愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

子連れウィーン旅⑫ ウィーン観察雑感その2

公園の隅っこにたたずむおじさん。誰かと思えば、フランツ・ヨーセフ皇帝。

塚本哲也さんのハプスブルグエッセイ本にも、

「ややうつむき加減に、いつもの軍服を着て軍帽をかぶり、たった一人でなにか物思いに耽っているよう」

「あ、こんな所にいたのかという思いがけなさとともに、一人立つ姿は孤影悄然という言葉がぴったり・・」と書かれていた銅像

携帯のズームを使って撮ったが、ちょうどこの時周辺でちょっと工事をしていたので、銅像がある芝生には立ち入り禁止の柵があり、余計に公園の隅で小さく、寂しく孤立しているようにも見えた。それが逆に妙に気になった。旅から帰ってエッセイを読み返し、あ、この銅像のことだったかと再確認した。

エリザベートやマリアテレジア、ヨハンシュトラウスモーツァルトなど、街のあちこちに堂々と、大きく建つ銅像に比べ、「同じ王宮公園でも目立たない一隅の、うっかりすると見逃してしまうような寂しい場所に建てられている。大ハプスブルグ帝国の末期に六十八年も君臨した皇帝とも思えないほど、地味な寂寥感のただよう銅像で、いかにも滅びてしまった帝国の哀れさを感じさせる」

後世の私達が勝手にそんなイメージを持っているだけなのかもしれないが、実際すごくぽつねんとしているのが気になって、つい写真を撮ってしまった。

分離派の皆さんの楽しそうな写真。これを見て、つい最初に頭をよぎったのは「おじさんばっかりだな」だったけれど(苦笑)保守的硬直的だったというフランツヨーセフだが、文化に関しては「豪華絢爛たる世紀末文化が花開いた時代」であり「人々が勝手に自分の意見を述べられる百花斉放の時代」だったという。

確かにシュンペーターとかハイエクだと、ウィーンというと芸術音楽の他にも、哲学やら経済やらの巨人が生み出された場所というイメージは強い。でもその時代のオーストリアと、今現在のオーストリアはまたベツモノの世界、というイメージもある。いずれハイテク先進国日本、というイメージも、こんな感じで過去のものになっちゃうのだろうか・・とふと思った。

キンダーミュージアムという子供向けに色々インタラクティブなアクティビティができるところにも行った。顕微鏡で虫を見るとか、工作お絵かきしたりできるようなところで、地元の学校からも子供達が遠足みたいな感じで沢山来ていた。

団体で来た子供達の荷物は、こんな感じで預かってくれる。こーれーはー盗難紛失防げてとても良い!

遠足の子供達にはもちろんスタッフがドイツ語(オーストリアのドイツ語と言うべきか)でレクチャーしていたが、うちの子供ひとりのために英語でも別にやってくれた。後は自由に走り回ってアクティビティタイム。ひとり言葉が通じないところで大丈夫かなと思ったが、じゃ行ってくる、と一人でばーっと走って行ってしまった小さいさんであった。

土と種を混ぜて泥団子を作り、持ち帰って水をかけると野菜が育てられる!というものを作ったが、EUの法律でオッケーということで、イギリスにちゃんと持ち帰ることもできた。それにちゃんと水をかけてお世話をする、という点では至らず、あっという間に枯らしてしまったのだが・・(苦笑)


  • 「アイネクライネなんとかかんとか」って喋ってる人がいた。ナハトムジークじゃなかった。
  • ウィーンの緊急車両は「ラーレーラレラレラレラレー」と低↓高↑。でも時々ドーソードーソーと高↑低↓バージョンもある。
  • 帰りの空港、進んでも進んでもセキュリティチェックが無い。えええ?と思ったら、各ゲートごとに金属探知機がついていた。そこに6人ぐらい担当者がやってきて、搭乗前に荷物検査をする。これだとセキュリティが混雑していて飛行機に乗り遅れる、ということも無いし効率的ですごく良い。ゲートを通過すると待合室があり、トイレも各ゲートごとについていた。小ぶりの空港だからできることなのだろうか。
  • 下調べゼロ、腰痛で行ってしまったウィーン、本当はもっと芸術音楽を堪能したかった。次は自分の楽器も担いで、本当に一人でゆっくりのんびり回ってみたい。ヨーロッパで初めてまた訪れたいなと思った場所かもしれない。

