愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

子連れサンディエゴ旅②大人も楽しいレゴランド

サンディエゴの旅、と言いながらも、時間の大半を費やしたレゴランド

www.legoland.com

サンディエゴからは車で30分ほど北上したところにあるカールスバードと言うところにある。

サンディエゴといえば動物園かシーワールド、と思っていたけれど、小さいちゃんはきっとこっちも好きだと思う、と色々な人にオススメされて行ってみたが、結果かなり楽しかった。

車で入っていくところから、レゴでできた巨大なレゴ人間(?!)の人たちが出迎えてくれる。そして入り口ではEverything is awesome!のテーマ曲がw もう何もかもが巨大レゴみたいな感じなのである。大人もかなりこれでテンションが上がった。

そしてこのお天気。前日のどんよりとは裏腹に晴れ!1月だけど半袖で全然オッケー!日焼け止めを持参するのを忘れ園内で高額で購入したぐらいの日差しだった。

園内は色々なキャラクターやテーマ別に分かれていて、子供が昔よく見ていたレゴフレンズを喜ぶかなと思ってまずはそこに行ってみた。

微妙だったらしい・・

ショーも見たがこんなに端っこの方で。みんなも立って踊って!と言われてしれーっと逃げ始める。もうこういうガーリーすぎる感じのものが嫌になっているらしい。キャストの人たちが舞台から降りて子供達に迫ってきたところで、もう次に行こう、と終了〜

一方でハマったのはニンジャゴー。

3Dメガネをかけてライドに乗り、手をワチャワチャ動かすと、火の玉みたいなのが発射されて画面に出てくる悪者を倒すことができる・・と言うゲーセンとライドが一緒になったようなものに、3回続けて乗った・・・(苦笑)空いてて良かったね。

実際火を吹く敵がくるとワッと空気が熱くなったり(何度も乗ってる間に確認したら上に屋外用ヒーターみたいなのがついてたw)、3Dメガネをかけるので本当に落ちてる感覚になったりと、臨場感たっぷり。あまりに調子に乗って手を動かしていたら、なんと翌日腕が筋肉痛になった(苦笑)

お土産に選んだのも背中に背負って歩ける剣(写真は翌日別の場所で)。

なんかそういう風に成長しつつあります・・。

それにしてもこのニンジャゴーの文化的ぐちゃぐちゃがなんとも言えない。ニンジャだけど中国風。ニンジャだけど師匠は「センセイ・ウー」で映画版ではジャッキーチェンが声を当てていた。カウボーイヒーローがフランスのお城に住んでワインを飲んでリバーダンス踊ってるようなものかw

この他にもボートに乗ってレゴでできたおとぎの国ランドに行ってみたり、

レゴでできた東武ワールドスクエア的なものがあったり、

スターウォーズもあったり、

でも実は結構長い時間ニンジャゴーのXboxのゲームもやったり、そこらへんにあるレゴで色々いろんなものを作ってみたりも。あからさまなローラーコースターは嫌がったけれど、他にもいろんなライドにも乗ったりと、真っ暗になるまでずいぶん楽しんだ。

そしてここ、ビジネス的にもうまくできてる。

レゴランドはメインのレゴランドの他に、小さな水族館やウォーターパークがあって、2日間は楽しめるような作りになっている。

そしてレゴランドの前にあるのはレゴホテル。

ロビーからしてこんな感じで、子供はここでワチャワチャ遊びまくり、親はその間その反対側にあるカフェでゆっくりできる。部屋の中もレゴ仕様ですごく楽しそう。

周囲には他に特に何もないカールスバード、レゴホテルか周辺ホテルに泊まって、2日間この地域にお金をチャリンチャリンと落としていく仕組みができている。隣に新しくレゴキャッスルホテルと言うのも作っていたし、裏には立派なシェラトンホテルもある。うちはここから10分ほど離れた安いところに泊まったが、しっかりレゴランド向けになっており宿泊客はほぼ家族連れだった。ここ、かなり地域経済に貢献しているのでは〜。

我が家も2日目は水族館に行けるチケットを買ってあったので、翌日もまたレゴランドに舞い戻った。駐車場代1回で20ドル。これだけでも、ねぇ。

SeaLife水族館は1時間もあれば回れてしまうような小さいもの。

これはフライに、これは醤油で煮付けに、などと料理方法を考えたり・・


中にはスタンプラリーもある。これ、どこかで見たことがあると思えば、3年前イギリスに行った時、ブライトン・ビーチにあった水族館と同じやつや!(ブライトンに行ったことは、途中で力尽きてここには書いていなかった)

レゴランド、実はレゴの会社が所有しているのではなく、Merlin Entertaimentsと言うイギリスの会社が運営してるんだそう。レゴランド、イギリスにはロンドンの郊外ウィンザーにあるんだとか。日本も名古屋にあるらしい。

ブライトンの水族館もそこのブランドだった模様。はー!

時期によっては混みまくりそうだけど、多分今回新年空けてから行ったからか、がら空きだったのも良かった。どこも並ばずに済んだし。そういう点で親のストレスが少なかったのもあり、なんだかとても楽しい思い出になったのだった。

ちなみにレゴランドのチケットはお安くないが、いろんなところでディスカウントがある。我が家はカリフォルニアPTAの割引を利用。1day Hopper、子供の分が無料になった。こちら