愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

コワーキングからの歴史散歩

物理的なオフィスが閉鎖されてしまったので、時々同僚有志でコワーキングスペースに集まり一緒に仕事している。

在宅勤務は通勤がないぶん楽だけれど、やっぱり煮詰まるし、同僚達がどういう状態で仕事をしているのかわからないので、全くお互いの顔を見たりちょっとおしゃべりする機会が無いリモートワークというのも、チーム的にあまり良くないよなと思う。

これについては人それぞれだとは思うけれど、自分は実は文化祭ののりでみんなでワイワイする感じで仕事するのが実は好きなのかもな、ということにここ数年気が付いたのだった。

先日は普段集まるのとは別の場所を試してみようということで、ファリンドン近くのコワーキングスペースで仕事をした。朝のセントラルラインは東京の通勤ラッシュなみの混雑で、到着した地下鉄はもう人が乗り込む隙が無いくらい人でぎっしりしている。

そんな通勤もそれほど苦に思わないのは、これが毎日のことではないのと、乗ると言っても2-3駅で済むのと、ここがロンドンだという変な特別感からくる高揚感(笑)がまだ続いているおかげだろう。

チャンスリー・レーンの駅を出るとチューダー風の建物が目に飛び込んできて一瞬びっくりする。ふと、そういえばロンドンの中心部なんて京都にいるようなもんだよなと変な納得をする。

駅からすぐにあるコワーキングスペースになっているビルも、ネオゴシックの建築で日本だったら明治初期の頃に建てられたものらしい。

外は滅茶苦茶クラシックだが、中はモダンに改装されていて気持ちよく仕事した

このビル、今は建築家の名前をとってウォーターハウス・スクエアと呼ばれているが、もともとはホルボーン・バーと呼ばれる建物だったそうで、金融会社プルデンシャルのために建てられたものだそうな。

この建物が建つ前、ここにはファーニヴァルズ・インというでかい寄宿施設が、日本だったら南北朝時代の頃からあったらしい。チャンスリー・コートと呼ばれる、中世の裁判所的な施設に関わる法曹関係者たちが逗留する場所だったらしい。

そしてそういう施設はここだけに限らず、このエリア一体にいくつもあり、それをまとめてインズ・オブ・チャンスリーと呼んでいたそうな。こういう施設はそのうち法律学校として使われたり、法曹関係者の住居になったり、法曹界の社交施設やレストランも入ったりと、長い歴史の中で色々な形で法律や金融関係者に使われていた模様。

実は駅を出て目の前に現れた古い建物は、そんなインズ・オブ・チャンスリーの中で唯一現存する建物だったらしい。写真を撮らなかったのが残念だが、Wikipediaの写真はこんな感じである

ステープル・インと呼ばれるこの建物は1585年、日本だったら天正13年、豊臣秀吉が関白宣言(違)した年に建てられたものだそう。まさしく京都やなあ。一階はカフェとか入っているが、今でもアクチュアリー(保険数理士)の団体のオフィスとか入っているらしい。

コワーキングの事を書こうと思ったのに結局歴史散歩的な話になってしまった。

帰り道は小雨のハットンガーデンの小路を通り抜ける。ここもまた昔から宝飾店街があるところである。ロンドンは古いところに行けば行くほど、通りの名前がそこにあったビジネス(魚とか絹とか)に関係していたりもして、職業ごとにエリアがわかれていたことがわかって面白い。

そしてエルサレム・パッセージという京都の先斗町と同じぐらいの小路にあるパブで皆で飲んだ。エルサレム・パッセージという意味ありげな名前の小路は、その昔その先に本当にエルサレム聖ヨハネ騎士団修道院があったから、らしい。

そしてこのパブの建物も1829年のものらしい。日本だったら文政12年、江戸大火があった年か(なぜか日本史と比べてしまう)

クワックというベルギービールを同僚が頼んだら聞き間違えたお店の人がコークゼロを持ってきて大爆笑。慌てて正しいビールを持ってきて「はい、こっちが本物のコークゼロね」

1月読書記録

今年は英語でも日本語でもいいから、1か月に本を最低2冊は読みたいなと思っているので、いつまで続くかわからないけれど、その記録。

1月はあまりに忙しすぎて本を手に取る暇というか余裕がなかったが、家にある古い本を再々*n 読した。

村上春樹のエッセイは、80年代村上さんが30代の時のものなので、今読むとやはり青臭く、そして80年代臭い部分が以前にもまして目についた。村上さんのエッセイは好きだったはずなのに、なんとなくイラっとしたのは、どちらかというと読み手である自分の年齢や時代の変化によるものであろう。

