愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

イギリスに来てから覚えた英語を羅列するよ。

ポテトチップがクリスプスだとか、フレンチフライをチップスと言うとか、エレベーターがリフトだとか、そういうのは有名だけれど、住むまでは全く知らなかったイギリスならではの英語表現を羅列するよ(使うかは別として)。

Tuition
アメリカ英語だと学費だが、こっちではレッスンそのものを指す模様で、skateboard tuitionのお知らせが出ていて最初ん??となった。

Sundries 
仕事の経費落とそうとしたら申請カテゴリーに出てきた。要はmiscellaneous(その他)ということらしい。天日干しにしているわけではない。

Knackered
Dead tiredという意味。

chuffed
= pleased, happy

Brill
Brilliant、の略。Awesome、いいねー、みたいな感じでブリル!と言ったりしている。

Lush
ミーティング中にクライアントの人が言ってた。これもいいねーみたいな感じっぽい。

Skint
金欠。タームの終わりに学校帰りにバブルティーが飲みたかった子供、通学仲間のE君がSkintだというので特別におごってやったと。

Cor!
わおー!みたいな感じで使うらしい。子供がポロッと言った。

Soz
ゴメン、みたいな意味。子供は普通に知ってたところが悔しい。

Constitutional
憲法という意味ではなく、散歩という意味もあるらしい。夜の犬の散歩に行った、というのにevening constitutionalと表現されていた。朝、運子する事をmorning constitutionalとも言うようだ。

as useful as chocolate fireguard
全くの役立たず、という意味。新聞記事で使われてた表現。chocolate teapot というのも。まあどちらもチョコレートで出来てたら溶けて使い物にならない。

Guard
電車の車掌さんはコンダクターじゃなくてガード。電車のアナウンスでThis is the guard speakingみたいな感じで言う。

Roadman
ストリートギャング系の若者のこと。たいてい黒っぽい格好をしていて、フードかぶっている。どんな天候でも黒いダウンジャケット着ている。ロードマンの挨拶は、WagwanとかWagwan Gとか言うそうな。これもともとカリビアン系のピジン語らしい。そういう出自部分からもアメリカとイギリスのギャング系用語随分違いそう。Gはギャングスタの略。語尾にbro, cuz, famという呼びかけをつける。子供が学校の男子から色々教わってくる。まじで何を言っているのかわからないので、何それ?というと丁寧に解説してくれるんだそうだ(苦笑)

Bear
これもスラングで、超という意味でbearを使うんだって、I'm bear mad とか。

しかし実際のところ、イギリス的表現を使わないと相手に通じない名詞などについてはそっちを使うようになったものの、家族の誰もアクセントはイギリスにはなっておらず、一番イギリス文化にどっぷりつかっている子供さえもかたくなにアクセントはアメリカのままなのが面白い。スペルや文章の書き方はイギリスっぽくはなっているけれど。私は先日医者に行ったあとHave a lovely evening!と自分で言ってちょっとこっぱずかしくなってしまった位まだイギリス英語使用に慣れない。

ユーロビジョンの奇跡

イギリスに来てハマったもの、それはユーロビジョン。

アメリカにいる頃は、お髭の歌手コンチータABBAを輩出した、国対抗で歌手が出場して歌を競うというヨーロッパの歌合戦、ぐらいの認識しかありませんでした。

一応その認識で合ってるんですけれども(笑)、ロンドンに引っ越して来てからちゃんと見るようになり、思い切りハマってしまった・・!

