読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

小さいさん、2歳になりました!


お友達とよく遊び、炭水化物を好んで食べ、しまじろうやヨーガバガバ(アメリカの子供番組)を好んで見、お風呂は嫌い、でもパパは大好き、2歳になったばかりなのに妙に背が高く(パパに似たね・・)、歌って踊って、いっちょまえに2歳児らしく「No!」を連発するようになった小さいさん。ただ乳飲んで寝てウンコしてもぞもぞうごいていた時から2年。人間の成長ってすごいなぁ、と毎日が驚きと楽しみと、たまに「ムキーッ!」の連続です。小さいさん、生まれてきてくれてありがとう。あんたがいると、やっぱり楽しいよ!仕事ばっかりで適当な母親業をしているけれど、健康でハッピーで、ニコニコ毎日これからもいっしょに過ごそう。


小さいさんよりも小さい子供を持つお友達は、こどもがだんだん大きくなって寂しい・・・という感想をもつ人もちらほら、でも2歳も結構楽しいよ!表情は豊かだし、いっちょまえに自分で色々なことをやろうとするし、親の言っていることは理解してるし、コミュニケーションがもっともっと取れるようになってくるので、色んなことがいっしょにできるようになる。でもそれと同時に、親として教えてあげないといけないこと、ちゃんと線引きをしないといけないことなど、親が心を砕かないといけないことも増えてくるのも確か。子供はしっかり見てるなー、と思うこともしばしば。


「魔の二歳児」とかTerrible Twoとか言うけれど、どんどん自分の意思を持って、ただされるがままの「可愛いお人形さん」じゃなくなってきただけなんだよね。きぃ〜と思うことも、冷静に考えるとこっちの都合やタイミング優先で考えているからだったりすることも多い。怒らないといけないところと、実際こっちが深呼吸すればすむことの線引きも、大事だなあと思ったりもする(とはいいつつ、きぃーとやはりなったりもしますが)。親業も日々是修行ですな!


お誕生日パーティーは、今年も7月生まれのお友達と共同開催してしまいました。旦那も含めて、7月生まれ総勢8人!独立記念日に、公園でBBQ。ちょっと早めのハッピーバースデーを巨大ケーキと共に祝いました。誕生日当日は学校にて、先生たちがマフィンを焼いてくれ、そこにろうそくをたててみんなでハッピーバースデー。自分の誕生日だということをまだ認識していない小さいさん、マフィンにたてられたろうそくをみて「ハッピーバスデートゥーユー!」とみんなに言いまわっていましたが、ろうそくはきちんと吹き消してました。さて、2年目はどんな楽しいことが待ってるかな〜?!


芸術、爆発中!!