愉快的陳家@倫敦

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

粉もんパラダイス!サンマテオの上海料理2軒

家族飯は必ず飲茶か広東料理という苦行を強いられている我が家。なのに自分たちで自由に食べるものを選べる時にも、中華に行ってしまうのはなぜでしょう。いや、広東料理じゃあないものが食べたいだけなのです。その中でも最近よく行くのが上海料理屋さん。小籠包も上海ですしね。色々面白い上海小吃を試してみるのはなかなか楽しいです。

Zen Noodle Bar

カルトレインのサンマテオ駅から数ブロックのところにある小さなストリップモールに入っています。ちなみに隣は唐揚げバーガーのお店。

ラミネートされたメニューにマーカーで印をつけて注文するシステム。子供2人、大人3人だったので水餃、涼拌干絲、拌黄瓜、辣肉湯麺など色々頼みました。

写真には入ってませんが、ここの葱油餅に、一緒に行った子供ががっつきました。普段あまり何を食べても美味しいと言わないそうなんですが、ずいぶんたくさん食べたのでお母さんもびっくり。どちらかというとかなり揚げた感じのものだったのですが、ツボにはまったようです。

そして生煎包。ここのはふかふかの、肉まんのような生地のものを、底をカリカリに焼いてあります。思えばずいぶんたくさん頼んだけど、粉もんたっぷりでお腹がずいぶん膨れました。

ちなみにシリコンバレー周辺の仲間の間では、「Facebookに話を聞かれているんではないか疑惑」が時々話題になります。検索したりウェブサイトを見たわけでもないのに、誰かとオンラインなりリアルで会話をした内容に合致した広告がFBにあがってくる、という・・。

私も何度か経験があるんですが、今回はこの日一緒にご飯を食べたお友達が普段から使っていてオススメしまくっているオンラインサービスの広告が、家に帰ってFB開けたら一番に出てきて驚きました。今回はこの話しなかったのに、会っただけで出て来たのか(!)

Zen Noodle Bar
668 E 3rd Ave
San Mateo, CA 94401

上海人家

日本語風に書くとシャンハイレンジャー!Zen Noodle BarはこぢんまりしたB級グルメ風なお店ですが、ここは円卓が並ぶフルスケールのお店です。土曜日のお昼に家族3人で行ったらとても混んでいて、しばし待ちました。待っている間にも、厨房から運ばれてくる色々な料理に目が釘付けになります。

結局大きな円卓が空いたので、他の2組のお客さんとご相席しました。これも中華料理屋ならでは。頼んだ食べ物が円卓に並べられるのですが、相席なのでいつものようにぐるぐる回して取れないのが逆に辛い!笑

蘿蔔干毛豆。大根の古漬けのようなものを細かく切って、枝豆と和えてあります。ちょっとしょっぱかったけれど、癖になります。お酒のつまみにもいけそう。子供には不評でした。

雞絲粉皮。緑豆の粉でできたシートと、鶏肉を麻醤で和えたもの。つるんとさっぱりいけます。個人的にはお肉が入ってないのをつるつるっといきたかったかも。

ぼやけていますが、子供のために頼んだ野菜たっぷりの麺。写真ではわかりづらいですが、洗面器ぐらいの大きさがありました。

小籠包〜!普通にうまいよ!

隣に座ったカップルは、洗面器ぐらいの麺を1人1個ずつ頼み、さらに水餃も注文していました。量が多いですが、だいたいみなさん「打包(お持ち帰り箱)」に入れて持ち帰ります。

向かい側に座ったカップルは、年糕を炒めたものを。年糕というと広東ではもち粉のケーキ的なものですが、上海料理では韓国のトックのような、薄切りにしたお餅になります。さらに彼らはデザートに八寳飯(もち米の上に色々干した果物を甘く戻したものなどが載っている)も頼んでました、ずいぶん腹にずしっと来たのでは・・。

広東料理以外にいろんな中華料理のチョイスがあって嬉しいベイエリアですが、結構スタッフは広東人なことも多い。ここでもパパが北京語で注文していたら「あんた広東人だろ!広東語でいいよ!」と元気なウェイターのおっさんにつっこまれていました(笑)。

メニューには鯉とか鰻料理なんかも載っていました。鯉はいいけど鰻はちょっと興味あるかも・・。

上海人家(Little Shanghai Restaurant)
17 E 25th Ave
San Mateo, CA 94403