愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

オークランド中華街の薬膳スープとロールアイスクリーム

中華街というとキンキンキラキラ喧騒がすごいと思われがちですが、夜のチャイナタウンはオークランドもサンフランシスコも概して寂しいもの。商店などは案外早く閉まって真っ暗になります。

でもそんな薄暗く寂しい夜の中華街も、めげずに行くと面白くておいしいものにありつけることも多いのです。

夜だいぶ冷え込むようになったある日に向かったのがこちら、Imperial Soup (皇帝湯)。

なかなか珍しい、薬膳スープのお店です。

咳や痰を止めるだ、免疫力増強、お肌に良いなどなど、いろんな機能別にデザインされたスープの数々。

しかし、メニューの英語がざっくりすぎる。漢字文化で育って良かったと思う瞬間。

しかし今回頼んだのは火鍋でした。みんなでつつけるし寒かったので。

しかしさすが薬膳スープの店。鍋のスープもなかなか美味しくて、だいぶ飲んでしまいました。辛いほうは、花椒の姿は見えないのにそれがずいぶん効いているみたいで、口の周りがピリピリと言うよりは、ムオーッと痺れます。うまい。

具材は牛、羊、お魚、お野菜に河粉(平たい麺)などなど。最初持ってきてもらった時、これで足りるのかな?という量だったのですが、大人2人と子供1人で十分お腹いっぱいに。

そして伝票を見てびっくり、注文して持ってきてくれた量、1人前だったようです。めちゃくちゃ安かった。

薬膳スープも1杯5ドル弱。スープと麺類や蓮の葉で蒸した混ぜご飯などのセットメニューも10ドルするかしないか。

そしてなんとここには佛跳牆があるらしい、その香りにお坊さんが壁を飛び越えてやってきたというスープ!美味しんぼでしか見たことのないスープ!次回またチャレンジする予定です。

薬膳スープというと、漢方の味がして不味いんじゃないのという人も多いみたいですが、うーんそうかな?そう言わずに飲んでみて。

陳家では元シェフの義父が晩御飯を作ってくれる時は、必ず最初にスープが出てきます。そこには必ず何か中国の乾物的なもの、クコの実や干したナツメ、謎の何か、肉片や大根、時にビーツなどが入っていますが美味い。

まずはそれを飲み干してから、そのボウルにご飯をよそって、おかずをいただきます。

このお店、今年オープンしたそうですが、以前カフェだった名残なのかなんなのか、朝昼には香港の喫茶メニューでマカロニやら袋のラーメンというチョイスもあったりします。薬膳でガッチガチに固めてないところが、なんかまた薬膳スープのユニバーサルさを物語ってるような気もして、いい感じです(笑)

Imperial Soup - 124 Photos & 25 Reviews - Chinese - 723 Webster St - Phone Number - Oakland, CA - Yelp



晩御飯が予想の3分の1の値段で済んでしまったので、気を良くしてこのお店から対角線に渡ったところにあるアイスクリーム屋さんへ。

冷たい台でアイスクリームの素となる液体を凍らせ、それをヘラでクルクルっと巻いて作るロールドアイスクリーム。日本語ではロールアイスクリームというらしいですが、巻いてある状態なのでロールド。

なんでもタイ発祥らしく、現地ではi tim padというそうです。ベイエリアにはこの1年でどわーっとその波がやってきた感じがする。

☟クリックすると映像が見れます

A post shared by Mari (@mari.sf.chan) on

抹茶フレーバーはこんな感じ。結構アイス自体も美味しいです。しっかり抹茶の味

普通のアイスもスクープで買えます。これは旦那チョイスのわさびアイス。わさびというより、ホースラディッシュ味だったかも。子供が頼んだチョコレートは、すごくダークでこれも良かったです(甘いの苦手な7歳児は、普段もダークチョコ食べるw)。

これだけ頼んで、値段が火鍋とあまり変わらなかったというのはご愛嬌・・w

火鍋でポカポカに温まった体を、アイスクリームでガンガンに冷やしてしまいました。

www.facebook.com

オークランドの中華街、バラエティに飛んだ中華、そして中華以外も色々楽しめます。こちらもどうぞ
marichan.hatenablog.com



2017子連れおギリシャ旅㉒アテネの街並みに見る東京

アテネの街を歩いていると、時々ふとここは日本?と思うような風景に出会うことがありました。

実際は全然違うんですけれど、暑さと湿気と蝉の声、植物の感じ、そしていろんな距離感や建物の密集度なんかが、ふと日本を思い出させるのかもしれません。少なくとも、アメリカと言うよりは日本。

