愉快的陳家@倫敦

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

愉快的陳家のクリスマス2017

2017年もぼやぼやしているうちに終わりが近づいてしまった、今年は本当にぼーっとしている間に過ぎてしまった気がする。と言っても全く何もしていなかったわけでは無いみたいなので、覚えてないだけみたい…このブログも含め、どこかに書きつけて置かないとすぐ忘れてしまう。

2017年のクリスマスも相変わらず食い倒れて過ぎて行く。

イブの前に、島の友人達と食い倒れ。こういう時でないとなかなか作るチャンスがないロールケーキを作っていった。

結構活用している福田和子さんの和のスイーツ本より、今回は抹茶スフレロールケーキ。

 クリームに抹茶を入れず、ラズベリーを入れてみたけれどちょっとラズベリーの味が浮いてしまった。次はちゃんと抹茶を入れてパンチをきかせよう。

和スイーツの本 (マイライフシリーズ 728 特集版)

和スイーツの本 (マイライフシリーズ 728 特集版)

 

腹を抱えて笑って食べて楽しかった。が、家に帰ったら一体何の話をしてあんなに笑っていたのか思い出ない…!(笑)

 島の日系教会でのお餅つき。

 毎年この教会に通うお友達に呼んで頂き、ちょっとお手伝いもしつつお餅を分けてもらっている。教会メンバーの高齢化が進んでいることもあり、こういう場ではよく働くパパは結構あてにされていたらしく、今年もあの人来るの?と言われていたそう…(笑) 

https://www.instagram.com/p/BdD8sJcgcN8/

見渡す限りの餅餅餅。

この島、戦争前はとても大きな日系コミュニティがあったのです。またその話はいつか詳しく。

翌朝の朝食にはもう早速つきたてお餅。 

クリスマスのブランチは相変わらずの、家族飲茶。毎年何が嬉しくて、1時間も待って大混雑の中飲茶を食べるのかは謎ですが、やらないならやらないでちょっと寂しいこの儀式。

クリスマスで街が静寂の中、中華料理屋の前だけは飲茶待ちのチャイニーズ一家で大混雑するのがお約束。中には白人だけのグループもあったりして、クリスマスと言ってもトラディションは一つだけでは無い、家族それぞれ。

我が家は家族10人でわあきゃあ言いながら、迫り来るカートからいつも通り餃子や焼売やピックアップしては喰らい付き、最後にはカートにあったマンゴープリンを全て争奪。

そして午後は午後で友人宅でまたもやクリスマスのご馳走三昧。

 

 

#glühwein #mulledwine #グリューワイン Christmas feast number 2 砂糖の塊燃えてます

A post shared by Mari (@mari.sf.chan) on

 

燃えさかる砂糖の塊が入ったグリューワインを飲みながら食べ物の写真を撮る暇なぞなくまた飲んで喋って、また一体何の話をしてたっけ?

子供達はジュースやらひっくり返し、大人はいつも通り寝始めるものあり、酔っ払うものあり、なんだか遅くまでよく飲み食べたクリスマス。もう翌日の静寂が、少し寂しい。