愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

【本棚総ざらい1】Woman in Black

図書館や本屋にある本を全部読みたい、料理本に載っているレシピを全部試したい、と絶対実現不可能な衝動に駆られることが多々あるのだが、今は家にある活字という活字を全部読み尽くしたいという衝動に駆られている。それくらいなら時間をかければできるかもしれない。

夫がsci-fiやホラー系のBook Exchange(不要になった本を交換する会的なもの)に行っておススメだと貰って来た本。薄いので思わず掴んだ。

夫は最近英語版の横溝正史を初めて読み、どの文化にも田舎のダークな秘密的な話があるのだなあ、と言っていたが、この話はまさに、イギリスにおける横溝正史チックな世界の話。といっても、こちらは探偵ものではなく、ホラーというか、ゴーストストーリー。

舞台は日本でいったら大正時代。ロンドンの若い弁護士が、上司に言われて、ある土地で亡くなった老女の遺産整理に行く。

その老女は潮が引かないと到達できないような、周囲を沼地に囲まれた場所にぽつんと建つお屋敷に一人で住んでいた。他に身寄りもない。しかしその町の人に話を聞こうとしてもその老女の名前を言うと、皆一斉に口をつぐんでしまう。何とか村の祟りジャーみたいな感じじゃないか!

さらに老女を埋葬した真昼間の教会で、不気味な黒い服を着た女の姿を見る主人公。しかしそのことを口にすると、さらに周囲の反応は・・・。

という訳でこの若者はひとり、お屋敷に滞在し、遺産整理に必要な書類を探し、整理しないといけない。けれど、屋敷の内外で色々不穏なことが起こり始める~でも逃げようにも周囲はズブズブの沼地、おまけに霧が立ち込めて何にも見えない・・ギヤァァァ~スケキヨ~(違)

うすら寒い吹きっさらしの土地、外の世界へのアクセスが無い不気味なお屋敷・・はなんとなくアガサクリスティの「そして誰もいなくなった」も思い出す。やはりイギリスに住んでから読むと、空気感や青グレーな色彩も簡単に想像できる気がする。

話としては、非常に正攻法なゴーストストーリーという感じであり(そんなに色々知っているわけではないが)なんとなくこうなるんだろうな~と顛末は見えるような気はするものの、じわーりじわーりと主人公が追い詰められていく感覚を一緒になぞって怖いな~怖いな~と感覚を楽しんだ。

感想としては、実際に主人公が幽霊に悩まされているシーンより、最後の数ページが一番怖い。あと幽霊にロジックを求めちゃあいけないんだろうが、恨みを晴らす線引き、どないすんねん、と思った。成仏っていう概念が西洋にないからか、質が悪い気もする。そういう点では日本の幽霊は義理堅いというかなんとなく幽霊としてもちゃんと貞節を守っている人(?)が多い気がした。

個人的には家の中で起こる怖いことより、屋外で起こる怖いことのほうが怖い。自然に囲まれて右も左も分からず、手も足も出ない感覚は、幽霊が関わっていようがいまいが怖いのはちょっと経験済みなので、それを思い出して静かに恐怖しつつ読んだ。

この小説じたいは1983年に出版されたそうで、中高の「国語」でも読まれることがあるらしい。舞台となっている時代も反映して、ゴシック小説と呼ばれるジャンルだそうな、思えばこういうの初めて読んだかもしれない。そういえば子供の英語の先生に、子供が書く文章がゴシック小説っぽくてなかなか良いと褒められたことがあったのだが、結構ダークなトーンで書いてるという事なのかいな・・

2度映画化されており、最近のやつはダニエル・ラドクリフが主演していた。ネットフリックスにあったので見てみよう。ウェストエンドでもう25年ほど舞台化もされているそう、しかももうすぐ打ち切りらしい。どうしよう、せっかくだから観に行こうか。

日本語翻訳本もあり