愉快的陳家@倫敦

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

断捨離悲喜こもごも。

海外引っ越しをするにあたり、家のものをずいぶん処分した。

ガレージセールもやってみたが、これは一番時間をとる割に、買いにくる人の財布の紐が硬いのでなかなか売れない。客は3ドル以上は払う気がないと考えてよい。大きな家具はこの方法では売れない。子供の自転車がかろうじて20ドルで売れた。6時間ぐらい売り続けて、総額売り上げは80ドル。

次はCraigslist. 不特定多数に向けて広告が打てる。ガレージに眠っていたストローラーを売りに出してみたが、欲しいと連絡してきてもそのあと音信不通になったり、「お金がないのでタダでくれ」とメルカリユーザーもびっくりな連絡が来たりして、嫌になってやめてしまった。

次はご近所サイトNextdoor。地域住民だけが登録できるサイトなので、身元がわかって安心。広告を出したい地域も指定することができるが、これは当たり外れがあり、売れたり売れなかったりだった。それでもまあ、衣装ケースとか、マタニティの服セットとか、ぼちぼち処理することができた。

引っ越しまであと1ヶ月半を切ったところで少し焦り始める。子供の同級生のお母さんにこぼしたところ、町内でやっている紹介制のスワップグループに招待してくれた。これはFacebookの中にできているグループで、メンバーの紹介がないと入れないので、さらに信頼度が高い。

結局このグループがすごくて、ほとんどのモノはここで売りさばくことが出来た。売りたいものの写真を撮って、値段をつけてグループにポストすると、購買希望者がポストにコメントを残してくれるので、そこからプライベートメッセージで受け渡しの日や住所のやりとりをする。

どこかで待ち合わせをしたり、家に取りに来てもらってもよいが、特に素晴らしいのが、「ポーチピックアップ」という受け渡し方法。購入希望者が出てきたら、自分の家の玄関ポーチに商品を置いておき、住所を教えて勝手に取りに来てもらう。お金は玄関マットの下か、郵便ポストに入れて置いてもらう。

比較的安全なわが町だからこそできるのかもしれないが、早い時は広告を出して5分以内に買い手がつき、あとは家の外にモノを置いておけば勝手に取りに来てポストにカタン、とお金が入っているので、楽なことこの上なかった。

特に引っ越し2週間前にはテレビ、カーペット、子供の勉強机にベッドフレームに本棚・・と大きいものが数時間で全部売れた。

それこそハエたたきや買い物袋、プラスチックのフォークやナイフなんていう超細かいものも売り続け、結局断捨離して得た総額は1600ドル。

アパートの次の入居者に、洗濯機や大きめの家具などを売りつけたものあるが、それこそ2−3ドルの細かいものもコツコツ売っての結果。しかしコツコツやりすぎてかなり消耗してしまったことは間違いない。

掘っても掘っても出てくるモノの多さ。捨てるべきなのかどうするべきなのか、判断に迷ってしまい頭がおかしくなりそうになったこともあった。購入希望者の気が変わることもあるし、数ドルのために右往左往するのもアホらしくなりしんどくなった。

もうそんなの捨てれば良いと思っても、好きなだけゴミ集積場に積み上げれば良いというわけにもいかない。ここでは、一家に一台ある大きなゴミ箱に入る量しか捨てることができないので、一度に捨てられる量も決まっている。そう気軽に捨てることもできない。本当に疲れた。

結局最後の最後、引っ越し業者が来る直前に残された様々なモノは、売る気力も無くなったので、家の前に置いておくからもってけドロボー!と住所と写真をポストしておいたら、ものの10分ほどで色々なモノが無くなっていた。本当はもっと計画的に頑張って売ったら、2000ドルぐらいにはなっていたのかもしれないが、もう精魂尽き果てた。

ちなみに、今回色々売ってみて、売れ筋商品と売れにくい商品はこんな感じだった。

なかなか売れないもの

  • 大型ベッド、クリブ
  • 新生児用の服(もう少し年齢が上がると売れる。特にドレス系)
  • 大人の服
  • マットレス(これは慈善団体にもって行っても受け付けてくれないし、最後まで難儀した。ギリギリ引っ越し前に無料でようやくもって行ってくれる人がいた)

ほぼ秒速で売れたもの

  • ガーデニング関係のもの(植木も含む)
  • ドレッサー(他の写真に写り込んでいたドレッサーを、これも売ってくれない?!と連絡してきた人さえいた)

