愉快的陳家@倫敦

ロンドンで、ちょっと雑だが愉快な暮らし。

ブダペスト紀行2:ドハーニ街のシナゴーグ

今回泊まった宿は、ブダペストのユダヤ地区にあった。パーティーエリアでもあるらしく、周囲からはこのあたりのおすすめのバーなど教えてもらったりしたが、私達が泊まった通り、ドハーニ街にはとても大きなシナゴーグがある。大きすぎて全容が撮れない。ヨ…

ブダペスト紀行1:天井3メートル

10月の秋休みは、これまた賞味4日ほどブダペストに行った。思えば初の東欧への旅。飛行機で2時間半ほどで着いてしまう。ハンガリーというと、オーストリアハンガリー帝国、フランツリストにハンガリー舞曲・・・歴史と文化にあふれる国というイメージしか自…

夏のベルギー旅その11:25年ぶりの再会

蚤の市の喧騒から逃れるようにリールの大聖堂にやってきましたリールを訪れるのは実はこれが2度目。初めてこの地を訪れたのはアメリカの大学に通っていた学生時代。冬休みに、フランス人の友人Cちゃんを頼ってクリスマス休暇を、フランス北部で過ごしたこと…

夏のベルギー旅その10:寄り道蚤の市生の肉

旅の最終日、ゲントからまたローカル線に乗り、ユーロスターが走っているフランスのリールに戻ります。全く知らなかったのですが、たまたまこの週末は、年に一度行われる、欧州最大の蚤の市が開かれる日とあって、リールの街は大混雑。電車が駅に着いた時か…

夏のベルギー旅その9:ベルギーの美味しいシチュー

ゲントでの最後の晩餐は、ベルギーの家庭料理を出すお店へ。www.tripadvisor.jp飲み物やデザートのメニューは、こんなトランプのカードになっていてかわいい。持ってきてくれるパンはこんな袋に入っています。意識高い系の言葉とかいらないからパンをくれ、…

夏のベルギー旅その8:羊・鍛えすぎジーザス・落書き三昧

アートなゲント。どんどん画像を貼り付けていくよ。羊を讃えよ(ファン・エイクの作品、聖バーフ大聖堂の祭壇画の一部です)街には中世あり現代ありここは誰でも落書きしてもいい道、スプレー缶を持って絵を描いている子供たちも街にアートあれば美術館もあ…

夏のベルギー旅その7:街で見かけた美味しいもの

ベルギーといえば、チョコレート。街のあちこちに、ショコラティエがあります。Tripadvisorなどを見ると、こういうショコラティエを食べ歩くツアーなんかも紹介されています。甘いものがそこまで食べられない我が家は、ツアーなんてとても無理と思ったので、…

夏のベルギー旅6:面白い城

ベルギーのお笑いのセンス、というのがあるのかはよくわからないが、Gravensteenと呼ばれるフランドル伯のお城のオーディオガイドがとてもとても面白かった。石造りの中世の城を歩きながら、各部屋の説明をヘッドホンで聞きながら回るわけだけれども、英語の…

夏のベルギー旅その5:ベルギー美味しいものシリーズ

泊まったアパートのキッチン。色目がとてもかわいかった。朝は近所のチョコレート屋兼ブーランジェリーへ。かわいいケーキは見るだけ・・クロワッサンなどを買った。この丸いのはTijgerbollenとかTijgerbroodと呼ばれるもので、いわば虎のパン。パンの上に米…

夏のベルギー旅その4:ゲントの住宅地ふらふら歩き

ゲントでは中心から歩いて20分ぐらいの住宅街に泊まったのだが、やはり人々の暮らしぶりが少しでも垣間見れるのはうれしい。とはいってもやはりかなり中心にある住宅街なので、一般のベルギーの住宅事情とはまた異なるかもしれない。ゲントに向かう電車の中…

夏のベルギー旅その3:多言語ボート

川と運河が通るゲント、そして水辺にはギルトハウスが立ち並んで中世の風情がたっぷりである。水が豊かにある街、水辺の街は住むのも訪れるのも好きだ。観光地のお約束として、この運河から歴史ある建物や風景を案内してくれるボートツアーが色々と出ている…

コワーキング・試合・冬ですね

日がずいぶん短くなり、雨もぼちぼち降るようになり、窓には結露がつくようになり、とうとう暖房をつける機会も出てきました。ロンドン、そろそろ冬ですね。とはいえ、今年はまだまだ気温もそれほど下がらず、レミゼラブルに凍える機会はまだありません。週…

フルート修理と再発見

クラシックの本場ヨーロッパにいるから、もっとフルートを吹く機会が増えるかと思ったものの、数か月に一度ワークショップに行くか行かないか程度で、実はあまり楽器にさわっていない。今、自分の興味の焦点が少しフルートから離れてしまっているのもあるが…

夏のベルギー旅その2:ゲントの美味しいもの・ストリートフード編

泊まった宿では、ホストの人がベルギーのワインと、地元のお菓子を用意してくれていた。といってもテーブルの上に置いてあったこれ、最初はお菓子に見えず「??」。食べてみると外側がちょっと固めのグミのような、ゼリーのようなお菓子だった。キュベルド…

【本棚総ざらい5】やがて哀しき

久しぶりに村上春樹のエッセイを読んだ、村上春樹の小説は読むと腹が立つばかりで全く共感できないのだが、エッセイはなぜか好きで学生の頃からよく読んでいた。当時アメリカの東海岸の大学に行っていたので、特に村上さんがプリンストンやボストンにいたと…

