愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

バルク料理


稼ぎに出ている間は、朝は私がダンナよりも早く家を出て、家に帰り着くのも私のほうが遅い。朝起きて私が大急ぎでシャワーを浴びている間にコーヒーを入れたりしてくれるのもだんな。家に帰って晩御飯を作っていてくれるのもだんな。共働きとはいえ、ありがたや・・・。でもどうしても晩御飯の時間が8時とかになってしまうので、休みの間に作れるものを作って冷凍してしまえ作戦。1日で枝豆コロッケと餃子を大量に作りました。しかも何を血迷ったか、餃子は皮から。粉300グラムに水4分の3カップで40個作れます。ただ粉に水を混ぜてこねればいいんで、簡単ですよ。


しかし私は水の分量を間違えてしまい、結構やわらかい皮ができてしまいました・・・。麺棒で伸ばして皮を作り、重ねておいたら、餃子の皮の山が、ただのタネの山に戻ってしまった!!仕方ないので、タネを手でちぎり、手で伸ばしながらお肉を包んでいきました。結構もちもちとした水餃子が出来上がり。なんだか最近、ほんわか主婦日記になりつつあるなぁ・・・。