愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

ベイビーちゃん


LAからおねえちゃん夫婦が遊びに来ているので、夜は陳家大集合。姪っ子が3ヶ月なのですが、ハーフで死ぬほど美人!超可愛いのです。今や家族の中心は姪っ子ちゃん。みんなでご機嫌とったり大騒ぎ。みんなで取り囲んで、「ほーら、アジア人がいっぱいいるねぇ〜。あなたももっとチャイニーズに、なりなさ〜い!こっち側に、来たくないか〜い」(笑)


彼女はかなりレイドバックな赤ちゃんでもあり、びーーーっと泣いたと思ったら次の瞬間には笑ってるし、かなりハッピーな赤ちゃん。こっちの表情を一生懸命まねしようとしたりするのがかわいい。帰り道に出産や育児のことをおねえちゃんといろいろ話していたのですが、彼女いわく「やっぱり子供を生んでから親のありがたさがよくわかった。私は今すっごい自分の娘を愛しているけど、娘が大きくなってそれと同じレベルで母親を愛してくれることは絶対ないわけだし、それを思うとちょっと悲しいけど、自分のママのことを考えると、やっぱり自分が子供を思うくらいの気持ちで子供はママのことを愛せないというのはよくわかるし。でも今は娘は赤ちゃんだから私のことを世界で一番大好きと思ってくれてるんだけどね」。うん、そうだね。確かに。