子連れウィーン旅⑪アポテケ・急に困ったこと

旅行前に仕事が詰んでしまい、毎日長時間オフィスで座っていたら旅行前日にとうとう腰をやってしまった。最近は腰痛でもそこまで酷くなければ動いて治すのが良い、ということになっているらしい。寝返りをうつのもソロソロとしなければならない程だったが、どちらにしろ旅先なのでずっと寝ているわけにもいかず、腰痛の割には随分良く歩いた。

持参したイブプロフェンも使い切ってしまったので、「ドラッグストア」風の店に最初行ってみたが、そういうところではシャンプーや洗剤などはあるが薬はなかった。薬が欲しければ、アポテケと呼ばれる薬局にいかないといけない。

宿の近くのアポテケは創業1551年。フランシスコ・ザビエルが来日したり上杉武田がわちゃわちゃやり始めた時代からある・・!

アポテケはカウンターがあるのみで、薬剤師さんに症状を説明すると奥からゴソゴソ薬を持ってきてくれる。一緒に湿布もいかがですかと言うのでそれも買った。普通に英語が通じるのがありがたい。薬が効いたかどうかは微妙で、旅の間はずっと痛かった。結局腰痛が完治するのに3週間ぐらいかかった。

さらに腰痛に加えて、滞在中に予定よりも早く生理まで来てしまった。普段ならそこらへんのスーパーで生理用品を買えばいいのだが、ウィーンは日曜日となるともう店はどこも開いていない。さらに時間は夜7時。週末営業していそうな店でもとっくに閉まる時間で弱ってしまった。

幸い普段から頼めば生理用品もハイハイと買ってきてくれる旦那が、近くのホテルに相談に行き、ハウスキーピングの人から生理用品を分けてもらって来てくれた。我が家はサービスアパートに泊まっていたので、すぐに相談して助けてくれる現地のスタッフもおらず、宿泊していないホテルのレセプションに旦那が駆け込んだのだが、フロントの人が親切に助けてくれたそうである。掃除の人はフフフ・・といった感じで分けてくれたそうだが、同じ西ヨーロッパの国だからと、いつもの感覚でいてはいけないなと反省。

ある旅行者は、週末スーパーに生理用品を買いに行ったら、生理用品の他にオムツやティッシュが並んでいる棚の鍵が閉められていて、週末は法律で売れないことになっていると言われたそうな。そういう時は、週末開いているアポテケを探して買いに行くしかないようだ。アポテケもたいていは週末閉まっているけれど、緊急用に必ずどこか一つは空けているらしい。そういう「当直」アポテケはどこか、ウェブサイトに掲載されてはいるのだが、全部ドイツ語だし、遠い店しか開いていないこともある。

ううむ、ということで、旅行の際にはとりあえずそこらへんの準備は、予定日でなくても念のため忘れないようにしたほうが良いようです。

子連れウィーン旅⑩街のこと観察雑感

ウィーンでの細かいこと色々観察雑感集その1。

水のボトルキャップがこんな感じになっていた。このリングに指をひっかけたりして持ち運びできる。合理的と感心。まあそろそろ、ペットボトルを買って水を持ち歩くことへの見直しを迫られてはいますが。

地下鉄はボックス席になっていて、吊り広告ではなく吊り雑誌がぶら下がっていた。そういえばロンドンの地下鉄にも広告はあるが、のれんのように大量に広告がぶら下がっているのは、今のところ日本でしか見たことがない。雑誌はちょっとボロッとなっていて、手に取らなかったがタウン誌っぽい感じのよう。

地球温暖化抑制に取り組むサミットが滞在中にあったようだ。ゲストスピーカーはシュワちゃん。思えば彼はオーストリア人の出世頭。この団体のウェブサイトを見てみたら、毎年イベントを開催しているらしく2020年にまた「We'll be back」とのことだった。

宿はセセッションや歌劇場などすべて歩いて10分もしないで行けるアパートメントホテルにとった。上階2階が宿泊施設で、あとは一般のアパートやオフィスになっている。入口のタッチパネルでチェックインするシステムだった。モダンに改装してあるが、建物自体はとても古く、昔の彫刻が残った中庭があったり、恐らく奥まで馬車で乗り入れたんだろうと思われる大きな扉があったりする。