毎年5月、予選を勝ち抜いた25か国の代表がそれぞれの持ち歌を披露。各国の審査員が一番良かったと思う国に投票するほか、視聴者も電話投票をして優勝者を決めます。

ポップあり、フォークソングあり、ヨーデルあり(笑)、デスメタルあり(特に北欧勢は秀逸)、正統派の歌唱あり、何度見ても意味不明なものもあり・・・。「欧米」と日本ではひとくくりにされがちですが、歌手のラインアップ、パフォーマンスを見ていると、このフレーバーはもう欧州ならではとしか言いようがないものがあります。

YouTubeで見つけたユーロビジョン入門。色んなタイプのシンガーがいる

www.youtube.com

今年のユーロビジョンはどっちかというと、あんまりクレイジーみが少なくて、コンベンショナルな感じの歌い手が多いなあというイメージでしたが、

変てこグループもあり(今年はノルウェー

楽しいフォークあり(今年はモルドヴァ

英語で歌う歌手が増えている中、自国語で独自路線のパフォーマンスもあり(今年はセルビア、手を洗ってる)

一曲ずつは4分もないんですが、それが25か国続くのでなかなか長丁場で、夜の8時から12時までえんえん4時間番組が続きます。ほぼ紅白。

こういう時は特別に、家族でテレビの前にご飯を並べて飲んだり食べたりしながらワイワイとコメントしながら鑑賞(そしてTwitterでも欧州在住の人達とコメントしあってバーチャル視聴パーティーも)するのがすごく楽しい。

今年の優勝は、特に視聴者からの電話投票数が異様に多かったウクライナ。同情票も多かったとは思うけれど、ラップと民族風メロディとが融合した不思議にキャッチーな曲でした。

優勝後にリリースされたミュージックビデオは、実際にロシアに攻撃され、一時占領されていた地域で撮られたとのこと。ステージでのパフォーマンスとはまた違ったインパクトが・・(バンドのメンバーは翌日にはウクライナに戻り、前線に向かうとのこと・・涙)


www.youtube.com

今年はロシアが参加禁止になったり、なんでも視聴者投票の結果をロシアのハッカーグループが操作しようとして失敗したらしいという報道が出るなど、政治的要素がそれなりに濃い回でもありました(一応政治的発言などは禁止されている)。

ただ今年に限らず、各国の審査員は、パフォーマンスの内容にかかわらず、自国の友好国に投票する傾向あり。各国の関係性が毎年浮き彫りになるのもなかなか興味深いです。例えばトルコと仲悪いキプロスは毎年絶対ギリシャに入れるとか。今年はやはり近隣国のポーランドリトアニアラトビアなんかがウクライナに投票していました。

が!今年一番の奇跡は、万年ドベで、一般投票では0点を叩き出すこともあるイギリスが!!審査員投票で暫定一位に躍り出たこと!!

あまりの快挙に「みんなテレビの写真を今のうちに撮っておいて」とテレビ解説担当のグレアム・ノートンがコメントするほど。

さらにショッキング(?!)だったのはフランスの審査員がイギリスに投票したこと。イギリスに来るまであんまり気づいてなかったのですが、英仏の関係って、愛憎混じった感じでなかなか複雑なんですよね(苦笑)お互い憧れがありつつも、自分達のほうが上、と思っているふしがあったり、政治的にも手を取る部分もある一方、交易やら漁業やらで揉めに揉めたり、まあBrexitもありましたし・・・。

そんな関係性のフランスがイギリスに入れたので、「フランスがイギリスに投票するなんて、明日世界が終わるんじゃないか」ぐらいの勢いで皆さん大騒ぎでした。

イギリスの今年の参加者がTikTokで超人気な人だったらしくて(知らんかった)、曲も良かったんですけれど。もし戦争がなかったら、イギリスが優勝してた可能性もなきにしもあらず・・・。いや、ウクライナの審査員がイギリスに投票したように、イギリスの対ウクライナ、対ロシア姿勢も評価につながったのでは、という記事もあったので、うーんやはり政治が大きく左右しているユーロビジョン、なのか。

そんな感じで特に最後の投票結果発表は、かなりスリルとサスペンスで見終わった後はぐったり疲れてしまいました(苦笑)

