないくらいだったんだけれど(それだけ、生活で年齢を聞かれたり言ったり、何か年齢で左右されるどうこうが何もない、ということでもあるのだけど)、誕生日が近づくにつれてシッカリ子供にリマインドされ、自覚せざるを得ない状況になってしまった(苦笑)。

かくゆう子供は無事中学生活をスタートさせ、毎日楽しく通っている。学校が夏休みの間にサマーキャンプを開いてくれたおかげで、先生にも生徒の中にも顔みしりがあったのも良かったみたい。イギリスの学校なので、ブレザーを着てネクタイを締めて、今家族の中で一番ちゃんとした格好をして、一人で公共交通機関を使って登校している。制服姿は頼もしく思えるものの、いずれ毎日着倒すと、ヨレヨレになるんだよな・・(苦笑)。制服に関する校則もそれなりに厳しくて、ちょっとそういう所は日本の学校を思い出して親としてはモゾモゾしてしまう。アメリカ時代の同級生の中学初登校写真を見ていると、皆思い思いの格好をして、髪の毛を染めたりお化粧もしたりしていたりするから余計である。

でもまあ、制服だろうが私服だろうが、11歳となると自立心ももりもり出てくるし、私が育った国・文化・環境・時代と全て異なる世界での中学生生活なので、どこをうまく締めて、どこをうまく緩めて、未来のティーンエイジャーと向き合うべきか・・・親として色々考えているようで、考えていないようで、その場しのぎな対応になったりならなかったりの日々ではある。仕事にしても家のことにしても子供のことにしても、何かするのに一日の時間が絶対的に足りない気がする。迷う時間があれば、動けと思うのだがコロナのロックダウンでですっかり心も腰も重くなってしまったのを、早く早く解消したい。

誕生日当日は、地元のお寿司屋さんに予約なしで行って、予約の隙間時間で空いていたテーブルでちらし寿司をかきこんだり

f:id:Marichan:20210914031249p:plain

日本のケーキのデリバリーを頼んでみたり

f:id:Marichan:20210914031333p:plain

週末はケンジントンのホテルの屋上にある中華料理屋さんで北京ダックを食べたり

f:id:Marichan:20210914031504p:plain

f:id:Marichan:20210914031431p:plain

このそいだパリパリの皮に、ちょっとお砂糖を付けて食べるのが美味しい。
以前お友達とここに来た時は皆で分けてちょうど良い感じだったが、今回は家族3人だけだったので、ダックを食べて自分がフォアグラになるのではという位、たらふく食べる結果となった。加齢にダックの脂はちとキツイという悲しい気づき、というおまけつき・・・。

f:id:Marichan:20210914032003p:plain

ホテルの入り口に鎮座している、近くで見ると田中角栄風の銅像は、このホテルのオーナーだった、マレーシア(とシンガポール)の銀行家邱德拔さん。このレストランが入っているロイヤルガーデンホテルをはじめ不動産経営も手広くやるなど、シンガポールいちの金持ちだったそうで、文字通りのCrazy Rich Asiansのおひとり、という感じ。

Crazy Rich Asiansといえば、ようやく最新マーヴェル映画、シャン・チー/テン・リングスの伝説も見てきた。劇場で新作映画を見るのも滅茶苦茶久しぶりだし、アジア人がカリフォルニアに比べれば全然少ないロンドンで、アジア人による映画を見るのはなんだかちょっとホッとするものもあった。この映画に限らず、どんなに面白いシーンやセリフでも、イギリス人の反応が毎回非常にミニマムまたは全く表に出ないことに今回も苦笑しつつ、かっこいい戦闘シーン、懐かしいサンフランシスコの風景(昔の近所や使っていた路線バスが登場)、オークワフィナの相変わらずの面白さ、マーヴェルの色んなキャラクターのカメオ出演ミシェル・ヨーの格好良さ・・あとこの映画にかかわった家族がいるので、その仕事ぶりをなかなか自慢に思ったりしながら、色々な面で楽しんだのでした。