雨もよく降ったが、窓の向こうにはどこかの教会のとがった屋根が見え、雨が窓に打ち付けられるのはとても風情があって良かった。同じ通りにスパー(日本でもコンビニとしていくつかあったような)というスーパーがあるので、朝食やちょっとしたものはそこで調達してとても便利だった。

今回もまたロンドンにいるより、ああまさに今ヨーロッパにいる・・という感慨が強かった。もちろん観光客が行くようなところばかりウロウロしたから余計そう感じるのかもしれないが、文化と歴史、芸術まさにここにあり、という感じがすごい。

ちょっと道を歩くとこんな風景に当たるのだから、ニヤニヤうひゃうやしてしまう。

しかし同時に、昔はここにナチスの旗がはためいていたのだろうな、と想像すると複雑な気持ちでもある。ナチスに併合された形のオーストリアだが、ヒトラーは熱狂的に迎え入れられたというし、ユダヤ人の排斥も焼き討ちもすごかった話は良く聞く。公園沿いでも、ホロコーストを生き延びた人達のポートレートを並べた展示があったりした。

ハプスブルグの歴史文化的観点のオーストリアは好きなのだが、自分が持つ現代のオーストリアに対するイメージは今までかなり微妙であった。

学生時代インターン先で一緒だったオーストリア人の女の子が、台湾人とのハーフということで、偏見差別でずいぶん辛い思いをして育ってきたという話を、えんえん聞かされたのがオーストリアとの初めての接点だったからというのもある。極右政党台頭のニュースなど、見るたびに彼女のことを思い出していた。観光客として訪れるのは素敵でも、住んで社会に溶け込もうとなると見えてくるものも随分違う、こればっかりは。

とはいえ、ナッシュマルクトの周辺などは中華食品店が随分あるのに驚いた。あちこちに寿司屋も随分あった。ロンドンの我が家の周辺よりもアジア系の食べ物は充実していたかもしれない。寿司と中華とタイ料理をいっしょくたに出すようなところもあったけれど。

ゴシック様式の美しいシュテファン大聖堂。しかしサムソンの広告がしれっと貼ってある。中にも入ったが、前世が悪魔だったのかどうか、キリスト教美術や教会に長時間触れているとムズムズ落ち着かなくなるため、ここもそそくさと出てきてしまった。

子連れウィーン旅⑨美術史美術館

閉館1時間半ほど前に、美術史美術館に駆け込んだ。

1891年、ハプスブルグ家所有の美術品保管と一般への展示のために開かれた美術館。単なる美術館でなく、「美術史」美術館というからには、ここにある展示物で世界の美術史が語れてしまうということか。

しかし展示もさることながら、この美術館はその建物自体が美しい。

そしてインスタ映え映えもいいところの、世界一美しいともいわれるカフェもある。

本当ならば、あわただしく展示物を見るよりも、こういう雰囲気にゆっくり浸りたいものであるが、そこはもう、ワチャワチャした夫と8歳児(当時)連れの旅となるとなかなかそうもいかない。

カフェもちらっと見ただけで、「ハプスブルグ家の黄金キラキラコレクション見に行こうぜ!」とキラキラというよりギラギラな皿や容器を見るのに随分時間を取られてしまった。

・・・やっぱり次回、ウィーンはひとりか女子旅でまた来たいところだ。

やはり気になるハプスブルグ家の顎問題。

近親婚の結果でこうなったという説と、ちょっと実はそれだけじゃないという説と、色々あるようです

短い時間の間にやはり見ておきたかったのはブリューゲル

有名なバベルの塔もだけれど・・

貴族の肖像画や宗教画より、当時の庶民の暮らしや感情が見て取れる絵は楽しくてずっと見ていたくなる。

そしてよく見ると・・下のほうに、木の棒でう〇こをツンツンしている子供・・?

