愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

2016ロンドン② 出国ギリギリプレイデート

去年は私も一週間ほど当時の職場のロンドンオフィスで仕事をし、その間小さいチャンはロンドンくんだりまで来てサマースクールにぶち込まれておりました。そこでたまたま日本人2人とお友達になり、滞在中プレイデートしたりして仲良くさせてもらいました。
 
今年も思いがけずロンドンに行くことになり、これはもう一緒に遊ぶしか無いでしょう!と息巻いていたところ、そのうちの一人、Yちゃんはロンドン滞在1年で急遽帰国することに。しかも私達が到着した翌日が帰国日。
 
それでもギリギリまで一緒に遊びたい、と夕方の飛行機の時間まで、ロンドンで最後のプレイデートをすることになりました。
 
フラットを引き払い、Yちゃん一家が滞在中のホテルまで、もう一人のお友達Sちゃん一家と押しかけ。ハロッズの近くにある非常に素敵なホテル、The Knightsbridge Hotel
 

 

 

 わーきゃーしたメインストリートからちょっと奥まったところにある、こぢんまりでも滅茶苦茶素敵なブティックホテル風。ロビーをちょっと入ると、こんな素敵なインテリアの書斎があります。ってさっきから素敵という形容詞しか使ってない。

ここのホテルの内装は全部Kit Kempというイギリスのインテリアデザイナーによるものらしい。素敵すぎてやばい。こんなところに住みたい・・・!!お部屋とかもっと色んな写真はここから見ることができますよ。クラシックなんだけど、ポップでカワイイ色使い・・こういうセンスがある人が羨ましい!!ま、真似したいけど、無理やーー

ホテルから歩いて向かったのは、ハイドパーク。ロンドンの好きなところは、結構キッズフレンドリーなところ。ここには、ダイアナ妃を記念した子供の遊び場が2箇所あって、家族連れで賑わっています。

今回はお天気も良かったので、プリンセス・ダイアナ・メモリアルファウンテンのほうに行ってきました。噴水と名はついてますが、写真のような長ーい水路的なものがぐるっと輪になっており、子供達が時には素っ裸でわーきゃーと水遊びに興じています。水着持ってくれば良かったね。久しぶりに再会した子供達もバシャバシャビチョビチョ。

ロンドンの公務員はちゃんと働いていて、入り口でちゃんと自転車を持ち込む人がいないか見張っていたりしてくれるので、子供達が走り回っても随分安心です。

大人はその間、Sちゃんママが用意してくれたピクニックランチなど頂きながら、芝生でのんびりビールまで飲んで束の間のお喋りを楽しむことができました。

 

 

 
なんだか昨日まで全然違う国の全然違う場所の全然違う環境にいたことが信じられない。そしてちょっとしたきっかけで知り合った人達と、こうやってまたポッと再会して、また別れてゆく。でもまあ、また地球のどこかで会おうね、と言えるところが、またええじゃないか。
 
本当に出発ギリギリまで一緒に遊んでくれたYちゃん。しかし随分引き払ったフラットに忘れ物してたらしく(パスポートまで!笑)、旦那さんが最後まで走り回ってました。Yちゃんママ、なかなかオオモノです。笑 そして彼らは風のように去っていきました。