ロイヤルオペラハウスのオープンハウス

毎年9月、ロンドンでは様々な建築物を一般に開放してくれるイベント、オープンハウス・フェスティバルが開かれています。普段は一般に開放されていないような建築物の中に入れたり、様々なレクチャーやツアー、アクティビティが開催されたり。

openhouselondon.open-city.org.uk

去年はコロナで、開催されたのかも全く覚えていないほど、こういうイベントとは程遠いロックダウン生活を送っていましたが、今年は通常通りの開催。しかも観光客が少ないからか、意外とチケットが取りやすい!とのことで、いつも前を通りすぎるものの、まだ中に入ったことが無かったロイヤル・オペラ・ハウスを覗いて来ました(入場は無料)。

f:id:Marichan:20210906203432p:plain

このロゴを見るたびに、ついQueenだ!と思ってしまう(笑)

f:id:Marichan:20210906204725p:plain
f:id:Marichan:20210906204819p:plain

オペラやバレエの素敵な衣装の展示、ゴージャスな内装、屋上テラスから見えるコベントガーデンの風景や、テラス横にある衣装制作スタジオののぞき見など、施設そのものを見るのも良かったのですが、なにより圧巻だったのはオペラ歌手のミニ・コンサート。

f:id:Marichan:20210906203812p:plain

カフェも併設されているこのスペースでのコンサート、私達が行った時にはメキシコ出身、盲目のテノール歌手であるAlan Pingarrónさんが歌っていました。

オペラの伴奏、以前オケでちょっとやったことあるのですが、オペラ歌手の皆さんなんでこんな声が出るのだ!という身体的能力の脅威。そして当然ながら、ただ声を張り上げるだけではなく情感とともにコントロールされた緻密な表現。ロイヤルオペラの団員だからすごいのは当然なんだけれど、ピアノ一本と、この小さなスペースにライブで響き渡る音・・・ああ、やはり目の前で聴く音楽は本当にいいなあと強く思ったのでした。

こうやって少しずつ、日常が(一時的にでも?!)戻っている感。

よくわからんBRPの顛末

イギリスに滞在するにあたっては、BRP(Biometoric Residence Permits)というカードが発行されます。免許証と似たようなカードで、顔写真や指紋情報や色々搭載されています。

今年ビザの更新をするにあたり、BRPも新たに再発行されたのですが、届いた新しいカードを見てみたら、私のカードの「出生地」として、私の「本籍地」が間違えて記載されていました。ガーン

marichan.hatenablog.com

前にも書きましたが、これはビザ発行業務をしているイギリスのホームオフィス(内務省)が、日本のパスポートに記載されている「戸籍情報」を、私の出生地と間違えたため。

戸籍制度がある国は世界で数えるほどしかなく(ネットで調べたら中国、台湾、日本だけだそう)、たいていの国のパスポートには、本人の出生地が書いてある。今調べたら、戸籍制度がある台湾や中国のパスポートも、戸籍表記は無く、出生地のみが記載されているみたい。

でも日本のパスポートに載っているのは、戸籍情報だけー。

ということで、外国での手続きに多用されるはずパスポートに、日本独自の情報しか載っていないため、こういう間違いを正すのもなかなか面倒なことになったのでした。

前回までの流れとしては、

BRPカード受け取り

→情報間違ってるやん!

→ビザ更新手続きを代行してくれた会社(夫の会社が委託しているところ)経由でホームオフィスに問い合わせ

→間違いを指摘するフォームに情報を入力して提出してちょ、とのことで私が記入してオンラインで提出

→1ヶ月たってようやく、では出生証明書を提出して下さいと、ホームオフィスから私に直接連絡がくる

日本大使館に、戸籍謄本を送り英語の出生証明書を発行してもらう。大使館に書類を取りに行くにも予約が必要な上、コロナのためすぐには予約がとれずトホホ

→無事に日本大使館に行き出生証明書を取得、メールでホームオフィスに送ろうとしたら、原本も一緒にとあり焦る。なぜなら出生証明書を発行してもらう時、提出した戸籍謄本は大使館がキープするとのことで、返してもらってなかったから(これは私のミス、最初にスキャンして電子的に保存しとけばよかった)。

→メールで大使館に事情を説明して、送り返していただく。ホームオフィスにオンライン(というかメールに写真添付)で書類提出。

f:id:Marichan:20210822223742p:plain
日本大使館の並びには、ロブションのデリがあるので、ついでに寄れたのは良かった)

→書類を受け取りました、レビューしてケースマネジャーがお返事します、お問い合わせもこのケースマネジャーまで、という返事が、ホームオフィスから1か月後にようやく来る。

→その後さらに1ヶ月たっても音沙汰がなく、不安になる。

→どないなっとんねん、と問い合わせをしようにもふと気が付くと、メールに書かれている、私のリクエストを担当しているというケースマネジャーの情報が無い。もしかしたら最初に更新代行手続きをした会社の人が持っているのかもしれない、と連絡してみる。ついでに受領のお知らせが来たメアドにもステータスを問い合わせてみる。

→すると更新代行手続きをしてくれた会社の人が、うちのオフィスに新しいカード届いてます、といって転送してくれる。しかし翌日届いたカード、やっぱり私の本籍地が、出生地になっていた。何もなおってないじゃないかーい!

