読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

2016日本滞在記⑦ キッザニアで児童合法出稼ぎ労働

毎年夏は恒例となった(といっても去年からですが)、キッザニア訪問。世間はまだ夏休みが始まっていないので、他の子供と遊べずつまらない小さいさんですが、何が良いって色んな場所に平日行くと空いていること!
 
去年初めてキッザニア東京に行き、さらにロンドンキッザニアにも行きその楽しさに親子で味をしめたため、今年も迷うことなく行って来ました。
 
今回は、同じ時期に里帰りしていたベイエリアのお友達も一緒で、楽しさ2倍2倍!!
 
 
キッザニアが混んでいないのはいいんですが、ここでの唯一の関門は、朝9時までに豊洲に行かないといけないこと。子連れの朝の通勤ラッシュは恐ろしい。電車の扉が開き、人がどわーっと出てくる様は、一斉に放流された魚のようだ・・・!!
 

学生時代片道2時間通学だった私。電車に乗るたびにどんどん心が死んでいっていたのを思い出した・・

 
 
まあそんなことは良いとして、空いているのを良いことに、今回もガンガン仕事することができました。
 
モスバーガーで、てりやきバーガー作り。子供が制服着ると何でも可愛いなあ〜。
 
 
まずはキレイに手を洗い、バーガーを組み立てて、美味しそうにラッピングする方法を教わっていました。

 

 
作ったバーガーは自分で食べられるのもいいですねー。次の仕事の合間にちょこちょこかじっていましたが、冷めたら全く美味しくなくなっちゃった(苦笑)。
 
次は、旅行ポスターを作成するデザイン、印刷会社。ここでも制服支給です。まずはポスターの色々なレイアウトの違いを見せてもらい、その後自分でコンピューターで絵や文字を動かして、自分なりのポスターのレイアウトを作り、印刷してもらいました。

 

 
キッザニア、思ったより持ち帰る製作物があったりするので、別に袋を持って行ったほうがいいかも・・・!
 
通りがかった病院。以前ここで赤ちゃんの世話をするナースのお仕事をやりましたが、今回は内視鏡を使った手術をちょっと覗いて、次へ・・。
 


いやー、空いています。待ち時間もほとんど無し。ドンドン行くよ!

 
去年もやりましたが、もう一度消防士。ここでは皆で整列して、「One, Two, Three, Four」と英語でひとりひとり順番を言っていくのですが、今回は妙に発音のいい子供が2人(笑)
 
 
警報がなり、消防服に着替え、消防車に乗り込み、「放水はじめ!」で放水始めるのも、もう2度め(ロンドンいれると3度め)となるとお手のもの。

 

 

 
今回は銀行で口座も開設してみました。利率が滅茶苦茶良い。年利10%の半年複利ですよ!ロンドンキッザニアでのお金もここで両替してもらって、使うことができました(通貨そのものは一緒なんだけど、お金のデザインと大きさが違った)。来年もきっとまたどうせ行くでしょう、それまでに大きく育て預金口座。

 

 
去年、ロンドンでブリティッシュ航空のパイロットになったので、今年はANAのフライトアテンダンになる、とのことで挑戦。そういえば日本に着た時もANAに乗ったねぇ。
 
モニターで動いているところしかみれませんでしたが、お客さんに食べ物をだしたり安全のインストラクションをやっていたようです。ここで手をお腹のところにもっていって、お辞儀をするというのを覚えたらしい。
 


そこらへんをうろうろしているキャラクターを捕まえては、ベタベタと。

 
続きまして〜、自動車のデザイン。ここも制服着用!

 



ここでは2人で一生懸命、自動車の色や形を考えていました。一緒に行った友人夫婦はともにアート系の人なのですが、なんでもここで使っているマーカーとか筆記具がものすごく本格的でいいやつらしいです。子供向けの仕事とはいえ、マジモン使わせてもらっているわけで、素晴らしい!

 
 
小休止、で劇場へ。お客さんとして、他の子供達がマジックショーをやっているのを見ました。親ぐらいしか観客のいない劇場で、これだけテンション高くいられるスタッフの皆さん素晴らしい!
 
 
地下鉄メトロの運転士。これもモニターで見るだけでしたが、何か口をぽけーっとあけたまま、何かを見ながらレバーを押したり引いたりしていました(笑)

 
そして最後は、クロネコヤマト。去年もシメはこれでした。


 
去年はピザ屋さんなどに荷物を届けにいっていましたが、今回はみんなで整列してまた別のお店へ。いや、実はもう二度目になると親も慣れてしまって、あんまりちゃんと見てなかったww
 

 

 
去年初めて行った時には、日本語のインストラクション全部理解できるだろうかも最初は心配だったりもしましたが、今回は全くそんな心配もなし、お友達も一緒だったので2人で楽しくやってるし、私も一緒に行った友人と喋ったりしていて、子供の仕事ぶりにべったり張り付いて見ない余裕(笑)まであったりと、また一味ちがう(?)キッザニア体験でした。
 
これがもう少し大きくなると、子供達は完全に放牧して勝手に仕事に回ってもらい、親はひたすらラウンジでゆっくりする・・という時代が来るのね〜・・・。
 
でも今のところは、子供が可愛い制服を着て小さな大人みたいに働く姿を見るのがとても楽しい。で、最後には記念撮影した写真をつい買ってしまうという・・(苦笑)。
 
実際に働くということについて全然ピンと来ていなかった子供時代。少しでもこうやって、子供の時から色々な経験ができるのは、本当に見ていて羨ましい限りです。また来年も行くぞ〜!