読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

ロンドン2016㉑ イギリスのつくば的なところで、ミシュランスターのランチ

旅のグルメ 旅・イギリス

まだまだ終わらぬ、2016年夏のロンドンの旅日記。

滞在2週目を終えた週末土曜日は、ロンドン郊外にある街Readingに向かう。

Readingと書いてレディング。

リーディングちゃうんかーい!!!!

カリフォルニアにもレディングって場所があるけれど、そこのスペルはReddingなのに・・、もう、イギリス英語ったら!

パディントン駅から、快速みたいな電車に乗って約30分。

ロンドンからは60キロの距離。日本でいうと新宿からつくばの手前、新宿から茅ヶ崎のちょっと先。サンフランシスコからだとパロアルトぐらい。

雰囲気も千葉か埼玉の大きな駅前って感じの雰囲気だった。

この街にある「L'Ortolan」というレストランにお昼ごはんを食べに行ったのでした。

 レディングの駅前からタクシーに乗り、さらに数キロ行った所にある、シンフィールド(Shinfield)という村っぽいところにあるフレンチレストラン。

ここ、ミシュランの星を12年ずっと維持しているのだそう。レストランに向かう途中の道路標識にもレストランの名前がどーんと書いてあった。

外観。教会かなにかについてた建物を改装したのだとか。

レストランそのものも、住宅街の中にぽっとある感じ。

もちろん小さいさんも一緒の、子連れミシュランランチです。

 まずは、建物の温室みたいになったところにあるラウンジに通されて、ドリンクとオードブルを。

ここではオードブルじゃなくて「カナッペ」と呼んでいた。

カナッペっていうと、どうしても食パン小さく切って上に何か載せたもの、って思っちゃう・・。

お酒にめっぽう弱いので、飲み物はヴァージンのモヒート

他のお客さん達は早速ワインを開けてわいわい出来上がりつつあるところも。

そしてお通し的な、カナッペ。

向こう側から、ゴートチーズが挟まったちょっと塩味のカロン、れんげに乗ったセビーチェ鳥の皮をパリッパリにしたやつ、の3種類。

こんなんをちびりちびりと食べた後、テーブルに案内される。

天気もよく日差しも気持ちよく緑もキレイ〜。

白く泡立っておりますが、トマトの冷製スープ。スープ自体は透明に近い。このスープの作り方、昔Dancyuに載ってたな。トマトをピューレにして、じわじわ漉していくの。

そして自家製パン。出されるバターもこういう感じに気を使っているところが、さすがやなあ。このパンがお腹が空いてたせいか、ホカホカだったせいかすごく美味しかった。

ウェイターの兄ちゃんが気を利かせて、待っている間に子供に紙とペンを持ってきてくれたので、小さいさんは黙々とお絵かきに勤しんだ(フローズンの色んなシーンダイジェスト)。

私が前菜に選んだのは、タルタルステーキ

ガーゼに包んだ茶色い粉を持ってきて、上からパフパフとふりかけてくれる。粉はマッシュルームを食品乾燥機にかけて粉々にしたもの。味はちょっと高級なマギーブイヨンのようなw

タルタルステーキ、ウースターソースも随分ときいていた。

メインは、豚肉とパイナップルを色々組み合わせたもの。

イギリスのフランス料理屋だけど、付け合せがチンゲンサイだったり、醤油ベースのソースを使ったりとフュージョン的な部分も。特に角煮風のローストが美味しかった。

パパはスズキのローストを。

子供にも、スズキのローストと、カリカリホクホクのポテトをあわせて、即席の高級版フィッシュ・アンド・チップスを用意してくれた。こういう柔軟なサービスがとても良いなぁ。

6歳の子供も食べるのが大好きだし、こういうところに連れて行っても神妙に座って一緒に付き合ってくれる。あとミシュラン☆のレストランでも子供におおらかに接してくれるのもありがたい(周囲のお客さんも)。

パパがコーヒーを頼んだら、オマケでドーンとチョコトリュフと、ターキッシュデライト(グミのようなゼリー菓子)がこんなについてきた。

このターキッシュ・デライトが何かふわっふわの違う食べ物のようだった!