板はこんなの。ベッドの下に5枚ほどあった。みんなDIYで使うらしい。

ちなみにこのスワップグループでは、時々「熟れすぎたバナナ」が売りに出る。が、バナナブレッドを焼くなどに需要があるらしく、結構すぐに買い手がつく。中には、「誰か熟れすぎたバナナありませんか?」なんてポストが出ることもあった(笑)何にでも需要と供給はあるようで・・・。

それにしても今回、自分の周りのモノの多さにただただげんなりし、神経をやられる結果となった。引っ越しを繰り返す人は、こういうのをそぎ落とすのが上手になるんだろうな。アメリカに来た20年前はスーツケース1個だったのに・・。今までどれだけいらんものにお金を使っていたんだと思うと、本当に嫌になってしまった。

たいていのことは聞いてみるもん

みなさんこんにちは。先日ドラッグストアでヘアドライヤーを買ったんですが、家に帰って箱を開けてみたら壊れていただけでなく、違うブランドの使い古したやつが入っていて超びっくりしたまり陳です。

誰かがそうやって返品したのを、店の人が確認せずに受け取って棚に戻したんでしょうかね。しょうがないので店に持って行って新しいのに交換してもらいましたが(苦笑)

こうやって普通の買い物一つとっても色々あったりするアメリカですが(とはいえこんなん20年住んで初めてだったけど)まあだいたい言ったらどうにかしてくれるので、どうにかなります。さて、これから引っ越すイギリスはどうなんでしょう。

先日ビザ申請について書いたのですが、ちょうどその後、ビザが発給されたとの連絡がありました。わーパチパチ。

marichan.hatenablog.com

代行会社に頼んでいたせいかかなりスムーズではありましたが、書類をそろえるにあたっては、ちょっとした問題もありました。

提出する書類として、グリーンカード、婚姻証明書、子供の出生証明書は、公証されたコピーを送ってくださいと言われました。

公証人(Notary Public)のところに持って行って、このコピーは本物のコピーで間違いありません、と一筆書いてもらえばいいので、ああオッケーと思って家でコピーを取り、公証人にお願いしようと連絡したところ、「カリフォルニアの法律でこれらの書類の公証はしてはいけない事になっている」との返事が。ガーン( ̄◇ ̄;)

公証人が扱える書類にも色々あるみたいなのですが、実際調べてみたら、婚姻や出生、死亡届といったバイタルレコード、パブリックレコードに関しては、その発行機関しかコピーを出すことができないらしい。エーーーキイテナイヨ!!

小さいちゃんはサンフランシスコ生まれなので、すぐに役所に取りに行くことはできるけど、我が家が結婚したのはニューヨーク・・・。コピーを取り寄せようと調べたところ「申込書をプリントアウトして郵送で申請」・・これ、いったい何週間かかるんや・・・!!

このせいでまさかビザ発行も出発も遅れる・・・?!と一瞬頭から血の気が引きました・・・。

おお慌てで色々調べたところ、「公証人は、コピーそのものの公証はできないが、依頼者がこれは本物のコピーに間違いはありません、と宣誓した書類そのものを、公証することができる」ということがわかりました。

しかし公証人は、依頼された公証はしても、「これはできないが、こういう別の方法があるよ」と依頼人にアドバイスする事は禁じられているそうで・・・。再度連絡して、じゃあこの方法だったらできる?と聞いてみたら「それだったらできる!」とのこと。

あーもーめんどくさ、何この変な禅問答みたいなの。しかも、そんな公証意味あるのか?

たまたま代行会社がニューヨークにあったので、ハタと思いつき、

「公証コピーを出せとあるが公証人が法律でそれはできないと言っている。私がこのコピーは正しいと一筆書いたものに対しての公証はできるらしいけどそれって意味ある?それか最悪、おたくのオフィス近いみたいだから、ニューヨークの役所に代わりに婚姻届のコピー取りに行ってもらうのはどう?」

と連絡したところ、翌朝になって

「お客様の状況を領事館に話しましたところ、公証なしの普通のコピーで良い、とのことです」

・・ってただのコピーでも別によかったんかーい!