Wikipediaにはちゃんとそれぞれの子供の遊び方解説図(この表の27番)まであり、それによると、やはりドクタースランプ的な遊びだったよう。まさか鳥山明ブリューゲルにヒントを得て・・?(違)

テーブルに置かれたパン、天板に並べて焼いて膨らんで、パン同士がくっついてこうなるのは昔も一緒、などと本当にどうでも良いところばかりをずっと楽しく見ていた。そして確かに当時はフォークはなく、ナイフだけで肉を食べていたのも良くわかる。

エジプト文化も大好きな娘、ミイラが怖い夫、娘のリクエストで頑張ってエジプトコーナーにも足を踏み入れて終了。閉館前なのでどんどん人がいなくなり、閑散とした中余計怖かったらしい。

私は本来の展示よりも、こういうものばかり見つけては喜んでいた。昔の人、展示物べたべた触りすぎ。

この他にもこの美術館にはフェルメールなど、世界でも有数のコレクションがたくさんある。随分駆け足だったのでだいぶ見逃してしまったし、見るのに夢中で写真を撮らないことも多かったが、ヨーロッパに住むようになってから、ぱっと簡単に本物のアートを見ることができる環境になり、逆に本物疲れ(?!)した中で妙に印象に残ったのが、半地下にあるトイレ近くに展示してあった、子供が美術ワークショップで描いたらしいこんな作品

これが

こうなる!

壁からも剥がれかけているような絵だったが、このデフォルメ感の妙。踏んづけられている人もだし、踏んづけている天使もオリジナルとはだいぶ違うがなんだかすごくいい。一瞬、これ大人がふざけてヘタウマ的に描いたのか?と思う位だが、なぜかぎゅっとつかまれてしまった。子供ってすごいなw

閉館した後は、何かイベントがあるらしく、フォーマルドレスを着た人たちがぞろぞろと入ってきた。着物の日本人もちらと見かけた。

子連れウィーン旅⑧ウィーンの美味しいもの集

ウィーンでソーセージしか食べなかった、という旅には絶対しないぞ!と少しは頑張った、ウィーンで食べたもの集。

黒いラク

おされエリアをふらふら歩いているときに見つけて入ったお店。恐らくガイドブックにも載っていそう。1618年創業だという「黒いラクダ」という名前のお店です。創業元和4年。江戸幕府が出来てからそんなにたってない頃か。ちょうど東照宮が建てられた翌年に、このお店も開きました(なぜ比べる)。

テラス席で皆さん優雅にコーヒーやワインを楽しんでいますが、私達が色めき立ったのはこのカナッペ!カウンターの素敵なおば様が、これがおいしいわよー、などと色々おすすめも教えてくれて(どれだかは忘れてしまった)頼んだのがこちら。

手前は納豆のようにも見せますが単なる豆です。ハムやスモークした魚、カレーマヨのコーンなどなど。1個1ユーロちょいとお手頃。これをテラス席でいただきました。

この時はお天気も良く、白いブレザーを着たウェイターさんが給仕してくれるテラス席に座り、石畳と石造りの建物に囲まれてインスタ映えなカナッペをいただく・・ああこれこそヨーロッパ、といった感じで完璧なシチュエーションでした。

ここで特に良かったなあと思ったのはコーヒー。普段は目覚ましにアメリカーノやラテなどそれなりに量のあるコーヒーをマグカップでがぼがぼ飲む・・という節操のないコーヒーの飲み方をしてきました。でもここで頼んだエスプレッソが非常に美味しくて、ああ本来コーヒーってこういう風に少量をゆっくりいただいても十分満足できるものだった、というのを実感しました。さすがにウィーンといえばカフェ文化、なだけはある。

しかしカナッペ(お店ではサンドイッチと呼ばれていた)は少量をゆっくりいただいても満足しなかった食いしん坊の陳家、再度お代わりに立って追加注文してしまいました。

こういうの、家で作りたいなあと思うんですが、できても2-3種類が関の山。やっぱり家庭だとここまで色々作るのは難しい。

なぜ店名が「黒いラクダ」なのかというと、創業者の名前がCameelさんだったからで、そこからラクダ(Kameel)がつく名前にしたんだそうです、って江戸時代のウィーンのダジャレだったんかーい!創業当初は輸入食品やスパイスを売る店だったんだとか。

Zum Schwarzen Kameel

シーフードのファストフードチェーン

全般的にヘヴィな食べ物が多かったウィーン、合流したKちゃんとNTKおじちゃんとのディナーも、お互い昼に食べたものがまだ腹にたまっている状態だったので、なんかもう軽いものか適当なもんでいいよね・・と入ったのが、あちこちに店舗があるNordseeというシーフードのチェーン店。

もともとはドイツの漁業会社が展開したレストランらしく、ドイツやオーストリア、スイスやハンガリーなどにも店があります。ニッスイとかカネテツがレストラン事業するみたいなもんか(知らんけど)。

