愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

2017子連れおギリシャ旅⑥ ギリシャの汚いビーチは私たちの楽園

ギリシャで誕生日を迎えたパパ。もうプレゼントも特に欲しない年齢だけれど、誕生日はビーチで迎えたいと、家族でアテネ郊外グリファダへ向かいました。

アテネの南に位置する海沿いの街グリファダは、週末になるとアテネの人達が泳ぎに行ったり遊びに行くスポット。東京から湘南に行く感じ?いやちょっと違うかな。無理に日本のものに当てはめる必要もないな。アテネ中心部から地下鉄に40分位か乗り、終点からタクシーに乗り換えます。

海岸沿いにいくつも海水浴場がありますが、今回はパパがセレクトしたアステリア(Asteria)ビーチへ。

乗せてくれたタクシーの運ちゃんはグリファダ生まれ育ちで、街の変遷や経済状況などについて色々話してくれました。昔はアメリカの空軍基地があり、アメリカ人の家族も結構住んでいたらしい。今はどちらかというとビーチリゾートのある高級住宅地で、億万長者が住むようなところでもあるらしい。今も駐在などでギリシャにやってくる外国人が多く住んでいるところでもあるそうです。

そして意外なことに、ここは韓国人が多く住んでいるんだとか。海運造船関係などで関係があるらしく、それが縁でここに居を構えているらしい。

ギリシャUberはどうなのと聞いたら違法らしく、やってる奴がいたら教えてくれ、そんな奴がタクシー乗り場周辺をウロウロしてたらボコボコにしてやる、と穏やかではないお返事。ギリシャのタクシー業も大変らしく、まずこのタクシー営業許可証を得るのにはじめに数百万円単位の支払いをしなくてはいけないらしい。それを返済するのでせっせと働かないといけない上に、税率がひどいらしい。最後は愚痴聞く大会になってしまった。

そして私達が向かうビーチについても、ここら辺のビーチは水があんまり綺麗じゃないんだよ、行くならここがいい、あそこがいい、あとはヴィーリャグメニという湖がなかなかいい、でもあの湖はガッと深くなるところがあって溺れる人もいるんだよ、でも本当にあそこのビーチに行くのかい、あそこは大して綺麗でもないし有名人やちょっと金持ちが格好つけに行くところだよ、と延々言うので、旦那いったいどんなところを選んだのだ・・と頭の中が「???」に。いやー子供もいるし、シャワーや更衣室がちゃんとあったところがいいと思ってねぇ、なんて答えてはいたのですが・・。

そんなこんなで下ろしてもらったところは、妙にモダンでオシャレな門構えのビーチ。しかも入場料大人1人30ユーロですと?!なんかおかしい、とよく見るとアステリア(Asteria)ビーチと言ったのに、間違えてめちゃめちゃ高級なアスティール(Astir)ビーチに連れてこられていたのでした。紛らわしい!!

どうもここはプラチナラウンジとかスパとかがあったりして、家族連れが質実剛健にワイワイ遊ぶビーチというわけではなさそう。仕方がないので、対向車線を走ってきた別のタクシーを急遽捕まえて、本来の目的地へ。

ギリシャのビーチは、ちょっとお金を払ってパラソルやビーチチェアを借りるシステムのところが多く、そこにちょっとレストランや売店があったり、シャワー更衣室などがあったりします。アステリアビーチは、入り口でお金を払うシステムだったかな。

レストランもついてます。しかしかーなり手際が悪くて、ご飯なかなか来ず。お店の人もテンパって料理ガシャーンって落としたりしていた(苦笑)

海はとても遠浅。沖の方に行っても行っても、私の腰の高さ位。向こうの方に見えるのは、子供向けのスライダーなど水上遊具で、あそこまで歩いて行きます。

クレタ島出身の人にグリファダに行く、と言ったら、ああでもアテネのビーチは汚いよね、という話になったのですが、どうしてどうして何をおっしゃる。

写真じゃあわかりにくいですが、水はずいぶん透明だし、そこかしこに魚が泳いでいます。全然混んでないし、変な音楽もかかってないし、思う存分水遊びしたり、ゴロゴロしたり、本を読んだり。ああ、これでこそザ・ヴァケーションでしょう!!これが汚いとは、ギリシャのビーチ、とっても贅沢です。

私達はアメリカからわざわざピクニックシートも持って行きましたが、ビーチチェア以外にもゴロゴロするところがあるとさらに快適でした。

ディナーはビーチから歩いてすぐのところにあるΤο Μπαρμπουνάκιというお店へ。読めない。ローマ字だとこれがTo Barbounakiになるのはなぜだ〜!別の場所にも支店があるようですが、グリファダ店はこちらです。

ウニですよ奥さん。お寿司に載っているようなトロッとしたのではなかったですが、磯の香りがプンプンと。

ギリシャでもおかひじきをよく食べるようです。シンプルに、オリーブオイル、塩とレモンでいただきます。だいたい味付けは塩レモンオリーブオイルの場合が多いのですが。

そして子供が大好きなタコ!ギリシャにいる間にはタコをずいぶん食べました。これもオリーブオイルと塩、レモン、と、オレガノ。もうギリシャの味噌醤油的な基本の味付けですねこれ。

帰りはレストランの目の前から出ているトラムで帰りました。アテネまで1時間とちょっと時間がかかるのですが、人々の暮らしや住宅街が見えるところが興味深いです。と言いつつ、泳ぎ疲れてかなり爆睡してしまいました。