さらに別に注文していたデザートの前に、これまたオマケでついてきたデザートの前菜。オマケとは呼ばないか。なかなか本題のデザートにたどり着かない・・

デザートはこちらの「パフェ」。日本で考えるパフェとは随分違うけれど、クリームなどの材料を型に入れて冷たくしたものに、フルーツやソースを添えるのがもともとフランスの「パルフェ」らしい。

チェリー系のソルベや、チョコやら色々刺さった豪華版。結構量が多くて、さすがに全部は食べ切れず。

途中料理を待つ時間がちょっと長いかな、と思う時もあったけれど、全体的にボリュームたっぷりなのもあって、気がつくと2時間半ぐらいランチをしていた。

他のお客さんは、この日は中高年層が多かったかな。インスタなんかを見ると結構若い人も来ているみたいだけれど。

お客さんは皆どこから来ているのかはちょっとわからなかったけど(ほぼイギリス人)、わざわざロンドンから食べに来るというよりは、地元周辺の人達が行く感じなんだろうか。

カリフォルニアのように地産地消を全面に押し出している感じは無く、料理方法もアジアのフュージョンを取り入れてみたりセビーチェが出てきたりと、フレンチとはいえ多国籍風でもあり。

イデア的にはどこかで見たり食べたことあるな、という感じでこの店ならではの目新しさは見当たらず・・・ってうわーなんて上から目線なこと言うとんな自分・・

でもご飯は美味しかったし、サービスも良かったし、雰囲気も良かったし、ナイスでした。

飲み物は別料金ですが、これだけ出てきて40ポンド。

都内の一つ星ミシュランのフレンチだともう少し高いみたいだし、お値段も結構良心的。

あ、でもイギリスのつくばだったかここは・・・w

なぜここをイギリスのつくばだと勝手に呼んだかというと、

大学がある

ロンドンへも通勤可能な郊外の都市

でも実はここにIT企業が一杯来ていて、ちょっとシリコンバレー的でもある

んですね〜。

マイクロソフトやオラクルをはじめ、色んなIT企業の開発拠点がなぜかここにあるらしい。

確かにロンドンオフィスは場所も無いし高いしどっちかというとセールス系。

誰かシリコンバレーからレディングに出張に行くようなことがあればぜひこのレストランも寄ってみて下さい。

www.lortolan.com

 このレストラン、この翌週、私が再度ひとりで乗り込むことに。

その話は、また旅行記の続きで・・・。

 

オンラインコース色々、その2。データ分析のクラスをとってみた

ネット関連

時間を持て余した主婦が、何を思ったか勉強したれと思った記録、その2です。 その1はこちら。

marichan.hatenablog.com

 

なんとなく統計学の基本が分かったのに気をよくして、次に取ってみたのがこちら。

Coursera: Duke大学のビジネス分析入門コース

色んな大学がコースを提供しているCoursera。

ここでデューク大学の「ビジネスデータ分析コース」をとってみました。

 

www.coursera.org

 

4週間で完結するクラスを4つ、そして最後にプロジェクトをひとつやると、修了証書が貰えるというもの。

ひとクラスのお値段は49ドル。

証書が必要なければ、一個ずつ無料でとれた・・はず。

クラスは毎月開講、通年やっています。

1週間の間に講義ビデオを見て、毎週講義の後に小テストを受け、最終週に期末テストがあり、小テストと期末テストの結果で成績がつきます。

時間は好きな時にできるけど、思いっきり学校やがな・・・

 

クラスその1:データ主導型企業におけるビジネスメトリックス

 

最初のクラスは、ビジネススクールの101(入門・概論)みたいな授業でした。

ビジネスがどんな状況の時、どんなデータを使って判断を下す(べき)か、産業によってどんなタイプのデータがあってどんな分析をするか、

またデータアナリストやデータサイエンティストといった職業に必要とされるスキルや業務の内容や違いは何か、などなど。

 

期末テストは、何故かフローズンヨーグルト屋のビジネスについて。

フローズンヨーグルト販売オペレーションと売上、集客の問題を、どのようなデータを使って見つけ、それをどのように解決するか、というお題でした。

 

講義はデューク大学ビジネススクールの気さくなおっちゃん風教授が担当(実は定量化モデリングセンターのディレクターらしいw)。

 

授業の前半は基本的な話が多く「ああはいはい・・」という感じで聞いていました。

データサイエンティストとして働くデュークの卒業生のインタビューがあったのは面白かった。

 

産業によって、どんなデータに注目するべきかという話では、インターネット企業の例として、ウェブアナリティクスの話をさらっとしただけだったのが残念。

しかし金融業界の話になったとたん、いきなりものすごい数式を持ち出してながながと語りはじめたので「??」状態に陥りました。

毎週末の試験にはそれほど数式は出ず、概念ぐらいしか聞かれなかったので良かったけど、ものすごく焦った。

多分教授の得意分野だったんだろうな・・・。そういう教授、大学時代もいたな。

 

