読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

妊娠35週目

妊婦日記
  • 妊娠も後半戦となると、特に大きな変化は無し。小さいさんは相変わらず好き勝手な時にぐりぐりうにうに動きまわる。ただし以前より「え、よっこらしょ」度は高くなる一方で、ソファから立ち上がったりするのに旦那にひっぱってもらったりすることも。ただし寝付きは非常によく、妊婦用のクッションが無くてもぐっすり寝られています。
  • この週は2週間ぶりの検診。前回やった検査も問題なく(産道感染を防ぐために、膣の中にバイキンが無いか調べるテストがあった)、全て順調。内診の結果でも、多分この調子だと予定日ぐらいに生まれるんじゃないかな、とのこと。最近胃が圧迫されている感覚があるし、どうも小さいさんは、下に下がっているというよりは、上にせり上がってるんじゃないですかねぇー、なんて話をする。まあ順調なんで次の検診も2週間後でいいっしょ、ということに。小さいも私も、なんとも手の掛からない患者のようです。
  • 検診の帰り、ちょっと買い物に寄ったH&Mで、いきなりお客さんらしい男の人に「○○病院ってどこにあるんですか」と聞かれた。「ガールフレンドが陣痛促進剤を使って双子を出産するので」とのこと・・・。ってか、そんな大事な時になぜこんなところにいる?双子を促進剤で産むって、普通計画的にやるから事前に場所ぐらい知ってないとじゃないか?!など色々思うが、場所を教えてあげた。すると「今何ヶ月ですか」「男の子か女の子か」と聞いてくる。まあ道端でこういうことを聞かれることはたまにあるし、父親になるのだったら余計興味はあるのかもしれないとは思うものの、もうちょっとあわてて病院に行ったりしないものか?!でもまあ普通に答えていたら最後になぜか「お腹に触ってもいい?」・・えーやだ!ドン引き!普通そんなこと聞くのか?なんだったんだろう一体。最近日本で赤ちゃんや子供にまつわる色んな事件が起こっているのをニュースで目にするたびにココロを痛めているのだけれど、悲しいけれど世の中どんな人に何をされるかわからない時代・・・小さいのことは私がしっかり守らないと、と思った。
  • ここのところ、寝る時に喉を圧迫されているような気がする。旦那にいびきをかいていないか聞いてみたが、かくとしても5分ぐらい・・・だそうだ(でもかいてるのか・・・)。たまに、起きているときでも鼻の奥が「ふごっ」という時もある。同僚と話している時にしゃべりながら「ふがっ」と一発やってしまい、ちょっと恥ずかしかった。
  • 朝起きると、指がガチガチで、グーを作るのがさらに辛い。指をいちど曲げると、元に戻らない。これは「ばね指」というそう。ホルモンの影響でこういうことが起こるらしい。マッサージの人には全然大したことはないと言われたけれど、足もちょっと浮腫んできた気がする。触ったら凹んで元に戻らない、という程のものではないけれど、何か足がでかくなったような。
  • あと1週間会社に行けばもう産休。もちろん小さいが生まれれば忙しくなるだろうけれど、生まれるまでの間、何をしよう・・・と結構手持ち無沙汰になりそうな予感。ヨガのクラスやら、色々なイベントやら、読みたい本やら作りたい料理やらをリストアップしてみる・・・が、果たしてできるのか主婦生活。ちょっと心配。