そういえば、村上さんに聞いてみよう、みたいな感じで読者が色んな質問をしたり、アドバイスを村上さんに求めるシリーズが以前あった。当時はふむふむなるほどなどと読んでいたが、本人が「なぜ僕に聞くんだろう」と言っていたように、このエッセイを読んだ後、ふとなぜ村上さんに正解を求めようとしてしていたのか自分でもよくわからなくなった。多分彼の周りに流されない、ある意味清廉潔白にも思える暮らしぶりのせいかもしれないけれど。

でも考えたら村上さんはうちの両親とほぼ同い年である。つまりはどうあがいてもそういう時代の人なのである。うちの親も30代の頃、こういう感じの世の中や感覚があるなかで生きていたんだな、と思うと、今の自分より若いころの先人たち(ってまだ生きてるけど!!)を想像してちょっとむずむずしてしまった。

米原さんのエッセイも毎回食べ物のエピソードなど読んでいて楽しいのだが、今回は読んでいてリサーチの方法や、最近の若者はコンビニ食ばかりでという、なんとなくお約束どおりの現状批判がちりばめられているのが今回は気になり、これまた書かれた時代の限界みたいなのを感じるなあ・・と、いつもと違う感想を覚えたのだった。

やけくそタイムチャレンジおせち料理

仕事が終わらない。

去年の11月から始まったプロジェクトがかなりきつい。キックオフの時点からこれじゃリソースも時間も足りないと訴え続けていたのに何も起きず、年末にちょろっとヘルプ要員があらわれたものの、現在いわゆるデスマ状態である。結構夜遅くや週末も働いている。こんな働き方をしたのは日本企業相手にしてた時以来じゃないだろうか。このプロジェクトが終わったらしばらく消えてやろうと思っている。

新年は機上で迎えたし(飛行機でカウントダウンでもするかと思ったけれど、パイロットは到着しても新年おめでとうとも特に何も言わないくらい普通で、新年だということさえ忘れる位だった)、帰るなり仕事に溺れるような状態だったので、日本のお正月らしいことなど全くせず。

それもあまりに癪だったので日曜日の夕方に、家にある材料とイギリスのスーパーで手に入る材料で、できる限りのおせちを作ってみることにした。調理時間は約二時間半のタイムチャレンジ。

なますは大根がないので人参だけ。田作りは賞味期限が一年ぐらい前に切れている小魚を使った。高野豆腐はアメリカから買って帰ってきた。あとは冷凍のかまぼことか、ミックス野菜。スモークサーモンのちらし寿司。伊達巻は手作りした。鱈をミキサーで攪拌して卵液に入れるとふわふわになった。小ぶりの肉の塊でローストビーフ

手早く料理を作るには、手伝いを入れずに全部ひとりでやる。特に家族には指示を出すほうが手間がかかってしまったり思ったようなアウトプットが出てこないこともある。仕事は集中してやりたいが、料理は意外とマルチタスクが得意なので、色々な調理を平行してやる。そこには洗い物も入っているので、料理が終わってもシンクは綺麗なままである。

本当はみんなをうまく指示して動かして理想のアウトプットが出るのが一番なのだが、仕事でも料理でもなかなかうまくできない。どうも一人でやってしまう。

でもキッチンにひとりでいるとすべてがUnder controlなので、ある意味癒しの時間である、作っただけで満足した。

それにしても久しぶりに食べたおせち料理は、調整はしたもののやはり甘い。普段の料理でこんなに砂糖を多用することがまずないので、食べていてモゾモゾしてしまった。昔は好きだった高野豆腐もそんなに食指が伸びない。お雑煮のお餅も余りがち。しかし子供に日本の伝統をちゃんと伝えるべく、年に一度は、やっておく。って、そのためには子供に手伝ってもらわないといけないではないか。

飛行機で見た映画を羅列するよ

実話に基づく映画。プレイステーションの言わずも知れているこのゲームのトッププレイヤーを、本当のオートレーサーにしようと開催されたGT Academyで本当にレーサーになっちゃう男の子の話。家にこもってゲームばかりしているのを、元フットボール選手だったお父さんは苦々しく思っていて全然サポートしてくれないんだけど、なんでも突き詰めるとこういうサクセスストーリーも起こるんだなあ、と結構フィールグッドムービーだった。舞台はイギリス、主人公もイギリスの子なところも良い。

