愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

そういえば結婚で苗字を変えなかった話

サイボウズの青野社長が夫婦別姓を求めて国を提訴、というニュースが話題になってるらしいですが、提訴の理由が「日本人と外国人の結婚ならば別姓が認められるのに、日本人同士だとそれができないのは不平等」というところがポイントになっているのがなかなか面白いと思いました。おお、そういえばそうだった!

そういえば私も結婚したけど苗字、変えてない。

パスポートも戸籍も何もかも旧姓のままでした。っていうか、変えてないから旧姓とも言わないか。

日本で届けを出した時には、私が戸籍の筆頭主になって、そこに備考として旦那の名前が入っていました。だ、旦那は備考!

アメリカでは子供の苗字は陳ですが、私の苗字がミドルネームに入っています。でも日本の戸籍では私の苗字。

そして子供の日本のパスポートには、(括弧)つきで旦那の苗字も入っている。ち、陳は括弧!

備考だったりかっこだったり、ちょっとおまけっぽい扱いの陳さん(笑)



結婚する時、自分の苗字を変えようか少しは考えました(アメリカでは変えようが変えまいが、新しい苗字を作ろうが、再婚の場合でも別れた旦那の苗字を使い続けようが何でもアリ)。

でも、まず何よりも自分が持つ色々なものの名義を書き換えないといけないのが面倒大変で、即却下。当時アメリカ永住権の申請なども色々していたので、特に移民関係の煩雑なプロセスとストレスそしてコストをこれ以上増やしたくない、というのもありました。

そしてやはり思ったのが、私が「陳」さんになることで日本で起こりうる面倒臭いことの数々。

まずこの顔でアンダーソンさんとかだと、ああ旦那さんがガイコクジンなのね・・で済むでしょうが、陳さんになることでまず言われるだろうことが

日本語上手ですね

実際これは、中国系の苗字に変えた人の経験として聞いた話なので、あるある話だと思います(苦笑)

毎回「ええ、陳建一がおじさんなんです」とホラを吹くのも面倒臭い。いちいち正直に説明するのはなお面倒じゃ!

そうこうしているうちに、日本に里帰りするとそこらへんのおばちゃんたちの会話でも、「最近中国人が・・・」というのがガンガン耳に入ってくるようになって、日本で陳さんでいると色々しんどそうだなと思うに至りました。

って、日本に住んでるわけでないので今のところ実害はありませんが、将来子供を日本の学校に体験入学させる時などは、どっちの苗字で行かせるか、ちょっと考えないことはないです。むむ。



とかなり消極的な理由で夫婦別姓を選んだ我が家。と言うより、姓を変える方が積極的なエネルギーがいるので、夫婦別姓を「積極的に」選ぶと言うより、単に何もせずに済ませただけでした。

私の日本の友人の中にも、様々な理由から夫婦別姓を選んだ人がいます。しかし日本ではそれが許されないため、事実婚。子供達もそれぞれ違う苗字を名乗っているそうです。

私は自分の適当な理由で夫婦別姓を合法的に日本でも出来たのに、もっと積極的な理由で別姓を選んだ友人夫婦が色々「戦わないといけない」状況は、実際なんか変だな〜という感じもします。

日本でも、外国人との結婚では別姓オッケーなのは、海外では夫婦別姓や違う風習があるからそれを考慮してのことなんだろうか。そこだけ外に合わせてくれているんだろうか。なして?(ガイコクジンだと戸籍が作れないから、とかの理由かな)


「家族の中で苗字が違うと家族の一体感は薄まるのか??」

これは考えたこともなかったけど、我が家家族3人でいえば、私は普段の生活や仕事でも自分の苗字を使っています(陳を使ってるのはこのブログぐらいか!それだって本名かは、わかりませんヨ😉)。が、別に苗字が同じパパと娘、違う私で分裂したり心理的距離は・・ない。

私が陳家の一員という意識が希薄にならないかと言われると、「陳家(実家?)」という大きなものに吸収されて(これを家に入るというのだろうか)「陳家の人間になった」という意識は実際無い。

ただ旦那も私と結婚したことで「◯◯家(私の苗字)の人間になった」とは思ってないと思うし、それと同じぐらいの気分かも。家族が増えたとは思うがそこにあんまり家の名前がついてこない。

もしかしてそれこそトランプ一族とかケネディ一族とか犬神家の一族とか、何かエスタブリシュメント的なでかいところと結婚するとそうも言っていられないのかもしれないですけど、別に継がなきゃいけない立派なものがあるわけで無い我が家。多分これは苗字を変えても同じ心持ちだったかもしれません。

どちらかというと、私と旦那で新しく合弁会社を立ち上げた感覚かもしれない。

実家(親会社?)はあくまで別決済、社風も違いますし、経営に口出しも特になし。しかし系列会社として提携関係にはある感じ。同じ苗字のグループ会社だからここはどうか一つ、とズブズブの癒着関係ではないかもしれません(笑)

陳に入れば陳に従え的な部分は、せいぜい義両親が召集する総会(家族飯)でのメニューの決定権ぐらいなものか。

小さいちゃんは自分は陳であり、◯◯(私の苗字)である、と両方に誇りを持っているようなので、我が家の場合は、別姓で逆に両家共々繁栄しそうでめでたしめでたし、です。

家族によってニーズは色々だろうし、変えるのも変えないのも、どっちもありでも誰も何も困らず皆ハッピーな世界になれば良いのになあ。