愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

同じアホなら踊らにゃ損。

誰が何を好き好んで、太陽も出ないうちに起きて、重い自転車やら車に積んで1時間ほど運転したと思ったら、変なつなぎを着て冷たい水に飛び込み、他の人たちに蹴られたり引っかかれたりしながら前に進んだり、パンクしたりクラッシュしながら自転車に乗ったり、さらに炎天下の中を走ったりするんでしょう・・・。ということで、旦那に付き合って、4時半起床でトライアスロン大会の会場へ。今回のレースは公園の中にある湖を1.25キロ泳ぎ、自転車を40キロ漕ぎ、その後10キロ走るというコース。


いつものことですが、養殖の魚のごとく、しぶきをあげて進むスイマー達。


DSC07230


年齢別にスタートします。一番参加人数が多かったのは意外にも、40代の女性グループ。


あとは旦那が水から上がるのをひたすら待ち、声援を送り写真をとり、ウェットスーツを脱いで着替えて自転車でいくのを見送ったらひたすら待ち、戻ってきたらまた声援を送り写真をとり、自転車用の靴を脱いでランニングシューズに履き替えて走っていくのを見送ったらまたひたすら待ち、ゴールに近づいてきたらまた声援を送り写真を撮る。


やってる本人は運動しているからアドレナリンでまくりなんですが、私は寝不足な上に炎天下でぼーっと待つだけ。しかも運動して充実してる人達をぼーっと見てるだけ、っていうのはかなりキツイ。私も走りたいよ〜!やっぱり同じアホなら踊らないと徹底的に損。自分の体力に挑戦というか、忍耐系というか耐久系というか、自分との戦いというか、傍から見ると、とにかくやってて何が楽しいんだ?と思われるこのスポーツ。でも走るだけでもそうなのだけれど、ゴールしたときの達成感といったら無いんですよね。で、やめられない。でもオープンウォータースイミングが絶対ダメなので、私はトライアスロンだけはしません。


ゴール地点では、自分の子供をつれて一緒にゴールするパパやママがいたり・・・


DSC07233


DSC07235


今年はゴール地点でプロポーズした人もいました!二人ともこのレースに参加していたのだけれど、ボーイフレンドのほうが先にゴール。沿道にいる家族や友人にも協力してもらって、「Will you marry」まで書いてあるサインをゴール直前の沿道で彼女に見せて、彼が「Me?」って書いてあるサインをもってゴールのところで待ってる、というもの。後からゴールしてきた彼女はぎゃー!って喜んでました。そして、ひざまづいて指輪を渡してるところ。左の坊主のお兄ちゃんです。足元にMe?って書いてあるカードが落ちてる。笑↓


DSC07234


司会の人は、いやー、よかったね、あのYoutubeの人みたいにならなくて。って言ってましたが、何かフットボールスタジアムか何かで、電光掲示板かを使ってプロポーズしたのはいいけど、彼女に「No」っていわれちゃった人がいるらしい。それでそれがばっちりYoutubeで流れてるらしい・・・かわいそうに。



旦那もよくがんばったし、せっかくここまで来たので、南インド料理屋さんSaravana Bhavanに寄りました。このお店、クアラルンプールであまりにもおいしくて通ってしまったインド料理屋さんの支店なのです!

marichan.hatenablog.com

というか、この店はチェンナイに本店があって、世界中に展開しているらしい(ドバイとか、ニュージャージーとか、南インド人がたむろってる場所中心ですが)。ホテルも経営しているらしい。ほう〜!


クアラルンプールのお店は、日本の喫茶店ぐらいの大きさでこぢんまりしていたけれど、ここはさすがシリコンバレー、郊外にどーんと、昔ここファミレスだったでしょう?みたいな内装のお店になっています。注文もPDA使ってとってるし。日曜のお昼だったので、インド人の家族連れがいっぱい。


インド料理といっても、マレーシアに住むインド人だけが食べるインド料理、っていうのもあるので、マレーシアで食べたものとは微妙に違ってたかな?そしてやっぱりアメリカンサイズでどーん!と・・・


DSC07238


でもこれでもトータル18ドルちょっと。安い!ベジタリアン料理とはいえ、結構重かった、でもインド料理大好き陳家には幸せなひと時でした。