読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

小さいさん初めての感謝祭


多いときは3−4軒ぐらい家族や友人宅をはしごしていた感謝祭ですが、今年は友人宅に寄り、そのあと陳家で家族飯をしました。小さいさんにとっては、初めての感謝祭。といってもおっぱい飲んでへらへら遊んで寝てるだけの人なので、ターキーなんぞは関係なし。3日違いで生まれたベイビーがいるお宅だったので、お友達のプレイジムでしれっと遊んで、後は抱っこ紐で寝ておりました。


毎年、ベイエリアに家族がいない友達が集合して、みんなでわーわーと感謝祭を祝うのですが、ベイエリアに家族がいる我が家はいつもちょっと顔を出すのみ。今年は友人たちがターキーの丸揚げに挑戦。普段からビールづくりをしているJ君の備品(これでホップをぐらぐらと煮ている)を使って、煮えたぎる油の中に、スパイスで味付けをしておいた七面鳥を投入。


DSC02467


もう揚げてる先から、ものっすごいいい匂いが漂ってきます。


DSC02470

DSC02472


見た目はこんな感じなんですが、味は絶品!七面鳥って、実際ぱさぱさしてあんまり美味しくない。でも、一応伝統だから・・ということで食べるものだけれど、揚げ物バンザイ!味もしっかりついていて、かなり美味しかったです。でも本格的なディナーは家族と食べるので、味見だけして泣く泣くお別れ・・・・。


七面鳥にこだわらない移民の家族なんかは、チキンやダックをローストして食べるところも多いです。また馴染みの中華料理屋に、買った七面鳥を持って行くと中国式にローストしてくれる、なんていうこともあったりするそうです。陳家は毎年パパが七面鳥をロースト。でも気がつくとあっという間にバラされているので、焼き立ての丸のままのをあまり見たことがないかも。しかしさすがに元シェフのパパ、どうやったら?!というぐらいものすごくしっとりした七面鳥を焼いてくれます。どうやら中華レシピのようですが・・・・。


普段はこれに中華料理風のサイドディッシュが出て、かなりお腹が苦しくなる感謝祭ディナーですが、今年は兄の家で、ロシアから遊びにきていたおばあちゃんや、甥っ子のデイケアのロシア人友人家族も参加して、ロシア風。パンプキンスープ、ビーツのサラダ、ニシンの酢漬け、赤キャベツ、ゆで卵が3層になったサラダ(絶品!)などと一緒に頂きました。私はケーキを焼く余裕が無かったので、お友達が持ってきてくれて余っていたカステラと、電子レンジで簡単につくれるカスタードクリーム&生クリームとベリーでトライフルを持参。


普通感謝祭というと、お腹がパンパンになってみんなその後意識不明になる・・・というのがお約束なのに、家に帰ったら小腹が軽くすいていた・・・という、感謝祭にはあるまじき事態になったのでした(って本当にそれで丁度良かったけど)。来年の感謝祭は、小さいチャンもハイチェアに座って一緒に食べられると思うと楽しみだなー。