愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

さらにお久しブリブリ


もうずいぶんこのブログを更新していませんでした。思うことは色々あるものの、やはりあまりものを書く気にもなれず・・・。もうあれから1ヶ月。この1ヶ月何をしていたかというと、最初の2週間は通常の仕事をほっぽり出して、震災関連の仕事のサポート。周囲のアメリカ人がおもいっきり通常モードな中、一人危機管理モードで昼夜週末たがわずあわあわした気分で過ごし、震災関連の色んなデータにどっぷり浸かっていたため、なんとなく心のバランスを崩してものすごく凹んでしまいました(ちょうどセントパトリックデーという酒のんで騒ぐお祭りにかち合ったのも悪かった)。あまり眠れず、ひきこもりモード。でも日本人の友達とは話をしたくて、外食を結構したりしたので、なんとまあ「震災太り」になってしまいましたよ。


今回の震災で実家にもちょっとインパクトがあったので、まだまだ心配はつきません。しかしそんな中でも日常は過ぎていき、子は育つ。職場でも色々変化が起きているので、結構色々なことに対処しつつ、あっぷあっぷいいながらなんとか毎日をやりくりしております。


ベイエリアに住む皆様に、ちょいとこれからあるチャリティ系の色々な情報をば(他にももっとあるとは思うけど):

  • 4月29日

Play for Japan:ウッドサイドにて(ってどこ?)、バイオリニスト アン・アキコ・マイヤーズさんの演奏

  • 4月30日、5月1日

Creators for Japan:サンフランシスコのジャパンセンターにて、かなり素敵なクラフト、アートの販売。お友達がオーガナイズしてます。私もお菓子をまた供出する予定。

  • 5月1日

Run for Japan:マウンテンビューで朝8時ぐらいから、8キロのジョギングまたは3.5キロのウォーキング。


全体的になんとかフォー・ジャパン、っていうタイトルのイベントが多いです・・・。こういうチャリティイベントって、その事象にあまり興味がない人にも楽しんでもらいながら、チャリティのための財布のヒモを緩めてもらう場所となるところがミソだと思うので、ベイエリアの日本人ばかりでがんばらないで、あんまり日本に興味がないようなアメリカ人にもどんどん声をかけて来てもらえるといいですな。


そんなこんなで、気がつくとあっという間に小さいチャンも9ヶ月になってしまいました。後3ヶ月で1歳じゃないか!小さいチャンのアップデートはまた次回。