読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

ロンドン2016 ⑯ 子連れにおすすめ、ダイアナ妃メモリアルプレイグラウンド

旅・イギリス

もうここは鉄板だと思いますが、子連れでロンドンに来たら行くべし、な場所のひとつがハイドパーク。至る所にちょっとした公園があるロンドンですが、結構子供向けの遊び場も充実していて、子供に優しい場所だな〜とつくづく感じます。

その中でもハイドパークには、ダイアナ妃を記念して作った子供向けの遊び場が2箇所あり、去年も今年も滞在中何度か足を運びました。

とその前に、今回はKoppel Projectで子供向けアートプロジェクトをやってくれたアーティストのお姉さんにオススメしてもらった、公園内にあるSerpentine Galleryにも立ち寄ってみました。

ここは小規模なギャラリーなんですが、面白いのは入り口の前にあるカフェの部分、パビリオンと呼ばれている場所。ここはいろんな建築家が期間限定で色々なデザインの屋根というか日よけというかパビリオン部分を作るんだそうです。

夏に行った時はこんな感じでした。今はもしかしたらちょっと違うのかも。

ギャラリー部分はこちら。無料で入れます。併設のブックストアに入って、初めて10年位前にここに来たことがあったことに気づいたw

 

さて、ダイアナ妃を記念して作られた子供達の遊び場は、以前お友達と水遊びをした噴水部分と、ちょっと離れたところにあるプレイグラウンド部分の2箇所があります。どちらも無料。ただし、プレイグラウンドのほうは人数制限があり、休みの日などにちょっと遅く行くと、入り口に長蛇の列が出来たりしています。

まあ人数制限があるぶん、異様に混むことは無いし、出入りを管理してくれるので、セキュリティ的にも安心。10分ぐらい並んですぐに入ることができました。

かなり広いここのプレイグランドには、こんな立派な海賊船があります。どーん!!!

大勢の子供達が船によじ登り大騒ぎ。去年はここで小さいさんを見失い一瞬パニックに。気がついたら全然別の場所の砂場で遊んでいました。

海賊船の他にも砂場やテント、開かずの宝箱やコテージなどなど、何でもピーターパンをモチーフにしたいろんな遊具で遊ぶことができます。

去年も今年も、小さいさんはここであっという間にお友達を作り、ずっと一緒に遊んでいました。楽っちゃ楽だけど、待ってる親は手持ち無沙汰〜。

今年は何人かの子供を従えてコテージに籠城し、ここがポケモンジムだ何だといって架空ポケモンごっこをしたり、周囲の大人達に無料で架空のハンバーガーを、しかも架空の現金と一緒に配り始めたりしていましたw本当にそんなお店あったらいいのにねぇ。

プレイグラウンドには売店も付いているし、敷物を持っていけばピクニックできるような場所も多少あります。またプレイグラウンドを出ると、アフタヌーンティーができる素敵なティールーム、オランジェリーもございますよ。

プレイグラウンドでひとしきり遊んだ後は、公園内にある池に向かって疾走する小さいさん。

思えばここ、子供が生まれるずっと前、10年ぐらい前に旦那と来たことあったかな〜

まさか将来子連れでここに来るなんて思っても見なかったな。