愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

 仮装都市


サンフランシスコは仮装都市だ。ハロウィーンに限らず年がら年中仮装している。別にコスプレというわけではなくて(そういう人もいるけれど)、70年代だ80年代だとか、何かというとテーマを決めて仮装して出席するパーティーが多い。仮装して走るジョギングレースもある。街中にコスチュームを売る店や、ビンテージにもならないようなものばかり売っている古着屋も多くて、最初に越してきたときは驚いたのが、需要は十分にあるのだった。いつ必要になるかもわからないので、古いファッションの服や小物もおいそれと捨てられなくなってしまった。


近所にも小さなコスチュームショップがあって、舞台衣装なども売っている。ぱっと入っていって、「海賊になりたいんだけれど」とかいうとお店の親父が「あるよ」といって一式出してくれたりする。何を言っても大体そろうところがすごい。もちろん今はハロウィーンの季節なので、お店は大繁盛である。ハロウィーンが終わると次はクリスマス、新年、バレンタインにイースターと、小道具が必要になるパーティーの季節は終わらない。サンフランシスコでは売っているコスチュームの変遷で、季節の移り変わりを感じるとでもいいましょうか。


週末は友人宅でかぼちゃをくりぬき、みんなで品評会


87670754503_0_BG


このゲロ吐いているかぼちゃが秀逸


967832754503_0_BG


さらに別宅で仮装パーティー。今年は私も含めて妙にアフロが多かったです。アフロ再来か?しかしももひゃんに借りた4倍アフロも、この人のには負けた!!


DSC05598


ハロウィーン当日も仮装で出社予定・・・ちょっと仮装疲れ