クラスその2:エクセルを使ったデータ分析

 このクラスも、同じ気さくなおっちゃん風教授が担当。

 

このクラスが一番心折れるかもしれません。

 

授業名からして、エクセルの機能を駆使した分析方法を教えてくれるのかと思いきや、蓋を開けてみるとほぼベイズ統計学、確率統計の授業でした。

しかもUdacityの統計学の授業が、十分噛み砕いて丁寧に教えてくれていたのと対照的に、またもやばーーっとよくわからない数式を書いて、細かい説明も無しに

ここを平均させるから、こうなります。OK

みたいな感じでどんどん進んでいく。

数式がややこしくなればなるほど説明が減り、「OK?」だけ言う数が増えていく(これって実はちゃんと説明できない人がやる常套手段じゃないかなあ・・・ていうか私がわからなすぎるのか)。

 

この数式をだーっと汚い字であっちこっちに書き散らされ、ついていけなくなった瞬間、高校の数学の時間を思い出してしまいました。

えっえっ、なにそれ、あわあわあわ・・ああもうわからん、あきらめよ・・と授業中に講義を聞き流して寝たり漫画読み始める、みたいな・・・。

 

ビデオ講義だから何度も巻き戻しては復習したけれど、特に毎週のテストで挫けそうになり、脱落しかけました。

 

結局エクセルの機能を自分でいじるような授業ではなく、事前にマクロがいっぱい組み込まれているエクセルをダウンロードして、自分で数値を入れて問題を解いていく課題が多かったかな。

期末テストは、クレジットカードを申し込む顧客のリスク分析。泣きそうになりながら何とか終了。

 

クラスその3:Tableauを使ったデータビジュアル化とコミュニケーション

もう何度やめようかと思いましたが、クラスも3つ目になって環境が大きく変わりました!

ここから講師がチェンジ。この先生が、ものすっごく良かったのです!!

この先生はもともと神経科学の専門家。医療データの分析をずっとやってきて、その後ビジネスや社会学などより広範囲なビッグデータの分析に専門をシフトした人。

実際実務でデータをいじってきた人だったこともあり、ものすごく説明がわかりやすい。

そして教えてくれることが、本当に現実に即していて、実務的。で、ちょっとユーモアもある。

 

習ったのは、Tableauという、データをグラフや色んなビジュアルに変換してくれるソフトウェアの使い方。

実際のインターネット企業が寄付してくれたユーザーデータを使って、ユーザの利用状況や傾向などを実際に解析していくのでなかなか面白かったです。

 

期末テストはさらに面白くて、実際にTableauを使って自分で分析、ビジュアル化したデータを使って、この企業がユーザを増やすにはどうしたら良いのかを、6分間で実際にプレゼンします。

こういうのは仕事でもやってたから楽しかった。

というか仕事でやることを、今仕事が無いからお金を出してまでやってるのがなんだか不思議だったかもw

最後に録画したプレゼンを提出しました。

 

 クラスその4:MySQLを使ったビッグデータ管理

タイトルはなんとなくデータベース管理のように聞こえますが、何の事はない、MySQLでデータを引き出す演習クラス。

これも引き続き同じ先生が担当。

これはもうコマンド入れたらデータがすぐ出て来るから、自分の理解度が一番把握しやすい授業でした。

このきっぱり答えが出る感が気持ちいい。

 

ここでも実際の会社から寄付してもらった情報を使って、データをひっぱってくる練習をしまくりました。

Tableauの演習でも使った企業のデータを、MySQLを使って引っ張ってくる練習。

そして、あるデパートメントストアが大学に寄付したという、売上データ、商品データ、支店データをTeradataを使って引っ張ってくる練習も。

 

MySQLは以前の仕事で使っていましたが、大体毎月必要なデータは決まってるので、一度スクリプトを書いたらそれを使いまわす程度。

また非エンジニアがアクセスできるデータが少なかった・・・。

一方その後働いた会社では、データにはアクセスし放題だったのに、Hiveを使っていたので勝手がわからず活用しきれず。クーっ。

MySQLだTeradataだと、ここでも微妙な違いにイラッ。

 