→会社の担当者の人いわく、どうもホームオフィスは、パスポートに記載されている情報にあくまでも従う、というスタンスを強めたようだ、とのこと。前回ホームオフィスの担当者と話した時には、出生地に本籍情報が書かれていても、特に出入国や将来のビザの更新に影響はないとの事でしたよ、とも。ええ・・そうなのか・・・、ちょっと釈然としないまま、だったらもういいか、と受け入れモードに。

→すると数日たって、代行手続き担当者のところにホームオフィスから「問題を訂正しました、新たなカードを発行したのでお送りします」という連絡が届いたとのこと。え、新たなカードってもう届いてますけど?(問題は修正されなかったけど!)

→この連絡が、既に送られてきたカードが発行されたのより後の日付がついたレターとして来たので、担当者も良くわからないとのこと。なんぞ。

→そうこうしているうちに翌日、我が家に直接、正しく出生地が書かれたBRPカードが新たに送付されてきました!これは、代行会社経由じゃなくて、ホームオフィスから直接うちにきた。


・・・というわけで、紆余曲折?ありながらも、無事に正しい情報が記載されたカードを受け取ることができました。そして今私の手元には、BRPカードが3枚もあるw

ホッとしたけど、こういう移民関係の間違いとかって本当に面倒くさいし、ちょっと不備があって後から問題になるのもイヤだし、ほんと身体に悪い・・。

それにしても、戸籍だ印鑑だ、あげくの果てには支払いは既に存在しない国際返信切手券で、など、海外にいる日本人にとっては、日本の手続き方法が独自すぎるのも困りもの・・。

日本にいる分には不便を感じることはないだろうから、あまり理解されない、ニーズも大きくはない、でなかなか改善しないのだろうけれど、せめてパスポートに出生地を記載するように変更してくれないかなあ。どこに陳情したらいいんでしょうこれ。外務省?

あと、ホームオフィスはパスポートの情報を強固にフォローするになったみたい、という代理会社の人の話はやっぱり眉唾もの。出生地情報はカードの裏に小さく書いているものなので、例えば名前や誕生日が間違っている、という問題ほど影響は大きくは無さそうですけど、本籍地っていくらでも変えることができるものだから、その情報を出生地として使うと、出生地がころころ変わるというあり得ないことが起きちゃいますしね・・。

今までアメリカの移民手続きは全部自力でやっていたのだけれど、イギリスのビザに関しては夫の仕事関係のため、彼の会社が使っている代行会社に毎回お世話になっているんですが、こういう会社経由でやると、個人でやるよりビザの発行が早かったりという利点もあるものの、日本のルールに精通しているわけではないので、こういう面倒なことになっちゃうことも。あー疲れた。

シャーロック脱出ゲーム

規制が緩和されてから主催した小さいさんの誕生日会、ロックダウン中家族で見たBBCシリーズ「シャーロック」をテーマにした脱出ゲームに行ってきました。

BBCのシャーロック、放送が始まった当時あまりにも面白くて、最終シリーズを見てしまうとこの先楽しみが無くなってしまうのが忍びなく、結局最後まで見ることなく放置したままになっていました。それをロックダウンの間に一気に見直したんですが、まさか子供と一緒に、しかもロンドンで見ることになろうとは当時は想像だにしなかったなあ。

www.thegameisnow.com

場所はシェパーズ・ブッシュ。駅前に立派なショッピングモールがありますが、そこじゃなくて、ちょっと道を渡った向こうにあるしょぼいほうの小さなショッピングモールの1階にあります。しかも「ドイル眼科」という本当にモールの中にある眼医者のようなたたずまいなので、一瞬分からず通り過ぎてしまった・・。

脱出ゲームの写真はありませんが、中に入ると本当にベーカー街のシャーロックの部屋が再現された部屋があったり、かなり本格的!

f:id:Marichan:20210807001604p:plain

最初はモリーの検死室で、そこに安置されている死体の特徴から手がかりを探し、部屋に設置されているコンピューターで被害者の情報を探したり、証拠品がしまってあるはずのロッカーの鍵のコードを探して入力したり。

脱出ゲームをすること自体初めてだったんですが、頭だけじゃなくて実際色々動いて情報を探していかないといけない!時々行き詰ると、画面にモリーやワトソン、シャーロックが出てきてヒントをくれたりします(笑)

しかしこのゲームなかなか豪華で、本物のシャーロックの役者が総出演。もちろん悪役はモリアーティで、まさしくドラマのごとく、時々画面に現われては狂気の演技を披露してくれます。しかも設定が、コロナ以前からそうなのかわかんないですが、謎の殺人ウィルスを開発した・・というような話でした。