夏のベルギー旅その1・電車に乗ってベルギーへ

夏休みも終わりという頃に、ようやく家族で休暇を取得、ベルギーに行った。なぜベルギーか、それはただ安かったから。思い返せば2018年だったか、ドイツに旅行に行くはずがガトウィック空港でドローン騒ぎにあって飛行機が飛ばず、仕方なくベルギー(ブルー…

夏のまとめ

今年の夏はなんだか寒くて夏らしい日が少ないまま秋を迎えてしまった、そしてもう9月も半ばである。9月に入ってときたま暑い日が続いたりと思えば雨がざんざん降り始めるなど、相変わらずなんだかよくわからない天気が続くロンドン。そういえば今年の夏、…

クロアチア⑯:スプリット色々おぼえがき

バカンスの目的地としては、イタリアの廉価版と例えられることもあるクロアチア。ただ最近はその人気があがっているせいか、ものすごくお得感がある感じではなかった。今年1月に、通貨をユーロに切り替えたことも一因にあるのかも。 まだ通貨の移行期だから…

はじめてのプロム

チケットを譲ってくださる方がいて、思いがけずBBC Promsに行ってきた。ハイドパークの端、ロイヤルアルバートホールで毎年開催されている、夏のクラシック音楽祭。7月から9月まで、70回以上の公演がある。そしてそのプログラムは全部違う。演奏内容は、有…

クロアチア⑮:クロアチアの美味しいもの、その4

クロアチア最後の晩餐。お目当てにしていたお店は、予約無しで突撃してみたら、8割がた中国の団体客で埋め尽くされており撃沈。このお店はクロアチアの伝統料理「ペカ(ジャガイモとお肉をどーんとローストしたもの)」を出すというので行ってみたのだが、…

イッヘイという概念

お天気が滅茶苦茶な最近のイギリス。6月ごろには猛暑日もあった気がするのだけれど、夏になったとたんに曇り、雨、雨、最高気温15度とかそんな感じ。外に出ると死ぬかもしれない灼熱の日本や、熱波が襲ったスペインやイタリアとは雲泥の差です。ヨーロッ…

コロリでございます

ソーホーをフラフラと歩いていたら、昔使っていたらしいポンプに遭遇した。このポンプ、ビクトリア時代、この近辺でコレラが蔓延した際の原因になったものだそう。その記念?に残してあるらしい。ビクトリア女王の時代というと、日本では幕末の頃でもあるの…

初夏の夜のお笑い

子供が修学旅行で家をあけた某日、夫と久しぶりに夜の街に繰り出し、コメディクラブに行った。最後にスタンドアップコメディを見たのはたぶん子供が生まれる前、しかもデーブ・シャペルがサンフランシスコに来た時ではなかったか。アメリカでは、有名なコメ…

クロアチア⑭:スプリットのおいしいもの、その3

ある日のランチ、魚市場の向かい側にあるお店へ。魚介類のフリッターの写真がこれでもかと店先に貼られている。魚市場の入り口とは歩いて10歩も無い距離にあるお店、市場の人がビニール袋に入った材料をふらっと立ち寄って持ってきていたので、これは間違い…

クロアチア⑬:スプリットのおいしいもの、その2

クロアチアでは居酒屋風のお店をコノバと呼ぶ。宿の周りにもレストランというよりコノバと呼ばれているお店がいくつもあった。ある晩の夕食は到着した夜に行ったお店に舞い戻り、ピザ以外の地元のメニューも試してみることにした。これはPašticada(パシュテ…

子供、ピアノをやめる

あっという間にもう7月。アメリカはすでに6月から夏休みに入るので、最近はアメリカからお友達家族が何組もイギリスに旅行で訪れ、久しぶりの再会を何度も楽しむことができてうれしい限り。一方子供の学校はなかなか終わらず。期末テストがようやく終わり…

クロアチア⑫父娘フィーバー

スプリットは、テレビシリーズ、ゲームオブスローンズのロケ地でもあったそうで、旧市街の中にゲームオブスローンズ博物館というのもある。なーまーくーびー実は私はこのシリーズとロードオブザリングの他の別の何かの区別が時々ごっちゃになるくらい興味が…

【本棚総ざらい 4】コンスタンチノープルの陥落

コンスタンティノープルの陥落(新潮文庫)作者:塩野 七生新潮社Amazon家の本棚にある本を読みなおすシリーズ。もう10年(以上?)手に取っていなかった塩野七生の本。東ローマ、ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルが、トルコの若きスルタンメフメト…

クロアチア⑪:クロアチアの美味しいもの、デザート編

旧市街の至るところにあるのが、ジェラート屋さん。イタリアにも近いクロアチアは、普通にどの店に行ってもジェラートが美味しかった。1日1ジェラートと決めて適当に入った店、どこもはずれなし。Sladoledarnica Emiliana Netflixの旅番組でも紹介されていた…

クロアチア⑩:クロアチアの美味しいもの、ストリートフード編

クロアチアに行く前に見た旅番組、Somebody Feed Philwww.youtube.comNetflixで6シーズン目、そこでもスプリットを含むクロアチアを訪れていますこの番組でも紹介されていて、フードツアーの人もおすすめしていたのが、Kauntun Paulinaというお店の「チェバ…