読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

 ミラノの車窓から。

旅・イタリア


ホテルの窓の前を、ぬぉー、ぐぉー!と朝も深夜も音をたてて走っていたトラム。サンフランシスコ在住のみなさん、ちょっと見覚え無いですか?


DSC09759


このオレンジトラム、サンフランシスコのダウンタウンも走ってるんですよね。ユニオンスクエアとか、フィッシャーマンズワーフ界隈を走るサンフランシスコのトラム、なぜか世界中のいろんな車両が使われていて、ミラノのこのオレンジトラムも走ってるんです。だから何かこっちが本場・本物のはずなのに、変な感じ。あれか、南米の地下鉄で古い丸ノ内線が走ってるみたいなもんか。


このトラム、乗ってから料金を払うもんだと思って乗ったものの、運転席の近くに料金箱も何もない。どうやって乗るの?正解は、街角にたくさんあるタバコ屋さんから切符を買って、それを車内にある処理機に挿して時間を印字して、そこから先何時間かは乗り放題、というシステムらしいです。最初はアホな観光客なのでそれがわからずに無賃乗車を致しておりました。でも、切符を持ってるかなんて、誰もチェックしに来ない。なのでそれ以降はアホな観光客の「ふり」をして無賃乗車を致しておりました。ごめんなさい。でも地元の人も切符を持って乗ってるんだか実際はわからない感じだったし、イタリアの交通システムの財源はどうなってるんでしょう。政府とかからいっぱいお金もらってて気にしないのかしらん。


そんなミラノの、しかもトラムの中で最初に覚えたイタリア語が「フェルマータ」。トラムのアナウンスでいっぱい言うのだけれど、そうか、「止まる」か!音楽用語でも使うし。気がつけば、音楽用語にイタリア語は結構あった。


そんなミラノの車窓から。カドルナという駅にフェルマータしたころです。



石畳の舗装がいい感じです。