もともと法律でできない形で書類を出せと言ってきたからアレなんですが、意外とフレキシブルなイギリス領事館。だったら最初からコピーでええやん、とも思ってしまいましたが・・。今まで一体どうしてたんでしょう。

でもまあ、こんなお役所仕事でも言えばなんとかなるもんで良かった。それか、代行会社が領事館とズブズブな関係だった?どちらにしろ助かりました。

ちなみに、引っ越し荷物を税関に通したりするために旦那が提出した書類一式は、イギリスの税務署みたいなところにごっそり紛失されました(爆)

と言ってもメールで提出したので再送してことなきを得たようですが・・。そして最初に提出した情報も後から見つかったらしく、最初に提出したものと、後から提出したもの、2人の違う担当者から同じ受理番号が書かれた連絡がきたそうです・・。

うーむ、イギリスのサービスもたいがいかもしらん。

アメリカからイギリスTier2ビザ申し込み。

さて、出発まであと数週間の予定ですが、何はともあれ滞在に必要なビザを取らないといけません。

我が家はTier 2 General

イギリスのビザ、結婚用、学生用、投資家用、仕事用などいろいろありますが、我が家は会社サポートによるTier 2 Generalになります。

実は大きいちゃんはすでに数ヶ月前にビザをゲットしてすでに渡英済み。ということで、私はもう何ヶ月もワンオペ育児中なんですが〜〜、まあそれはいいとして、ビザ取得は会社が全面サポートしてくれているので、出発1ヶ月前に手続きを開始すれば取れる、とのことでした。と言うか、ビザが出たら1ヶ月以内に渡英しないといけないので、あまり早くに申請してビザが出てしまっても困る。

この申請のタイミングやかかる時間などは、個人差はあるかもしれません。

4月後半手続き開始、アプリケーションをロッジした

手続きに関しては、今回会社が委託しているビザ取得代行会社が全部やってくれました。今まで移民関係の申請は全部自力でやってたので、こんなに色々他人がやってくれるのは逆に不思議。

代行会社はニューヨークのイギリス領事館のすぐ近くにあり、スタッフもみんなイギリス人。メールのやりとりからして、もう固い!こっちはつい、OK great, thanks! みたいな感じで返してしまうけれど、あちらからは「いつもお世話になっております」的な、非常にご丁寧だけれどあまりパーソナリティが感じられないメールが送られてきます(笑)。

過去10年間の渡航歴や昔のパスポートの情報、住所など色々な情報を提出。あとはパスポート、グリーンカード、婚姻証明書、子供の出生証明書のコピーを送ります。送ると言っても、携帯で写真を撮ってそれをメールに添付して、ですが(日本だったらこれはパスワード保護しないと云々と大騒ぎになりそうw)。

この情報を元に、代行会社が申請書類を作って、領事館に出してくれました。イギリス英語では申請書を提出するという時に、submitではなくてlodge the applicationと言うのをここで初めて知った。イギリス英語、いちいち違って面白い・・。

バイオメトリクスはアメリカの施設で!

申請書類が受理されると、次は顔写真と指紋といったバイオメトリクス情報を取りに行きます。申請して数日後に、予約が取れたので行ってください、と連絡がきました。子供と2人行った先は、アメリカの施設。グリーンカードの申請をする時に指紋取りに行ったりするのと同じ施設です。こういうところ、アメリカとイギリスが提携しているのが面白い。

この1年ちょっとの間に、グリーンカードの更新やらなにやらでこの施設に行くのはもう3回目・・。この施設のスタッフのみなさんはとても親切で優しく、職員の中に必ず1人、日本のアニメについて語りたがったり、日本語を使いたがる人がいる(笑)。今回も「ココニスワッテクダサーイ」「ロンドンに行くの!あーでもbig day (ロイヤルウェディング)は逃しちゃうね!」などと終始和やかでした。受付のおばちゃんさえ帰りがけにhave a great trip! と。毎回この施設のポイント高いです。

再度申請書類を提出して、じっと待つ

バイオメトリクスを取ってきました、ということを証明するために、予約の書類にスタンプを押してもらいます。さらに代行会社が作成した10枚ぐらいの申請書を印刷、署名して、顔写真、パスポート、そしてグリーンカード、結婚証明書のコピー、子供の出生証明書とともに全部まとめ、また代行会社にUPSで送りました。

パスポートを郵送するのはドキドキするんですが、まあしょうがない。これを代行会社が受け取り、領事館に無事提出されました。提出すると5日ぐらいでビザが下りるそうなので、うまくいけば来週あたりにはビザ付きのパスポートが・・届いてるはずなんですが・・・ドキドキ。