面白かったのは実際のビジネスで生成されたデータを使ったので、教科書みたいにデータベースやデータがいつも必ずしもキレイではない(誤入力とか、明らかに変なデータがあったり、情報が抜けていたり)というのも身をもって経験できるところ。

でもこういうのって、日頃から使ってないとあっという間に忘れてしまいます。

新しい言語を毎回学習しているエンジニアの人はエライなぁ。

 

でも自分の業務のためのデータが欲しいだけなのに、分析以前にこんなに色々しないといけないのは、やっぱり面倒くさい。

データを引き出すことにこんなにエネルギーを費やすんじゃなくて、本当だったらもっと分析を頑張りたいのになぁ。

例えば図書館にある蔵書の見つけ方がすごくややこしくて、本を読む前にそれを見つける勉強を激しくしないといけない感じ。  

いちいち言語を勉強しなくても、いずれはどんなデータベースでも自然言語処理で簡単に引き出せるようになればいいのになぁ・・・誰か〜!!

こんなの使うかなぁ?というややこしいのも含め、とにかくスクリプトを書いて書いて書きまくった4週間でした。

ためになったけど、例えデータを呼び出すスクリプトを書くだけであっても、自分はエンジニア気質は全くないなという認識も新たにしましたw

クラスその5 プロジェクト

上記4つのクラスを終了すると、今まで学んだことを集大成させて、一大分析プロジェクトをやります。

課題はAirBnBが寄付してくれたデータを使っての分析・・なのですが、私は結局上の4つのクラスを終えたところで子供の夏休みに突入してしまい、最終プロジェクトはサインアップしませんでした。

結局冬から夏まで、かなりコンピューターの前にいた時間が長くて、思ったよりのんびり主婦生活では無かったかも・・。

次回最終回は、クラスメイトや試験のこと、Courseraのシステムについて書こうと思います。 

ラーメンより好きなもの

ベイエリアグルメ

子供に風邪をうつされ、大人がダウンした少し前の週末。

子供は2日でケロっとしたのに、大人はもわーっとした頭痛やくしゃみ鼻水に悩まされました。子供に移される風邪が一番キツイ。

それでも元気な子供の習い事やら何やらで駆り出されることには変わりなし。

鼻づまりの時はやはり暖かいスープ的なものが欲しい!

そんな時には、ワンタンメン。

ここらへんでもう何年も続いているラーメンブーム。

ラーメンをあまり食べずに育った私、豚骨ラーメンもアメリカに来て初めて食べたけど、油っこすぎてゲロった・・。

こういうのを食べたほうが、なんとなくホッとする。

麺は良く中華スーパーなんかで袋に入って売ってる細い細い縮れ麺。

サンマテオのダウンタウンにある、いわゆる香港系のファミレスっぽい感じのお店。

出て来るのは、麺類とか中華っぽいものの他に、三文治(サンドイッチ)とか、ドリアっぽいものとか、香港の洋風ご飯。しかも安!

子供の習い事の間にパパと2人、ホットレモンみたいな飲み物もそれぞれ頼んで総額20ドル以下だった。

https://www.instagram.com/p/BQe6A6mgqEP/

家族連れで賑わっているお店では、チャイニーズの奥さんに連れられてやって来たスティーブバノンのそっくりさん、林家こん平のそっくりさん、そして長いことあってなかったお友達の旦那さん(これはホンモノ)がいた。

ABC Bakery & Cafe

 

MariCafe 新規開店しました

料理 ネット関連

なんだか普段食べ物のことばかり考えているし、そのことについて書いたりもしていますが、お料理についてちゃんとしたブログを作ってみようと思いたって作ってみました。

f:id:Marichan:20170211031700p:plain

ちゃんとロゴも作ってみたり(ついでなのでこのブログのも作ってみた)、ドメインも買ってみたりしたぞ!

書いているのが私なので、決してキラキラお料理ブログにはなりそうにもありませんが「実は大して料理が上手なわけではないのに、何かあるとついカッとなって色んなものを作ってしまう」、ほぼ好奇心と食欲のみに突き動かされて料理をしている人間による料理ブログ、でございます。

ということで、お料理ブログの名前は

MariCafe JP

でございます。よろしくご査収ください。

なぜJPがついているかというと、すでにこういう名前のお店がLAにあったのと、あわよくばそのうちMariCafe EN・・英語版も作ってみようかと思っているからです。

・・・って書き散らしすぎかもしれません。暇かっ!