翌年の開催地は、今年の優勝国がホストする決まりになっています。つまりは来年はウクライナで。早く戦争が終わって、平和なウクライナでの開催が実現するといいんですが。


おまけ:
Netflixで視聴できる、このユーロビジョンの様子をパロディにした映画Fire Sagaもユーロビジョンのエッセンスをうまくつかんでいて面白い上に、意外と曲も良くてちょっと感動もしたりするので、おススメ。

www.youtube.com

特に映画を見たあともハマってしまって、YouTubeで見つけて何度も聞いてしまっている曲がこれ。アイスランドの予選で登場する「21st Century Viking」という歌手の歌(笑)映画では30秒ぐらいしか登場しないんですが、実際にちゃんと4分弱の曲が作りこまれていて、映画で流れなかったけどちゃんと山場があったり、かなり好きな曲。あと歌手のビジュアルと歌のギャップも、ユーロビジョンっぽくて凄い好きです。

www.youtube.com

イギリスの中学校の通信簿

イギリスの中学生、7年生も気がつけばあと数か月で終わることに気が付いて子供と一緒に震えあがっています。時が経つのが、早すぎる・・・。すでに成績表は2度、貰いました。

イギリスの中学校でもらった成績表は、なんとGCSEという11年生で受ける統一試験を今受けたら何点ぐらいとれるか、という形で評価がされていました。

つまりは・・・・わかりにくいんじゃぁぁぁ!!

11年生、日本だと高校1年生になる15~16歳が、イギリスでは義務教育の最終学年になります。

この最終学年で受ける試験がGCSE。これにパスすると義務教育終了となります。その後は、大学進学を目指すか、職業訓練学校的なところに行くかで、違うコースに行くことになります。この試験のスコアは、のちのちの進路選択にも影響するようで・・。

成績表は、11年生で試験を受けた時に期待されているスコアと、現在のスコア、という形で記載されています。

ちなみにGCSEのスコアは9段階。9が最高点だそうです。推測するに、9割以上取れたら9がもらえるのかな。4でパスだそうなので、4割取れたらギリギリ卒業可能、みたいな感じのようです。

そして子供によって、GCSEで取ることを期待されているスコアがどうも違うらしい。

しかし当然、まだまだ習っていないことが多いので、現在のスコアはとても低い。最初数字を見た時、例えば期待されているスコアは9だけど、今は2、みたいに書いてあって、えっ!成績2なの?とビックリしたけれど、そういうことでした。あああ紛らわしい!

この成績表、セカンダリースクールの勉強は全てこのGCSEを見据えてやっている、ということが非常に表れているものだと思います。美術の先生と話した時さえ、GCSEの要項にそってこういう事やああいう事をしている、というような説明をされたし。

ただしあまりに目標にしているものが先のことすぎて、今この時点のマイルストンとして大丈夫なものなのかが、いまいちピンときません。そこは面談で確認するしかないですね。今のところ面談があったのは1回。面談の後で成績表貰ったのでちょっと混乱しました。

学校によってはちゃんと学年別のマイルストンを明確にしているところもあるみたい。ただそれはそれで、子供個別の能力に合わせたものとは言い難いところもあるし、難しい・・。この時点でどのスコアがもらえるのかは、結構主観的な部分もあるっぽくって、子供の英語の先生は、7年生では3は絶対出さない、と明言しているらしいです。

まあ子供は今のところなかなか順調だし、そんなに神童的に先に進まなくてもいいから、年相応にじっくり進歩を遂げてくれればいいなとは思っていますが、教育って本当に色んな価値観、人生観を問われる選択をしないといけない。自分の中学時代とは違うことも多いし、ましてや外国だし。なかなか手探りな気分です。

ポルトガルは良いその⑫:ベレン

リスボンから西、バスに乗ってちょっと行ったところにベレンという地区がある。歴史的な巨大修道院の建物があり、ベレンの塔があり、なによりパステル・デ・ベレンで有名。

自分の中ではこのパステル・デ・ベレンを食べに行こうというのがほぼ主目的だったが、大きな博物館もあり、大統領公邸もあり、あちこちある建物は世界遺産だしということで、花も団子も楽しめる風光明媚な場所。住むならこんなところにちょっと住んでみたいな、という気もした。

なにはともあれ、お目当てはこれ。いわゆるエッグタルト的なお菓子、ポルトガルでは一般的にパステル・デ・ナタと呼ばれるが、ここで作られているのはパステル・デ・ベレンと呼ばれている。が、団子部分についてはまた別のエントリーでまとめることとして、ここではベレンで楽しんだ「花」部分のことをつらつらと。