ふるさと近隣公園

ではありません。

れっきとしたアテネ国立庭園です。

木に鳩やカラスがいれば完璧でしたが、なんとここでは野生のオウムが飛び交っていました。

動物もちょっといます。アテネの井の頭公園的な。

いる動物はギリシャっぽい。

アテネの蔵前。

アテネの新宿通り。四谷あたりにいるような気分。コンビニはない。

実際は建物の感じは日本とは違うし、街並みも雰囲気も全体的に見ると全然それっぽくないんですが、ふと切り取ってみるとなんだか東京のような。古めの建物が多いので、どちらかというと昭和の日本?

アテネの住宅街でも、クレタ島の高速道路や道沿いにも、時々こんな感じの祠のようなものもありました。形は違っても、心持ちは通じるものもあるような。南無〜。



今年も白トリュフ

白トリュフの季節がやってまいりました!

今年も一年頑張ったご褒美に、仲間たちと贅沢ディナー😻 子供を見てくれる旦那にも感謝⭐️ なんてちょっと気持ち悪い文言を考えながら、女子数名でトリュフにまみれてきました。

行ったのは、去年同様、Redwood City にあるDonato Enoteca

イタリアはおピエモンテのお料理を出すお店。日本人の間では、イカスミパスタが食べられる数少ない店として有名(?!)です。

そんなレストランでやっている期間限定メニュー、おイタリアから取り寄せた白トリュフがこれでもかと乗せられたお料理の数々です。

CARPACCIO E TOMA

子羊のカルパッチョ。Toma Piemonteseというチーズの薄切り、セロリルートの薄切り。

これにこれでもかとトリュフが乗っています。その香りの良いこと!

これが一番美味しかった。お皿から無くなった時は悲しくなった(自分が食べたからだ!)

RAVIOLO ALL’UOVO

セージと焦がしバターでいただく、卵のラビオリ。いや、大きいのが1個なのでラビオーロ。ラビオリにナイフを入れると卵の君がとろーっと出てきます。中にはリコッタチーズも入っている。

これはちょっと端が固かった。卵を茹ですぎないようにしてパスタの茹で加減失敗疑惑。トリュフはやっぱりリゾットでいただくのが一番美味しいかも。

MAIALINO AL LATTE

ポークロインのローストにミルク、セージのソース。なぜかこのメインがくるまでにものスゴォォォく時間がかかり、気がつけば周囲のお客さんはどんどん帰宅モードに。ずっと喋ってたからよかったですが、気がついたら待ってる間にお腹がいっぱいに・・。



メインがきた時にはもう満腹モードでほとんど食べられず、お持ち帰りの憂き目に遭いました。うーんもったいない。

MONTEBIANCO

でもデザートはなんとなく別腹で、しっかりいただきました。栗のムースと、ヘーゼルナッツがこれでもかと入ったデザート。ちょっと、中華新年の時期に中華スーパーで嫌というほど山積みされているこれを思い出す味と食感。


ワインのことはよくわからない、でも酒に弱い私にとっては悪酔いしないのが良いワインだ!特に赤ワイン、値段などに関係なく飲むと超絶気持ち悪くなる時があって、未だに原因がわからないんですが、これは楽しく飲めた!

今のところピエモンテのワインは全勝。

キクイモとか地元のチーズとか、昔イタリアで親友の結婚式に出るため行ったピエモンテでもよく出てきた材料がたくさんあって、なんとなくこの地域の料理の特徴がわかってきたような。


さて今回はとにかくサービスがユーックリすぎて、気がつけば6時半に集合してレストランを出たのが多分9時半ぐらい、と3時間コースのディナーでした。

ずーっと喋ってたのでよかったけど、何しろコースの途中で間が空くとお腹が膨れてきてメインが食べれずもったいなかった。

そして持ち帰ったお肉は、翌日チャーハンにするという、超絶無駄豪華な残り物活用をしてみました!爆

それでもトリュフの香り高さ、素晴らしさはめちゃくちゃ堪能しました。後日、きのこ専門店に立ち寄った時、今年はトリュフ不足だとお店の人が話していて、調べてみたら今年はこの時期20グラムで600ユーロ!ヒー!去年の同時期は450ユーロだったので、ずいぶん高騰してます。

お友達が食べていた他のメニューも含めて、これ家で再現またはアレンジできないかな・・とトリュフの代用品を色々考えてみたりもして。もしできたらまた食べ物ブログの方にでもアップするぞ!