ロックダウンの頃からウェス・アンダーソンの映画を家族で見るようになったのだけれど、これは最新作。ウェスアンダーソンの映画はご存じの通りビジュアルが素敵なのだがビジュアルに気を取られて話が入ってこないというか、見た後すぐに話の内容を忘れてしまいがち。この映画もビジュアルが素敵であったが、話はなんだか変な演劇舞台の出来損ないみたいな感じで、特に最後ははぁぁ・・という感じであった。でも色目がとにかく素敵。

無口なパン屋、実はもと殺し屋(?)なおじいちゃんが突然現れた、今まであったこともない孫を守るためにてんやわんやの大騒ぎ・・じゃなくてギャングに立ち向かう、みたいな話。話の筋としては結構あるあるな気もするが、パン屋というだけで見た。実際話の筋も終わり方も全く予定調和的に、元殺し屋が子供を守る時にあるあるな話だった。

なんでも舞台がもとになっている映画らしい。イギリスの老人ケアホームの人間模様を描いた映画。舞台の評判が高かったらしいが、映画もジュディデンチとか、デレックジャコビとか、イギリスの大御所が患者役で出ている。イギリスは国民皆保険で医療が無料でかなり社会主義的な部分もあるが、ここではそんな中で存続が危ぶまれる施設が舞台になっている。一応コメディということで老人患者のやり取りはくすっと笑えるのだが、途中でいきなりサスペンスかーい?!という展開になったと思えば、最後は取って付けたように、閉鎖された施設がコロナ病棟になり、そこでボロボロになりながら働く医者がいきなりカメラ目線で観客にNHSの意義を訴える終わりになり、ちょっと無理やりな感じで終わってしまったのでちょっとぽかんとしてしまった。ちなみに、舞台や映画で役者が観客に語り始める手法は、breaking the fourth wallというそうな。

イギリスの役者さんは、ハリウッドとはまた違いテレビ、舞台、映画と結構色々な規模やタイプの作品に気軽に?出る人が多くて、この映画でもどこかで見た事がある役者がいるけど、どこで見たのか思い出せなくてずっとモヤモヤしていたのだが、後で調べてみたらBBCの「シャーロック」のバスカヴィル家の犬のエピソードに出ていた人だった。

2023-2024

誰にともなく新年あけましておめでとうございます。

クリスマス休暇は恒例アメリカへ里帰り。友達に会ったり、家族と飲茶をしたり。20年も住んだアメリカなのに、1年に1度しか帰らなくなって、逆カルチャーショックというか、日々当たり前だと思っていた事柄がもっと客観的に見えるようになり、色々ビックリしたり、新鮮に思ったり、不便に思ったり。

やっぱり色々とにかくでかい、広い、だたっぴろい。物価は覚えているよりも2-3割かそれ以上高くなっている気がして、買い物も外食もしにくかった。

昔よく言っていたトレジョ(スーパー)でも、日本のスーパーニジヤでも、欲しいのは生鮮食品や冷凍食品ばかりで、後はなくてもどうでもいいかーと思ったり。もうこういうものが無くても平気な生活になってしまったということか。

アジア人が多いのも不思議な感覚で、日本のものもアジアのものもなんでも手に入る。ただ多様性という点では物足りない気もしなくはない。一番つらかったのが車が無いと身動きが取れないこと。自分の足で動き回る感覚がなく、毎日長距離移動(ロンドンからオックスフォードぐらいか)が当たり前なのは、ちょっと疲れてしまった。ものすごい運動不足。

それでも、1年もあっていなかった気がしないような友達との普通の会話や、アメリカでしか食べられないウォルナットシュリンプや大好きなフィルズのコーヒーを楽しんだり

しかし後半は実家の家族が倒れて右往左往、色々心残りのまま、機上で新年を迎えつつ家族3人、ロンドンに帰ってきた。あまりにあっという間の滞在、あれは夢だったんじゃないかとも思ってしまう。今はロンドンに自分の寝床があり、日常があるので、自分の今のホームに戻ってホッとした部分もあるが、日米英に分裂して存在している自分の意識をどう処理するべきなのか、どこが一番落ち着ける場所なのかわからなくなってきてしまった部分もあり、なんだか落ち着かない気持ち。

2024年はまた色々なことがあると思う。いつのまにか僕らも若いつもりが歳をとった、と歌の歌詞にもあるが、まさにそんな感じである。安定・健康・安心を構築しつつ、拡大路線を取れれば良いなと思う。のんびり、ボケっと過ごせたらそれもいいのかもしれないけど、そうしたくはない。後はそのための気力体力維持向上をしなければ・・と明日から仕事はじめというか無理やり年末放り投げて行った仕事に戻ることを苦々しく感じつつ、時差ぼけで寝られない頭で考えている。