愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

ロンドンの馴れ馴れしい鳥達

ロンドンにも色々な鳥がいます。意識してあまり撮っていないとはいえ、Google Photosで[birds]と入れて自分のアルバムを検索してみたら、それなりにありました。

「なー、なんかよこせやー。なー。なーて。」

バッキンガム宮殿に隣接するセントジェームスパークにて。ここら辺の鳥は、観光客慣れしすぎているのか、人を見ると一目散にやってきました。

こちらも同じ種類ですね。調べたら灰色雁(ハイイロガン)のようです。こちらはリージェンツパークにいました。

カササギ?バタシーパークにウロウロしていました。

ウィンブルドン・コモンにいた白鳥。白鳥も綺麗ですが人慣れしすぎていて、ちとふてぶてしい。食べ物をもらうのに慣れすぎている感はありありですw


ハイドパークの白鳥はもうその最たるもので、じりじりじりじり視線を合わせて寄ってきます。

ハイドパークにいるエジプシャン・ギース、エジプト雁。その名の通りエジプト原産だそうで、イギリスには連れてこられた系。アメリカでは動物園で見たなあ。

ハイドパークには野生のオウムもいます。特定の木のところにいて、人の手からご飯をもらいます。だいたい観光客が木の周りに集まっていて、手を差し出しながら上を見ているので、場所がわかりますw 

そして最後はロビンちゃん。これはワンズワース・コモンの公園で子供が遊んでいる間にパパと芝生に座っていた時に寄ってきたもの。パパのカバンの上に乗っかり、こちらをジーーーーッと見つめていたかと思うと・・

こんなに近くまでにじり寄ってきました。この後も20分ぐらい、私たちの周りをウロウロ(毛並みがボサボサに見えるのは、この日は結構風があったため、風になびいている)。

ずっと地面にいて、私たちの周りをぐるぐる回るので、怪我でもしてるんじゃないだろうか?と心配になりましたが、パパが何か買ってくるから待っといで、と買い物に行ったらしばらくして飛んでいってしまいました。なんだったんだろう・・・

こうやって見るとロンドンの鳥はずいぶん馴れ馴れしい。って、多分寄ってきた鳥の写真しかとってないからだw

他にもフィンチみたいな小さな鳥が家の周りの木にいたりするので、へぼい携帯カメラでどれだけ撮れるかわからないけど、見つけたら撮ってみよう。というわけで id:Tpong さん、現地からのレポートは以上です。