さてこれでまたしばらく、納豆ご飯だけの生活です・・w



10年もののグリーンカードの更新待ちの更新

今年の夏に期限が切れた10年もののグリーンカード

2月に更新手続きを始め、指紋も取り、今のカードの有効期限を12月までに延長してもらい、そのためのステッカーもカードの裏に貼ってもらいました。

marichan.hatenablog.com


が、

待てど暮らせど新しいカードが来ません。もう9ヶ月ぐらい待っている。

申請後、オンラインで進捗状況を確認することもできるし、時々メールでも「あなたのケースはまだレビュー中」とお知らせメールが来るのですが、指紋を取ってからの動きが全くなし。

そうこうしているうちに、もう11月。延長してもらった期限もあと1ヶ月で切れるじゃ無いかー!

更新手続きをしている人で結構同じ状況のは多いらしく、プロセス自体かなりゆっくりのんびりやっているらしいです。なので個人的にドキドキする必要は無い。

しかし期限が切れるのは色々困るので、また移民局に出向いて来ました。

オンラインで予約

10年ものの更新はI-90. オンラインで申請した人は、USCISのウェブサイトですでにアカウントを作ってあると思うので、そこからInfopassと呼ばれるところからアポを取ります。

これだと、自分のケースナンバーがアポに紐付くので便利。

私の居住地からだと、サクラメント、サンフランシスコ、パロアルトのセンターいずれかを選べました。場所を選んで、空いている日にち、時間を選んで予約。

が、

アポを取ろうとアクセスしても、毎回どこもいっぱいで空きがありません、と出ます。

でも諦めないで!サイトに表示される空き時間は、その日から14日以内のものしか出てきません。翌日にはまた新しい日付のタイムスロットが表示されるので、毎日地道にチェックすれば出てきます。

私は夜中の12時にアクセスしたらパッと出てきました。

でもつまりは、混雑しているので取れる予約は早くても14日先ということになります。なので更新は計画的に!




アポの時に持っていったもの

Infopassアポコンファメーションの紙、手続き関連の書類(I-90, 申請のレシート、指紋取りに行った時の予約の紙)、グリーンカード、パスポート

アポのコンファメーションは、なぜかメールなどに通知はきません。アポが確定したその瞬間に、コンファメーション番号や、アポ変更が必要になった時に使うPIN番号などが表示されるので、そのページをPDFで保管しておき、印刷して持って行きました。これはまず建物に入れてもらう時に必須。

手続き関連の書類は、レシートも含め、全部オンラインのアカウント上にも保存されているので、それをPDFとしてダウンロードして印刷できます。

結局審査官もその情報はオンラインで見れるので、持っていった書類は目もくれませんでしたが、一応念のために。

アポイントメントのコンファメーションのところには、持ってくるものとしてグリーンカードや免許証などのガバメントID、とだけ書いてありますが、延長の延長の場合、グリーンカードの裏のステッカー張り替えではなく、パスポートにスタンプを押してくれるので、パスポートは絶対持って行きます。

アポは朝か昼イチで

私はサンフランシスコで昼の12時半の予約でしたが、建物の前にはすでに長蛇の列で焦りました。でもそれは、オフィスがランチブレークで閉まっていたから。12時半に開けます、と書いてありました。私のアポ、12時半からなんですけど〜(苦笑)

まずアポの時間かっきりに見てもらえることは100%ありえないので、時間には余裕を持って、前後に他の予定は入れない方が吉。できれば予約は朝イチか、昼イチの12時半にしておくと、前が詰まることなく見てもらえます。

SFのオフィス、昔はwalk-inもオッケーだったらしいですが、今ではアポオンリー。それでも緊急事態などで、アポなし突撃してくる人達が何人かいて、入り口のセキュリティの人と問答になっていました。