食べ物とは直接関係ない事象についても、つい食べ物視点で見てしまう「食べ物執着エッセイ」も別のところで書いています。こちらも良かったら覗いてみてね♥

note.mu

 

ハッピー伴天連タイン

イーストベイ生活日記 子供

ハッピー・伴天連タイン!(この元ネタが分かる人は私とお友達になりましょうw)

子供が生まれる前は、バレンタインといえばロマンチックなディナーに出かけたり、なぜかプロレス見に行ったりドラッグクイーンのショーに行ってみたり、なんやかんやしていたものですが、

子供が生まれてからはとにかく子供のイベントに成り下がりなりました。

・・というのもですね、学校で「バレンタインの交換パーティー」というのが公式にあるのです。授業中に。

交換するのはチョコレートではなく、「バレンタイン」。学校からは、「バレンタインを人数分持ってきて下さい」とお達しがあります。

 

バレンタイン・・・って何や!

・・・こんなんや!

 

子供同士で交換する、小さなカードや玩具や駄菓子などの数々。

この時期スーパーなどに行くと、「バレンタイン」という名で、こういうこちゃこちゃしたカードが、ディズニーなどのキャラクターものになるとそれなりのお値段で売っていたりします。

子供達は数日前から、集めた「バレンタイン」を入れる袋を学校で手作りして準備します。

そして家では、人数分のバレンタインを用意し(親が)、そこに名前やメッセージを書いたりします(半分親が)。

いやー、まだ1年生だし(日本だと年齢的にはまだ幼稚園の年長)、やはり親の監督なしでは、なかなか25人分のものを用意して、そこに名前を書いて・・っていうことはひとりではやりきれません。

結構なマニュアル労働です。

今年もスーパーで6ドルぐらい出してカードでも買うか、と思っていたところ、忍者やらスターウォーズやらに憧れる小さいさん何やら張り切って、「折り紙で手裏剣を作り、カードに貼る」と宣言。

生産工程と生産スケジュールの調整は私が支援して、では自力でやってもらいましょう、ということになりました。

現場監督として、毎日少しずつじりじり声がけをして・・

 

My 6 year old explaining how to make ninja #shuriken with #origami. Obviously she watches YouTube too much.

Mariさん(@mari.sf.chan)がシェアした投稿 -

 実はユーチューバーになりたい小さいさん、ついでに折り紙ハウツーのビデオ撮影までさせられ・・

出来上がったのがこちら。

紙も印刷用のぺらっぺらのを自分で切ったので、随分曲がってまちまち。スペルも微妙に違うところがw

でも、デザインもエクセキューションも全部自力!だからいいのだ!

実は子供の頃、折り紙とかあまりやらなかったので、手裏剣の折り方もつい最近知った私w。それに比べると、うちの子はすでに出来るからすごいなぁw

思えば家庭科とか、こういうクラフト系とか、見栄えが気になるような宿題はほぼ親にハイジャックされたため、全く身につかず、雑な人間に育ちましたw(親はものすごい上手)

その反動か、自分が親になって、なるべく子供が自分でやることに重点を置くようになりました。

実際のところ、見た目や綺麗さを気にするという部分では、アメリカはユルい。

一度日本の親モードでがんばりすぎたら、周囲から集まったものを見てずっこけたこともあったので、もういいんです!

子供が持ち帰ったものの一部。

クラスでも手作り組と購買組、あと持ってこなかった組に別れました。

手作り組のは、親の手がどれだけ入ったか見ていてすぐわかるwでも手作りのほうが怨念がこもっていて後々捨てにくいですね。

https://www.instagram.com/p/BQe60n5gmqM/

子供のことは子供が頑張っているぶん、私は自分でやってみたかったアイシングクッキーのデコレーションを頑張ってみました。

ユーチューブに色々やり方がアップされているので、自分もついできるもんだと思い込み・・・。

実際やってみるとなかなか難しい!途中キーっとなって悔し涙が・・・!子供かっ!と思ったらPMSだったw

https://www.instagram.com/p/BQg8ovkga2L/

アメリカのバレンタイン、どちらかというと男性が女性にお花やチョコレートを贈ったりする日です。この日のスーパーでも、帰り道にお花を買っている男性が沢山。

我が家は子供が2歳の時に、自分には花が無かったと大泣きされてから、パパは気をつけて二人分のお花を買ってくるようになりましたw

私からはパパにステーキ肉2枚を・・・・。

生のまま渡したらちゃんと焼いて夕食も作ってくれました。

 

※伴天連タインについては、こち亀を参照のこと