読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

バグダッドの中華料理店


In Baghdad, Chinese is takeout only


世界中どこにいっても中華料理店はある・・・というのは本当で、どんな小さな島にいってもそこにはチャイニーズがいた。バグダッドのしかもグリーンゾーンの外にレストランを構えたこのおっちゃん(陳さん)はアラビア語をしゃべり元武器ディーラーで、宮保鶏丁を4年分は作れるほどの材料を中国から持ち込んで商売をしているらしい。マーケットで襲われたり、自爆テロに遭ってレストランがぐちゃぐちゃになったりこれはすごい・・・。恐るべし、チャイニーズパワー。