でも係官が出てきて話を聞き、中に入れてもらって手続きできていた人もいました。お勧めしませんが。

パスポートにスタンプ

私と似た状況の人、私の前後だけで4人ほどいました。全体的にグリーンカードの更新プロセス、遅れているようです。

私はものすごく仏頂面の広東人のおばちゃんに当たりました。このオフィスにはアジア人差別をする嫌なアジア人おばちゃん審査官がいる、というYelpのレビューを読んだところだったので、まさか・・とドギマギしましたが、私が一言も発することなく、カードを見せただけでなぜ来たかを理解し、無言で手続きしてくれました。

コンピューターで私のケースをカチャカチャ見ていたのですが、「ちょっと奥で調べてくるから座って待て」と待たされ、またちょっとドギマギ。でも他の審査官も、同じようなケースでは一度奥に引っ込んで何かしていました。

ちょっとおかしかったのが、このおばちゃん、うちの義母と口調も英語レベルもほぼ同じ。かなりブロークンな英語で、彼女の方が私よりよっぽど移民ぽかった(笑)でも仕事はものすごく丁寧でした。

私のステッカーは12月31日で切れるけど、またここに出向くのは大変だろうから今日パスポートにスタンプを押してあげる、と、ものっすごい几帳面な字でスタンプの横に必要事項を書いてくれました。

プロセスとしては、とてもシンプルでしたが、こればっかりは当たった審査官にもよるようです。私のように特に何も言わなくても色々やってくれた審査官もいれば、同じ手続きなのに、なぜ延長が必要なのか延々と説明させられている人もいました。その人は、特に国外に出る予定はない、などと言ったので余計話がこじれちゃったようですが・・。

さらにその人、延長スタンプを押してもらおうにも、アポの時に持ってくるもの、の中にガバメントIDとは書いてあってもパスポート、は明記されていなかったためグリーンカードだけ持ってきたらしく、パスポート持って来いなんて書いてなかったじゃん!とえらい抗議していましたが、その後どうなったかは不明・・。

気長に待つしか

押してもらったスタンプで、グリーンカードはあと半年延長されました。

ベイエリアの外でグリーンカードの更新をしたお友達は、1年ほどかかってつい最近新しいカードが届いたそう。

発送される前にちゃんとメールで通知が来て、郵送する住所の確認の連絡があるようです。意外とちゃんとしてる!前回は本当にしれっと郵便受けに入っていて、数日間他の郵便物と一緒に机に積み上げていて気がつかなかったけど・・・!

新しいグリーンカード、今年中に来たらラッキー。遅くても来年の頭には来るだろうか。気長に待つしかないようです。


注:これはあくまでサンフランシスコオフィスでの私の体験談なので、参考程度までに。個別ケースに関してはちゃんと問い合わせ、確認してやってください。

ちなみに私の移民状況?は、大学院でF▶️就職でH1B▶️結婚でグリーンカード▶️2年もの▶️10年もの▶️10年もの更新中



そういえば結婚で苗字を変えなかった話

サイボウズの青野社長が夫婦別姓を求めて国を提訴、というニュースが話題になってるらしいですが、提訴の理由が「日本人と外国人の結婚ならば別姓が認められるのに、日本人同士だとそれができないのは不平等」というところがポイントになっているのがなかなか面白いと思いました。おお、そういえばそうだった!

そういえば私も結婚したけど苗字、変えてない。

パスポートも戸籍も何もかも旧姓のままでした。っていうか、変えてないから旧姓とも言わないか。

日本で届けを出した時には、私が戸籍の筆頭主になって、そこに備考として旦那の名前が入っていました。だ、旦那は備考!

アメリカでは子供の苗字は陳ですが、私の苗字がミドルネームに入っています。でも日本の戸籍では私の苗字。

そして子供の日本のパスポートには、(括弧)つきで旦那の苗字も入っている。ち、陳は括弧!

