愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

ロンドン2016 ㉕ テムズ川散策

ロンドンといえば、お馴染みなのは、この風景。

パノラマショットをここにはるとちょっと迫力が失せますが、テムズ川沿いに見えるウェストミンスター宮殿、そしてロンドンアイ

あー、もちろんあともうちょい歩けば、ロンドン橋も、見えてくるでしょう。

世界中からたくさんの人達が集まってくるこのエリア。

2015年も2016年も、ロンドン橋もロンドンタワーにも行かず、ましてや高額なロンドンアイにも乗りませんでした。

それでもやっぱり観光客を決め込んで、週末のテムズ川の雑踏を、家族で右往左往してみたりもしました。

2017年夏が近づいているのにまだ2016年の旅日記を書いておりますが、2015年のロンドン旅日記、実はまだ数日分未完w

今回は、テムズ川沿いのブラブラ散策、2年分の写真を使って、淡々と記載してみることにします。

時系列どころか、位置関係ももう記憶があやふやなので、出たとこ勝負です。

ロンドン在住の皆さんが見たらちょっとモヤっとする順番かもしれませんwご理解とご了承の上、前にお進み下さい。

こちらはもう観光名所としてお馴染みの巨大観覧車、ロンドン・アイ

ここらへんはもう人がぎうぎうで歩くのも人をかき分けて。

実際何か知らないけれど暴れて警察にタイホされちゃってる人もいました、ご注意下さいw

チケット代が大人一人30ポンド以上とかするので、我が家は乗らず。

代わりに、一昨年はマーブル・アーチに設置されていた、中くらいの大きさの観覧車に乗りました。

でも去年行った時にはもうなくなってた。残念。

ちなみに、日本で一番大きい観覧車は、オオサカホイールでっせー。

しかも1000円ちょっとで、のれまっせw

さて、あまりお金を使わなくても、ブラブラ歩いているだけで楽しいものが勝手にやって来るのも、散策の良いところ。

川沿いには大道芸人も一杯いて、すごいんだかそうでもないんだか良くわからないような芸を見せてくれたり。

でも概してギターで弾き語りをやっている人達はとても上手でした。

さすがロンドン。

でも子供に大人気なのは、シャボン玉芸人

棒にロープをうまいこと巻きつけ、シャボっとシャボン玉液につけて、巨大シャボン玉をどわーっと作ってくれます。

これが去年。

これ一昨年。

どれも子供達の手がわーっと上を向いているのがおかしい。

でもついそうなる。

実は我が家にもパパ手作りの同じ装置がありまして。

これ作るのは簡単なのですが、逆に壊れにくいシャボン玉液を作るのに、パパが色々苦心していましたw

それに周囲がびっしゃびしゃになりますww

そして家の前でずーっと研究していたため、随分近所の人に見られていたらしく「お宅のご主人シャボン玉をずっと何かやってましたね・・」とあとで結構言われましたwwww

話が随分脱線しましたが、テムズ川の歩道沿いには、大きな砂場もあります。

子供を暫くここで放牧させつつ、大人も砂の上に座り込み、暫く放心。

向こう側に見える陸橋の下では、去年も一昨年も、スケボー少年達が練習に余念がありませんでした。

青空古本市、開催中。

向こうに見えるダブルデッカーは、SNOGという、フローズンヨーグルト屋さん。

二階席でどうぞ!

こちらは一昨年、ナショナル・シアターの前で。

去年行ったら改装中?でこの壁の部分が見当たらなかった。

炎のチューバ奏者w

これ、なかどうなってるんだろう。

ぼっと火が出るたびにちょっとだけ熱気を感じた・・楽器、熱くならないだろうかw

前の市長、ボリス・ジョンソンの肝いりで始まったので「ボリスバイク」と呼ばれるレンタルバイク。

アメリカにも似たようなサービスがありますねぇ。

素晴らしい試みではあるのですが、いかんせん街の作りがバイクフレンドリーでない。

これに乗った観光客がフラフラヨロヨロ、時には集団で横に広がり歩道を走ってきたり、これに乗ったスーツ姿のロンドナーのみなさんが、ダブルデッカーの横をすーっとすり抜けて行くのを見てるとヒヤッヒヤする〜!

川沿いはバンクというか土手の上、川を見下ろす感じで歩きますが時々下に降りられる場所もありました。

石がゴロゴロしてたり、いつの時代のものか良くわからないガラスの破片があったり。

ま、きっと最近のものだろう。

2年連続で遊んだプレイエリア。前に比べると、出来ることも随分増えたねぇ。

このメリーゴーランドも2年連続乗ったねぇ。一昨年はパパとふたりで、去年は自分ひとりで。

ここが全くどこの何だったのか記憶にありませんが、川沿いには色んな施設があるので、ふっとこういうところを通り抜けたりします。

小さいさんは、何を間違えたのか、ここの水にコインを投げたのはいいけれど、その後暫くこの変な像に向かって合掌。

古いものと新しいものが共存する街。

800年前に建てられたSouthwark Cathedralと、8年前に建てられたイギリスで一番高いビル、The Shard

ちなみに日本で一番高いビルは、あべのハルカスでっせー

大阪色々頑張ってるなw

向こう岸に見える、一番右側のけったいな形のビル。

Walkie-talkieと呼ばれているこのビル、ご覧の通りちょっと湾曲したユニークな形になってます。

実はこのビル湾曲のせいで、太陽光がうまーいこと反射して、道に駐車してあった黒いジャガーのパーツを、溶かしてしまったんですって!

あ、こち亀風にいうと、ジャガーじゃなくてジャグワーでしたねw

そんな話を旦那としながら歩いていたら、周囲を歩いていた観光客の人達がえ、なにそれ!とざわついていましたw

こちらは、テート・モダン。多くの博物館が無料なロンドン。

ややもすると鑑賞の仕方や解釈の仕方が全然わからなくなるモダンアートですが、ここの展示をじっくり見て、説明もちゃんと読んだら何となくとっつきやすくなりました。

とってもおすすめです。

marichan.hatenablog.com

結構日差しが強くて暑い日もあったロンドン。水着持参で、子供達が大騒ぎ。

うちも持ってくれば良かった。

私達が訪れた去年の夏はリオオリンピックの真っ最中。

それに合わせたイベントで、カーニバルみたいなことをやっていたのですが、そのイベントの流れでお酒が入って出来上がった大人もぼちぼちいて、そんな中、中年に近いバカップルが服のままこの噴水に突進。

突進はいいんだけど、そこにいた子供をなぎ倒して走って行き・・・、それに気づかなかったのか、笑いながらそのまま去っていきました。

意外と呆然として動きが取れないイギリス人。

オイコラ!と私も叫んだ時にはあとのカーニバル。奴ら、今頃酔っ払って雲古まみれの床で滑って転んでるといいな。

橋の欄干、じゃなくてどの部分かよくわからないけれどあったとってもカッコイイエンブレム、か何か。

なんとなくぼんやりしっている単語を並べてみましたがただの装飾でしょうか。

そしてこちらは、川沿いの砂浜に作られていたサンドキャッスル砂の城(怪しい商業施設名ではありません)。

作成しているのは、缶ビール片手のヒゲ船長みたいなおっさんと仲間達。

チップを入れる入れ物が至る所に置いてあり、ゲームみたいにうまく投げないと入らない仕組みになっていましたw

川にも満潮干潮あるようで、見ている先からどんどんとテムズ川の水に侵食されていく、ああ、諸行無常・・・

そして特にオチもないこのテムズ川散策日記も、波とともに静かにフェードアウトして終わりたいと思います。