愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

豚インフルの恐怖


気がついたら急に騒ぎが始まっていた豚インフルエンザ。そういえば、日本語で「インフル」って略すようになったの、いつからだっけ・・・。あー、何か大変なことが起きてるみたい?とぼんやり思っていたら、あっという間にベイエリア近郊でも感染が見つかり、学校閉鎖だ何だの騒ぎになっております。ちょうど春休み明けで、近場のメキシコ旅行から帰ってきたばかりの人とかもいたようだし・・・。それでも私はなんとなく他人事のように見ていたのですが、ここのところベイエリアは気温の変化が激しく、暑くなったり寒くなったり。そのせいか、妙に疲れやすかったり、眠かったり、でも運動したりしていたら余計疲れて、のどや胸がちくちくするなど、体調が微妙なことになってきて、一瞬「豚インフルだったらどうしよう」なんてことが頭をよぎりました・・・・笑。そうでなくても、やっぱり体が弱っていたら菌にやられるかもしれない!ととりあえず大事をとってお休み。


シャトルバスに乗っているとはいえ、長距離通勤をしているし、体調が悪くなっても気軽に帰れないので、これは体調が悪くなるかな?と思ったら悪化する前に休むことにしています。休むといっても家で仕事しているので、あんまり休めてないんですが・・・。でも、熱とか体調が悪いのを押して会社に来るのが偉い、という風潮がないのがありがたいです。会社も幼稚園みたいなもんで、誰か病気になると結構わーっと蔓延するので、会社に来て咳をごほごほしている人とか、逆に来ないで〜!なんて思っちゃいます。ミーティングで隣に座った人が気管支炎みたいな咳をごほごほするので、じりじりと距離を広げてしまった・・・。そういう人は、休め〜!


とりあえず、会社では、手の消毒剤があちこちに置かれるようになって、カフェテリアとかの掃除を徹底的にしているようですが、そんな位でしょうか。あと最近メキシコに旅行した人は、とりあえず5日間自宅待機して様子を見るように、だそうです。シャトルバスにもティッシュの箱がいっぱい設置されてました。旦那の職場では、誰かがボランティアでマスクを大量に買ってきて、消毒液と一緒にジップロックの袋に入れて、みんなに配ってくれたそうで、とりあえずそれを持って帰ってきて我が家に常備しておくことに。周囲を見る限り、マスクをしている人も特に無し。とりあえず、手洗いうがいをしっかりして、水分をしっかりとって、栄養のあるものを食べて、ちゃんと寝て、適度に運動して、体力つけておいたらいいのかな。