愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

子連れおギリシャ旅㉓アテネ観光

相変わらずなかなか終わらないアテネ旅行記。年末までに終わるのだろうか・・。

アテネの街、観光客らしい場所もフラフラと見てきました。普段はたいして興味を持っているのかどうかもわからない古いものや建物を、わざわざ見にいく「観光」という行為は、やっていると時々不思議な気分になることがあるのですが、行ったら行ったで楽しく興味深い。



元祖オリンピックスタジアム

この前の広場のところに観光バスがどわーっと乗り付けてきます。中には入らず。中には表彰台があって、金メダルのところに誰か立ってます。

「もう、こん棒は使い終わったらこん棒立てだって、何度言ったらわかるの!!」(我が家における脱ぎ散らかした靴下)

https://www.instagram.com/p/BWp04hDl12_/

議会の衛兵交代

シンタグマ広場の前はギリシャ議会です。そしてその横を守る衛兵。

ギリシャの衛兵コーデは、Aラインのプリーツたっぷりアウターに、ポムポムとタッセルを合わせてさらに愛らしさをプラス。足元はタイツですっきりと。アクセは、殺傷力の高い銃剣で甘さを引き締めて。

横からのシルエットも素敵。っていうかこの上着可愛い。そしてやっぱり靴先の大きなポムポム&タッセルが気になりすぎる。

そんなものものしいはずの議会ですが、通用口の上でも猫が寝ています。

衛兵交代のお時間です。横の通用口から交代要員がカッカッと靴を鳴らしながら行進していきます。歩道の真ん中にあるこの道が経路の模様。

横にいる普通の戦闘服を来た人はお世話係。決まった動きしかできない衛兵に代わり、通行人を蹴散らします。

衛兵は所定の位置につくと直立不動のマネキン状態になるので、係の人は服屋の店員のごとく衛兵の制服を整えてあげたりもします。観光客の質問にも答えたりしてくれます。

この衛兵さんたちについて行ったら内閣府の正面まで来ました。わーわーと衛兵を取り巻いて歩いていたら、ふと目の前にはカメラ持って待ち構えていた観光客の集団が。

観光客の人たち、角度の関係から衛兵より先に私達の登場シーンを撮影することに。えらいphoto bombしてもうた。

私達を通り越して、ようやく正面にやってきた兵隊さん達。

セルフィースティック大活躍。

議会前には無名戦士の記念碑があり、兵隊さん達はそこを守っています。

天高く拳を突き出し、反対の足も高々とあげてスローモーションで進みます。体幹が鍛えられそうだ。夜はまた別のコスチューム…じゃなくて制服でガードしています。



アテネ国立考古学博物館

続きまして〜、アテネ国立考古学博物館です。

治安があまりよくない、という情報もあるオモニアというエリアにありますが、駅から博物館までの道のりでは特に治安の悪さは感じず。地方都市のアーケード街を歩いている感じでした。

ただし陳家はどこに行ってもなぜか客引きや観光客狙いのそういう人達が寄ってこない。サンフランシスコでもっとやばい場所の近くに住んでたこともあるので感覚が麻痺している可能性あり。日本から来る方にはあんまりアテにはならないかもしれません・・。

この地域には大学などもあり、最近ではアナーキストの活動拠点、という意味で物騒だということもあるらしい。夜はまた違う趣になるのかもしれません。昨今の暴動やら何やらもここから始まっていたりするようだし。

この博物館でようやく(?!)日本人観光客の団体に遭遇しました。団塊の世代のみなさん。白いカウボーイハットをかぶったしゃれおつなおじさん、日焼け対策バッチリなおばさま方。団塊の世代って高度成長期やらバブルの頃もがっちり稼いで、老後はこうやって悠々海外旅行できていい世代だよなー。こっちはバブルもドットコムブームも逃した世代だぞ。就職氷河期だぞ(日本で就職活動しなかったけど)。

日本語を普通に話すギリシャ人のおばさんがガイドをしていました。

子供はここでもギリシャ神話マニアぶりを発揮し、これはポセイドンだ何だと色々教えてくれました。

が、母はギリシャ彫刻のお尻のショットを・・・。私以外にも、なぜかいいカメラで尻ショットばかりとっているアジア人男性がいました。

しかしこの博物館で一番すごかったのは、「アンティキシラの機械」の展示でした。何と、古代ギリシャの沈没船から見つかった、世界最古のアナログ・コンピューター!!!

これ、見つかった時はボロボロの銅の塊のように見えたものの、実は複雑に歯車を組み合わせて作った、時計のような装置。ハンドルを回すと、日付と太陽や月の位置がわかる、でも実際の用途や目的はよくわかっていない、精密ですごい装置なんだそうです。

いろんな研究者がこの機械の再現しようとしていて、再現物の展示もあるのですが、紀元前2世紀頃にこんなすごいものがあったなんて・・!と驚愕しきりです。行くならこの展示は絶対チェキラッチョ!

テクノポリスシティ

ここは古いガス工場だったところを、イベント施設にした場所。子供向けのイベントも色々あるらしいんですが、私達が行った時はどこも閉まってました。

博物館、コンサート会場、イベントスペース、カフェなどがあります。


ちょっと大きめのこんな滑り台があった!ここで子供、しばしお戯れに。

今の時期はここでクリスマスのイベントやアイススケートリンクなんかもあるらしいです。最寄駅Kerameikos駅前でポケモンGoをすると、バリヤードが結構フラフラしています←お得情報