愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

DNAテストその後〜遠い親戚の謎

自分のルーツや健康について手軽に調べることができるDNAテスト。

先日このテストを受けてみて、自分の人種構成を知ったり(9割日本人、ちょっとだけ中国系、朝鮮系だった)、私の母系ルーツは太古の昔、バイカル湖あたりからマンモスを追ってシベリアに移動し、その後朝鮮半島から日本に渡ってきたグループだった、というのがわかったりして、へ~面白いなぁととりあえず満足して終わりました。

marichan.hatenablog.com

今回、 23andmeというシリコンバレーの会社がやっている解析サービスを使いましたが、同じサービスを使ったユーザーの中から、自分と遺伝子的に親戚関係にあると思われる人達のリストも見ることができます。

私の場合、150人位出てきました。

みとこの謎

一番近い「親戚」としてヒットしたのは3rd cousin(みとこ)で、同じ苗字の人が2人出てきました。どうやらきょうだい2人でテストを受けたよう。しかも苗字は沖縄のもので、ハワイ在住の日系人らしい。この2人と私は、共有している遺伝子情報の割合などから見て、4代前に共通の先祖がいることになるようです。8セットいるひいひいおじいさん・おばあさんのどれかが一緒。うーむ、どれだ!

実は8人のひいひいじいさんのうち、ひとりは上杉藩のお医者、もうひとりは、遣米使節団のメンバーとして、咸臨丸とともにポーハタン号でアメリカに行った旗本、ということは知っていました。このひいひいじいさんのおかげで、先日ワシントンDCに建立された記念碑の除幕式に、子孫のひとりとして参加するという面白い経験もさせてもらったのでした。

marichan.hatenablog.com

 でも沖縄とは全く関係がない。

みとことして出てきたこの2人のうち、ひとりの名前のスペルがちょっと変わっていたので、ちょっと検索してみたら、うまいことこの2人のお父さんの死亡広告記事が出てきました(アメリカの新聞では、残された家族の名前も載るので、このきょうだいの名前のセットが出てきたので間違いなさそう)。その記事によると、この2人以外にも何人か兄弟がいて、そのうち2人はマウンテンビュー在住だって。ありゃ、近い。

この死亡広告記事から、お父さんの名前と生まれた年、あと奥さんの名前もわかりました。お父さんもハワイ生まれハワイ育ちの人だったようです。

さらにこの情報を使って、1940年のセンサス情報を調べて見ました。お父さんのお父さんもどうもハワイ生まれらしいことが判明。また奥さんの両親もハワイの人みたい。

ということは、かなり早いうち、明治の頃に既にハワイに移民したご一家なのだと思われます。明治の時代、まだ沖縄と本土の行き来はそれほど無かったはず。なので、ハワイへの移民が始まる前に、沖縄の苗字の人とうちの先祖の誰かが結婚したとは考えられにくい。

もしかしたら別にハワイに移民した人達の中に、私と祖先を同じくする人がいて、どこかの時代にこの沖縄の名前を持つ一家とハワイで結婚して関係が出来たのかと推測します。

それとも自分に沖縄から来た祖先がいるのかもしれないけど、そうしたらもっと沖縄の苗字を持った人が親戚リストに出てきそう。

うーむ、興味はつきない。

さらに遠い親戚の謎

・・などと面白がっていたところ、DNAマッチした別の人から、今度は私に連絡が来ました(DNA情報の一部が一致した人達の間で、メッセージを送り合うことが可能)。

この人も日系4世の人で、たまたまベイエリア在住のHさん。5th cousin、つまりは6代前に共通の先祖がいるらしい・・・それって1770年ぐらい、江戸時代、多分平賀源内がエレキテルとか作ってたころってこと?あまりに遠すぎてもはや他人。でも自分のルーツを調べているとかで、何でもいいから情報が欲しかったようです。

話を聞いてみるとHさんのお父さんの祖先は熊本、お母さんの祖先は広島だとな・・。どちらも家系的には縁もゆかりもない場所。いくつか家族の苗字も教えてもらいましたが、どれも家族の中では聞いたことのないものばかりでした。まあ6代前だからねぇ・・。

23andmeを使って親戚候補が見つかった場合、相手にどこまで情報を開示したいかそれぞれユーザーがコントロールすることができます。全て匿名にしている人もいるし、遺伝子情報も全部開示している人も。また遺伝子情報の他に、自分が知っている先祖の出身地や家族の苗字を追記しておくことも可能。

私の親戚として表示された150人のユーザーも、そこまで細かい情報を開示している人はあまりいなかったのですが、それでも先祖の出身地として「広島」を挙げている人がHさんも含めて4人いました。

そしてその中のKさんという人が、Hさんの母方の親戚の苗字のひとつとして挙げられていた「花本」という名前を、同じく先祖の苗字のひとつに挙げているじゃあーりませんか!このKさん自身の苗字はヨーロッパ系で、その他の先祖の出身地を見ても、多分いろんな血が混じっている人のようです。

ということは、やはりHさんとは広島つながり、そしてこの「花本」家を通じてのつながりなのか・・?!

我が家は大阪、愛媛にも縁があるので、特に愛媛とは瀬戸内海を挟んですぐお向かいの広島に何か関係があってもおかしくないのかな。謎は深まるばかり、面白い。

残念なのは、23andmeは日本でサービスを展開していないので、こうやってつながる相手がアメリカ在住の日系人など、限られてしまうことでしょうか。日本国内でこのサービスが使えれば、もっと近い親戚が見つかったりするのかもしれないけど・・・いや、別に親戚はもう増やしたくないか?!