愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

あけましておめでとうございました!!!!


気がついたらほぼ2ヶ月ぐらい放置していました・・・思えばこの日記ももうほぼ9年続けているの?!すごいですね、とうとう9年目にして中だるみしてしまいました。そして気がつけばとっくに新年は過ぎ、2012年・・・!でも大丈夫、中華世界では先日ようやく新年を迎えたところです。いつでも好きな時を節目にしてやり直しが聞く所が、マルチ文化家庭のいいところ!ということで、恭喜發財!!


2011年は、震災のことも含め、個人的にも本当にこれでもかこれでもかと色々災難や試練が降りかかった年でありました。またそのうち書くこともあるかとは思いますが、年末が近づき、ようやくろくでもなかった一年が終わるわ、ようやくすっきりするわ、と思ったところでいきなりまたものすごい試練がやってきたりもしました。ある意味、2011年はドリフでいう「タライの雨」が降り続けた状態だった一年かもしれません。(最後の最後にばかでっかいのがドカン!というところまで。苦笑)なかなか人生楽ばかり〜〜とはいかないものです。でもおかげ様で家族は元気で仲良く暮らしています。元気があれば、何でもできる!出ればタイソン、戻ればヒクソン。ということで今年も悔いのないように日々を過ごしたい陳家をどうぞよろしくお願いいたします。


去年の最後の日記が、小さいさん入院という話だったのですが、その後は小さいさんバリバリ元気です。そして記録をつけないでいる間にあっという間に1歳半になってしまいました。その後も成長は著しく、身長は95パーセンタイルで体重も75パーセンタイルの健康体そのもの。おしゃべりもだいぶ上手になってきて(9割英語ですが・・・)かなり自我もはっきりしてきました。そして歌って踊ることが大好きです。音楽は多分2−3回聴いたら覚えるみたいで、サビのところとか、自分が発音できるところは一緒に歌ったりします。大人のものまねもすぐするので、結構うかうかしてられません。


そして1月からは、デイケアからプリスクールに進級!今までは赤ちゃん達の中でお姉さん風を吹かせていたらしいですが、今度は一番下っ端になっちゃて、ドロップオフの時にはギャン泣きされています。まあしばらくしたら慣れるでしょう・・。でも以前にまして外遊びや、色々クリエーティブな遊びをしたり、言葉も達者な年上の子たちと遊ぶので刺激されるらしく、もはや赤ちゃんではない。立派な「子供」になりつつあります。昔はなーんにもできずに転がってただけなのに・・・。今年はもう少しまめに成長記録をつけないと、あっという間に大人になってしまうー!!


さてとりあえず、西洋の暦での新年には、日本人のお友達が大量に集まって、おせち持ち寄りパーティー。ほとんど日本の伝統行事をやらない我が家ですが、やっぱりお正月だけは特別・・・・。そして家族だけだとなかなか作るのが面倒なおせち料理でも、持ち寄りとなればかーなり豪華版!我が家からは、高野豆腐とこんにゃくの煮しめたのんとかを持って行きました。家族や日本とは遠く離れていても、こうやって一緒に祝える仲間がいるのは嬉しいことです。



そして中華新年のほうは、私の体調がイマイチだったのであんまり大掛かりなことはしませんでしたが、当日はShanghai Dumpling Kingというリッチモンドにあるお店にて小籠包。とっても小さなこぢんまりとしたレストランに、中華系の家族やヒップスター風の若者など、いろんなお客さんがテーブルにせいろを重ねているようなところです。最近炭水化物Loveすぎる小さいさん、ここでも小籠包の皮ばかり食べまくった他、なぜか皮蛋が気に入ったようで食べまくっておりました。



で、その後家族総勢20人が集って中華宴会もしたんですが、まあ旧正月前後の中華料理屋というのは鬼のように混んでいてもうびっくりするぐらいうるさいのです(場合によってはライオンダンスが勝手にやってきます)。そんな中でお昼寝をすっ飛ばした上に晩御飯を食べた小さいさん、大興奮してその日の夜は1時間おきの夜泣きに悩まされましたとさ・・・てなわけで、今年も愉快的陳家をますますよろしくお願いいたします!