ベレンいいなと思ったのは、とにかくカラッと晴れた日に行ったからからもしれない。子供がサングラスを必要とするほど晴れ渡り、振り返ればこれ。本当にサンフランシスコに帰ってきたみたいだ。

そしてどーんと広がる、ジェロニモ修道院。とにかく長い。そして白い。この建物の白さが反射して、余計眩しい。が、それがなんだかとても良い。

このこまごまと手の込んだ装飾。世界遺産なだけある。バスコダガマエンリケ航海王子の業績をたたえて作られたものだそう。

1501年着工、完成は100年後。雪舟が絵を描いてたりした時代らしい。

アフリカやアジアなどとの交易で得た莫大な税収でもって作られたので、金に糸目をつけずに作られたそうで、この細かい装飾は圧巻。

バスコダ、ガマやんもここに眠っている。

ヨーロッパに住んでいる弊害(?)は、立派な大聖堂を見る機会が多くて、だんだんどれも同じに思えてくることではあるのだけれど・・・。しかし昔の人にとってみれば、こんな聖堂の中に入ればその非現実的な世界に畏怖の念をもっともっと感じただろうな・・。

さらに西へ、住宅街的な場所も抜けて歩いて行く。途中学校があって小さい子供達がきゃいきゃい言っている声も聞こえて来る。

ベレンの塔があるテージョ川沿いの緑地公園、近くには洗濯物を干してある古い民家と、まるでCGで描いたような現代の建物が共存

不思議な高低差のこんな家も。なんだろう、立ち退きに応じなかったとかそういうのなのかな。

海のようだが実は川。とはいえ河口に近いのだけれど

ベレンの塔は、ここから海に出入りする船の監視や税関業務などを行った要塞。

かなりざっぱーーん!と周囲の波が強くて、一瞬不安になったけど、もう何百年もここにどっしり構えている。

数階建てになっている中には大砲がしつらえてあり、暖炉のある部屋、人が集まり話ができるように石づくりのベンチがついている部屋、王室の人がつかう部屋やチャペルなどもある。とはいえ備品も装飾品も何もないので、全て石造りのがらんどうとした部屋。昔はここに人が詰めて、硬い石の上で眠ったり、やってくる船をじっと見つめたり、波風にあたったりしていたのだろうな。

水辺に座ってゆっくりと最後のポルトガルの風と太陽を浴びて、雰囲気に浸りたかったものの、塔の前ではストリートミュージシャンがディズニーの歌を歌い続けるのが多少興ざめであった。

ポルトガルは良いその⑪:タイムアウトマーケットの美味しいもの集、その2

どんどん行きます。今思い出しても美味しかったものの数々。あとイギリスに比べると随分安い。

エビのフリッターと、バジルのリゾット。これは前回となりの席に座ってた人達が食べてるのを見て羨ましくなったので、頼んでみた。

ああ、記憶にない。おそらくパパが頼んだもの。

子供が頼んだ、Poke的なもの。

これが感動の大ヒット。マテ貝のリゾット。貝の風味なのか、シーフードの出汁がものすごく深くてうまみがあって、お代わりしたいぐらい美味しかった。

マグロのタルタル。お醤油っぽいソースがかかっていて、もうこういう組み合わせはかなりオーソドックスになっている感もあり。

ポルトガルの良いところはイワシとか青魚が美味しいところ。缶詰のお土産も有名。

そして鱈!バカラウと呼ばれる干した鱈の料理が有名だけれど、こちらは皮を揚げたもの。ビールのつまみにいける。

これも記憶が・・これもパパが頼んだはず、魚卵ぽい。やはり旅の記録は記憶が新しいうちに書かないと、色々忘れる。いや、昨日晩ごはん何食べたかさえ忘れがち・・・

こちらは子供が頼んだ、パッタイ。もう面白い位アジア飯に執着する子供。これじゃ旅行に炊飯器もって行くようなチャイニーズジジババ世代と同じやないかいw