Tier 2配偶者ビザは、イギリスで就職もできるそうなので、別に駐在手当が何か出るわけでもなく、普通にイギリスに転職しに行く我が家、優雅な駐妻ライフは期待できそうにないので、私もいずれは労働せねばならぬかもしれません。わーどうなるか〜〜

にわか王室マニアの覚書き

イギリスはロイヤルウェディングで盛り上がっていたようです。既にロンドンにいる大きいちゃん特派員からもこんな写真が送られてきました

f:id:Marichan:20180521135717j:plain

f:id:Marichan:20180521135811j:plain

公園に集まってみんなで中継を見たり、ご近所さんが集まり、道を封鎖してお祝いするブロックパーティーもあったようです。

一方私は、ロンドンのアパートの家具をどうしようかとIKEAのサイトをのぞいてみたら、ウェブサイトがこんなことになっていた・・・(笑)

f:id:Marichan:20180521140659p:plain

私も朝起きてから、小さいちゃんと一緒にウェディングの様子をネットで見ましたが、ちょっと前にドラマThe Crownにはまり、王室関係の資料をあさりまくってにわか王室マニアみたいになってしまった身としては、ああ、イギリス王室もずいぶん変わったなぁ、と変な感慨を覚えてしまいました(って一体何様w)

だって、3世代前は、アメリカ人の離婚経験者と結婚したいがために、王様が退位しちゃったりしてたんですよ!それを考えると、次男っていうこともあるでしょうが、ガチガチの王室も時代とともにずいぶん変化したものだ・・・!そういえば、エリザベス女王の妹、マーガレット王女も婚姻関係では色々あった人で、慣習を打ち破るのはやっぱり次男次女?

marichan.hatenablog.com

ということで、今回はだいぶ前に書いたこのエントリーの続きで、The Crownを見たために王室の歴史にはまり、ドキュメンタリーや資料を見漁った結果、へー面白い!と思った色々な話の覚書集です。

Duke and Duchess of Windsor, Cascais.jpg
By Unknown - [1], Public Domain, Link

  • アメリカ人で2度の離婚歴がある女性、シンプソン夫人と結婚したいがために、王位を退いたこちらがエドワード8世。「王冠を賭けた恋」などと言われて世紀のロマンスみたいな描かれ方もしておりますが、退位したとばっちりを受けたのが弟だったエリザベス女王のパパ。それこそ次男で、王様になる予定はあんまりなかったのにいきなりジョージ6世になっちゃった。

http://static.tvtropes.org/pmwiki/pub/images/thekingsspeech.jpg
(コリンファースかっこいい)

  • 吃音に悩んでいたりと、あまり公的な場に出るのが得意ではなかったのを、無理をして頑張って王様をやっていた姿は、映画「King's Speech」でも有名になりました。エリザベス女王も、もともと女王になる予定はなかったのに、ある意味王冠が次男一家に降って湧いてしまい、その重圧や生活が一変したことに対しては、特にエリザベス女王のママがずっと恨みに思っていたみたい。

King George VI of England, formal photo portrait, circa 1940-1946.jpg

(こっちがご本人、ドラマThe Crownでは顔がボコボコの役者さんでなんぞ?と思った)

  • 実際ジョージ6世はストレスもあってタバコをバスバス吸いまくっており、肺がんになり、片肺の摘出手術を受け、結構若くに亡くなっています。
  • 一方シンプソン夫人と結婚したエドワード8世だけれど、王冠を捨ててまでのロマンチックな恋・・というと聞こえは良いけれど、実際のところは王様として得られる注目や贅沢は好きだけれど、王様としての使命を果たすのはあまり好きではなかったらしい。
  • もともとプレイボーイで人妻とばかり付き合ったりしていたらしい。独身時代のエリザベス女王のパパジョージ6世も人妻と付き合っており、兄弟揃って不倫カップルとして4人仲良くつるんでいた時代もあったらしい。へぇぇぇ・・
  • そんなエドワード8世、すっぱり退位して結婚もして、王冠に未練もないのかと思いきや、戦争中にはナチスに近づき、ナチスに協力してもらってイギリスを戦争で打ち負かし、ドイツが占領したイギリスで再度王座に返り咲こうとしていたことが、後に明らかになったそうで、なんともまあ(その外交文書が明らかになったドキュメンタリーも見た)・・。
  • しかしそこまでしてまでシンプソン夫人にこだわった理由。それは王様がMだったから・・というのもあるらしい。シンプソン夫人に犬のように扱われて喜んでいたのだとか(どっひゃー)。当時の王室、両親から引き離されて育っていたりするので、色々愛情面で歪みもあったようです、一方エリザベス女王のパパは、ちゃんと真面目な結婚をして、そこのところは大丈夫だった模様。
  • エリザベス女王のお母さんであるエリザベス皇太后がかなりのしっかり者で、彼女がいたからこそ、吃音やら色々問題があったエドワード8世は王様をやっていられたよう。大家族で育った皇太后の実家で撮影された当時の古いフィルムをいくつか見たけれど、まあみんなひょうきん者でわーきゃー楽しそうにしているものばかり。こういう家庭の暖かさを、奥さんの実家に遊びに行くたびにエドワード8世は初めて経験したとか。