備考だったりかっこだったり、ちょっとおまけっぽい扱いの陳さん(笑)



結婚する時、自分の苗字を変えようか少しは考えました(アメリカでは変えようが変えまいが、新しい苗字を作ろうが、再婚の場合でも別れた旦那の苗字を使い続けようが何でもアリ)。

でも、まず何よりも自分が持つ色々なものの名義を書き換えないといけないのが面倒大変で、即却下。当時アメリカ永住権の申請なども色々していたので、特に移民関係の煩雑なプロセスとストレスそしてコストをこれ以上増やしたくない、というのもありました。

そしてやはり思ったのが、私が「陳」さんになることで日本で起こりうる面倒臭いことの数々。

まずこの顔でアンダーソンさんとかだと、ああ旦那さんがガイコクジンなのね・・で済むでしょうが、陳さんになることでまず言われるだろうことが

日本語上手ですね

実際これは、中国系の苗字に変えた人の経験として聞いた話なので、あるある話だと思います(苦笑)

毎回「ええ、陳建一がおじさんなんです」とホラを吹くのも面倒臭い。いちいち正直に説明するのはなお面倒じゃ!

そうこうしているうちに、日本に里帰りするとそこらへんのおばちゃんたちの会話でも、「最近中国人が・・・」というのがガンガン耳に入ってくるようになって、日本で陳さんでいると色々しんどそうだなと思うに至りました。

って、日本に住んでるわけでないので今のところ実害はありませんが、将来子供を日本の学校に体験入学させる時などは、どっちの苗字で行かせるか、ちょっと考えないことはないです。むむ。



とかなり消極的な理由で夫婦別姓を選んだ我が家。と言うより、姓を変える方が積極的なエネルギーがいるので、夫婦別姓を「積極的に」選ぶと言うより、単に何もせずに済ませただけでした。

私の日本の友人の中にも、様々な理由から夫婦別姓を選んだ人がいます。しかし日本ではそれが許されないため、事実婚。子供達もそれぞれ違う苗字を名乗っているそうです。

私は自分の適当な理由で夫婦別姓を合法的に日本でも出来たのに、もっと積極的な理由で別姓を選んだ友人夫婦が色々「戦わないといけない」状況は、実際なんか変だな〜という感じもします。

日本でも、外国人との結婚では別姓オッケーなのは、海外では夫婦別姓や違う風習があるからそれを考慮してのことなんだろうか。そこだけ外に合わせてくれているんだろうか。なして?(ガイコクジンだと戸籍が作れないから、とかの理由かな)


「家族の中で苗字が違うと家族の一体感は薄まるのか??」

これは考えたこともなかったけど、我が家家族3人でいえば、私は普段の生活や仕事でも自分の苗字を使っています(陳を使ってるのはこのブログぐらいか!それだって本名かは、わかりませんヨ😉)。が、別に苗字が同じパパと娘、違う私で分裂したり心理的距離は・・ない。

私が陳家の一員という意識が希薄にならないかと言われると、「陳家(実家?)」という大きなものに吸収されて(これを家に入るというのだろうか)「陳家の人間になった」という意識は実際無い。

ただ旦那も私と結婚したことで「◯◯家(私の苗字)の人間になった」とは思ってないと思うし、それと同じぐらいの気分かも。家族が増えたとは思うがそこにあんまり家の名前がついてこない。

もしかしてそれこそトランプ一族とかケネディ一族とか犬神家の一族とか、何かエスタブリシュメント的なでかいところと結婚するとそうも言っていられないのかもしれないですけど、別に継がなきゃいけない立派なものがあるわけで無い我が家。多分これは苗字を変えても同じ心持ちだったかもしれません。

どちらかというと、私と旦那で新しく合弁会社を立ち上げた感覚かもしれない。

実家(親会社?)はあくまで別決済、社風も違いますし、経営に口出しも特になし。しかし系列会社として提携関係にはある感じ。同じ苗字のグループ会社だからここはどうか一つ、とズブズブの癒着関係ではないかもしれません(笑)

陳に入れば陳に従え的な部分は、せいぜい義両親が召集する総会(家族飯)でのメニューの決定権ぐらいなものか。

小さいちゃんは自分は陳であり、◯◯(私の苗字)である、と両方に誇りを持っているようなので、我が家の場合は、別姓で逆に両家共々繁栄しそうでめでたしめでたし、です。

家族によってニーズは色々だろうし、変えるのも変えないのも、どっちもありでも誰も何も困らず皆ハッピーな世界になれば良いのになあ。