この他にもマイクロフトのオフィスなど、ドラマに出てきたのと同じセットの中でパズルを色々解くのですが、他人が考えた一定のルールを特定するという作業がなんとも不思議で面白くありました。

実際は我が子の他に仲良しの女の子と双子男子2人を連れての脱出ゲーム。みんなであちこち触りまくりボタンを押しまくり、あーでもないこーでもないと大騒ぎ。なるべくカオスにならないよう、でもなるべく子供達主導で謎解きができるよう、なるべく手を出さず、一歩下がって牧羊犬のような感じで見守っておりました。が、時々夢中になった大きいチャンが子供そっちのけでボタン押しちゃったりもしてましたが・・・(苦笑)

f:id:Marichan:20210807010448p:plain

併設されているバーの場所を貸してくれて、ケーキタイム。

脱出ゲーム、自分達のグループ以外と一緒になることもないので、意外とコロナの時代には向いているアトラクションかも?

あ、結局最後までパズルは解けて無事脱出できました。

この他にも、ホームページからアプリをダウンロードして、ロンドン中心街を歩いて謎解きをする、アウトドアゲームというのもあります。これもちょっとやってみたい・・!(ブリストルリバプールカンタベリー版もあるそう)

www.thegameisnow.com

卒業&夏休みはまだ始まらない

先週小さいさん、無事小学校を卒業しました。

4年生の新学期からイギリスの学校に編入、5年生はかなりの時間コロナで在宅学習。最終学年の6年生は、数か月の在宅学習期間はあったものの、3月に学校再開してからは学級閉鎖になることもなく、最後まで学校に通えて本当に良かった。

今年の6年生、普段なら何日も泊まり込みで行く修学旅行も中止。代わりにアスレチック施設への日帰りバス遠足。他にも卒業前のダンスパーティーは子供達のみの参加で開催されたり、子供達が作り上げたミュージカルは、講堂で集まって発表できないので、親は録画で見たり。

色々(親への)制限はあったものの、特に去年ずっと家にいたことを考えると、少なくとも子供達は、それなりに通常に近い感じで過ごせたんじゃないかと思います。

とにかく子供達がみんな元気で卒業の日を迎えられて良かった。陽性者が出ると、もう容赦なく学年閉鎖になるので、結局みんなにお別れを言う機会もないまま卒業してしまった、なんていう他の学校の話も聞くし。


f:id:Marichan:20210730190441p:plain

イギリスの学校では、大学以外での卒業はGraduationという言葉は使わないらしく、小学校ぐらいの卒業式は leavers assemblyと呼ばれます。卒業生、はLeavers。学校を去るもの、ってか・・・。ちょっとBrexitみも・・・(笑)

日本やアメリカの公立に通っていると、たいていそのまま地元の中学校にみんな一緒にあがる感じになると思うんですが、イギリスは公立であっても、中学校でみんなの進路が大きく分かれます。さらにイギリスの小学校は、長い子だと保育園クラスから7年間同じところに通っていた友達とお別れすることになるわけで、校庭で行われた卒業式では、結構泣いている子も。

最後はみんなで場所を移動してピクニック、お互いに制服にマジックで名前を書き合ったり・・。最近の子は携帯を持っている子も多いので、卒業後もなんだかんだいってテキストしあったりして連絡は取りあってはいるものの、もうこの子達がこの制服を着てみんなで一緒になることは無いんだなぁと思うと、親もちょっとグッと来てしまいました。

アメリカの学校からイギリスの学校に行った小さいさん。まあ言葉は同じ英語ですから特に問題なかったものの、微妙に違うスペリングや、筆記体重視の厳しいペンマンシップ、アメリカよりちょっと進んでいる算数・・と最初はそれなりに適応しないといけないこともありましたが、良く頑張りました。アメリカから来た子、というので最初からみんなに親切にしてもらったようで、結局最後までブリティッシュアクセントにはならなかったw。勉強以外にも、良い友達もできたし、新しいスポーツにチャレンジしてみたり、自分の得意なものも見えてきたりもしたし。


先日11歳になったばかり、日本だとまだ小学校5年生の夏休み中なはずの小さいさんですが、イギリスでは9月からはもう中学生。オソロシイ・・・!通うことになる公立中学校、同じ小学校から行く子供はおらず、また新しい冒険が始まります。

実は小学校を卒業した翌週から、すでに中学校主催のサマーキャンプが始まり、これから一緒に通うことになる子供達と一緒に、すでに毎日新しい中学校に登校中。ということで、夏休みがまだまだ始まらない我が家・・・。