https://resources.stuff.co.nz/content/dam/images/1/n/9/0/m/z/image.related.StuffLandscapeSixteenByNine.620x349.1nap2i.png/1512944802791.jpg

  • ドラマThe Crownのシーズン1、2で好きだったキャラクターは、エリザベス女王の妹マーガレット王女。真面目で本当は女王よりも、農村の主婦になっていたかったようなタイプのお姉さんと違って、社交的で派手な性格。長女次女にありがちなコントラスト。でもやはり早くに父親を亡くしたり、仲良く育ってきた姉が急に女王という立場になってしまったりで、心はきっと不安定。そして侍従武官だったタウンゼント大佐(16歳年上)と恋に落ちるが、大佐に離婚歴があったので、特に政府や教会の反対にあい、数年後に破局。その間にも大佐はベルギーに左遷させられて2年間会えなかったり、結婚を諦めたタウンゼント大佐が以外とあっさり、年下でマーガレット王女に似ている人と結婚しちゃったりと、見ていて色々かなり気の毒でした。
  • ここでもやっぱり、相手の離婚歴というのが大きく引っかかったようで、これもまた、マーガレット王女が今回のロイヤルウェディングのことを知ったらどう思ったか。エリザベス女王も、姉として結婚を応援したい立場と、イギリス国教会の長としての女王の立場とで板挟みになって大変だったみたいで、この日にどういう思いがあったのかなぁ、などとも考えたり。
  • そのあとは自暴自棄になってみたりワイルドなパーティーアニマルになってみたりなマーガレット王女。ファッションやメイクも地味なお姉さんと比べて、かなりその時代のおしゃれ最先端な感じで、ドラマはそこを見るのも楽しかった。
  • その後はボヘミアンな写真家と結婚するもうまくいかず、かなりハチャメチャに色々な人と関係を持ったりしたのちに離婚。ミックジャガーとも噂があったこともあるらしい。離婚も、70何年ぶりのロイヤルファミリーの離婚だったそうで、かなりスキャンダルになったそう・・・。そこらへんの話は、来年のシーズン3を待たないといけないけれど、やっぱり色々気の毒・・!


・・とまあ、ダイアナさんとチャールズさん以前から、実はかなりワチャワチャと色々あったイギリス王室。そんな中、真面目に見えるのはエリザベス女王だけだったりして、しかし王室を維持するために生真面目に心血を注いできたのでありましょう。

一般大衆的には、やんちゃなメンバーについ気が行ってしまいがちではありますが・・。少し前のテレビ番組で、イギリスの道行く人々や芸能人に好きなイギリス王室の人物は?と聞かれて、ハリーと答えている人がかなり多かったのも印象的でした。せめてケイトさんやダイアナさん、エリザベス女王もあったけど、チャールズやウィリアムっていう人は誰もおらずw 

しかし今回の結婚式の盛り上がりよう、そしてThe Crownの時代だったら絶対ありえないようなバックグラウンドを持つミーガンさんがロイヤルファミリーの一員となったことはただただ喜ばしい!

もともと今のイギリス王室自体、生粋のイギリス人の家系かといえば全然そんなことはないわけで(その話はまた今度)、生き残りのためにありとあらゆる努力やウルトラCをやり続けて今があるわけで、今回のことでまたしばらくはイギリス王室は安泰ですね〜。

それにしても!いつか似たような感じで皇室の赤裸々なドラマが作られる日が来るんでしょうか。あと30年後とかかなぁ。見てみたい・・・。

参考資料はWikipedia, The Crownの他ここら辺

www.netflix.com
https://www.netflix.com/title/80131167www.netflix.com
https://www.netflix.com/title/80064378www.netflix.com