カウンターではそれこそフィッシュ&チップス的なものや、フィッシュサンドなどが買えますが、もちろん旅先だろうが山の中だろうが、どこにいても寿司を食べたい小さいさんが、ここに並んでいたパックの寿司を見逃さなかったのが、主な選択の理由ではありました(苦笑)

グラム単位で買えるアンティパスト的な料理もあったので、大人はこういうのを頼みながらワインをちびりちびりやりました。

地元っぽいカジュアルな店

宿の近くにあったオーストリア料理のカフェダイニングみたいなお店。我が家が泊まっていた場所は、それこそ博物館や歌劇場にも近い、観光地ど真ん中的な場所だったけれど、そんな中で地元の人がPCで何か作業していたり、友達とわいわいご飯を食べていたりするお店でした。

色々な国の国旗の色に塗ってあるこんなピッチャーも棚に並んでいます。ここからコップに水を注ぐとガボガボすごい音がする。このピッチャーはお店で売っていました。

子供が頼んだのは、またまたシュニッツェル。

宮沢賢治の「オツベルと象」には「六寸ぐらいのビフテキ」が出てきましたが、これは六寸どころではないシュニッツェル。どちらかというと「雑巾ぐらいの」シュニッツェル。っていってもお肉を叩いて薄く伸ばしたものではありますが。

食べてみたかった、グラーシュ。牛肉のパプリカ煮込みシチュー的なものです。もともとハンガリーの料理らしいですが、重いながらに美味しかった。

でも一番ホッとしたのは、パパが頼んだこのコンソメスープかも。昔は日本の洋食店なんかでもこういう感じのスープが良く出てきた気がするんですが、最近はどうなんでしょう。アメリカ暮らしでは(イギリスでも?)今までお目にかかることのなかったクラシックなスープ。マギーブイヨンではない、本当にちゃんとしたスープ。これは懐かしくてパパのですがだいぶ横取りしてしまいました。

Burg.Ring 1

季節のアスパラと海原雄山思い出のスープ

5月のウィーンはちょうどアスパラガスの季節。何かドイツ語圏の人達にとって、この時期にとれるホワイトアスパラって、春のタケノコみたいな感じのスペシャル感があるらしいです。

季節もんだし、これは食べない手はない!と、今度はアスパラガスがメニューにあったお店に行ってみました。伝統的な感じのレストランに、KちゃんNTKおじちゃんも一緒に帰国前のディナー。

当然のごとく、パンとビール。

そしてこちらが、季節限定ホワイトアスパラ!ホワイトアスパラって、日本では缶詰か瓶に入ったぐにゃっとした歯ごたえのものしか食べたことが無かったので、あまり好きではない野菜でしたが、これはさすがに硬すぎず、柔らかすぎずいい感じに調理されていました。これに、オランデーズソースをかけていただきました。

これを食べると春の訪れを感じるようですが、この日は雨がザンザン降り。

臓物好きなパパは仔牛のレバー。

子供はホワイトアスパラが載ったパスタをいただきました。

前回パパが頼んだコンソメスープが美味しかったので、またあれば頼みたいなあと思ったらありました。しかもこのスープ、パンケーキ入り!そう、「美味しんぼ」を読んだ人なら知っているかもしれない、海原雄山が昔弱った時に奥さんが作ってくれたという、愛情と滋養溢れるパンケーキ入りのスープ・・・このことだったのか!

パンケーキといっても、ふわっふわのホットケーキがはいっているわけではなく、クレープ状のものを細く切ってスープに入れてあります。スープだけよりは、確かにお腹にたまります。そしてほおっておくと、この「パンケーキ」がスープを盛大に吸って、中でぶわーと膨張してしまうので、スープを堪能したい場合は早めにパンケーキのほうを処理したほうが良さそうです。

正直なところ、スープがとても美味しかったので、パンケーキは邪魔な気もしましたが、思いがけないところで、長年いったいどんな味なんだろう・・と疑問に思っていたスープを試すことができてラッキーでした。オーストリアのドイツ語ではFrittatensuppeと言うらしいです。

ホテルの一階に入っていたこのレストランもなかなか良かったです。ウェイターもおしゃべりで陽気なおじちゃんでした。帰るときにはなぜかみんなでこのおっちゃんと握手w

www.schick-hotels.com