読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

準備完了

本当にじわじわと、出待ちをしている小さいチャンですが、小さいチャンを迎える物理的な準備はほぼ完了。病院にもって行くもの(着替えやクッションの他にもカメラとか、カメラの充電器とか色々)もバッグに詰めたし、本日は注文していた布オムツも届きました。


1週間ぶん、80枚、どーん!あと消臭剤入りの巨大なゴミ箱も購入、トイレに設置。これに使用済みオムツを放り込み、1週間ごとにオムツやさんに取りに来てもらうことになります。以前デモンストレーションを見に行ったときに色々教えてくれたおっちゃんと、オムツを注文するときに私が電話で話したカスタマーサービスのおっちゃんと、配達に来てくれたおっちゃんは同一人物でした(爆)彼の布おむつにかける情熱は並大抵のものではない。


DSC01069


そしてさらに、携帯電話をアップグレードしました。以前会社からもらったものの、私の携帯電話のキャリアでは使えなかったNexus One。家の中でのWifi機器にずーっと成り下がっていましたが、今回とうとうキャリアをVerizonからT-Mobileにスイッチ、ちゃんと外でも携帯電話として使えるように。旦那も新しいAndroidを買って、一気に家庭内ハイテク化を図りました(笑)これだと日本語の読み書きもできるし、Google Voiceを入れてあるので国際電話も激安だし、色々便利です。なによりカメラの画質もかなりいい。生まれてすぐに写真を取って家族に送ることもできるし、出産時、無痛分娩だと結構ヒマかもしれないし、そうしたらYouTubeでもみて暇つぶしも可能。いやー、便利でんがな。付属の黒いケースは、ハンドバッグの中に入れたりすると一瞬電話がどこに行ったのかわからなくなるので、別のケースもかいました。


渋滞情報も見られる車のナビゲーション機能はいうまでもなく、出産までの日数とかを数えるアプリケーションもいれてあるし、GPS搭載のジョギング用トラッカーもいれてあります(まだ走れないので、歩行距離だけはかっているけれど、かなり便利)。YelpやOpen TableもGPSと連動して動くので、出先で急にお店を探したり予約するのも便利。もっと早くスイッチしておけばよかったー


そして、最近出たKindleAndroid版もダウンロード。世界一羨ましい職業をもつAnthony Bourdainの新しいエッセイを購入してみました。普通の本の半額でした。ソファの上でごろごろしながら一瞬で読みたい本が手に入るところはいいですね。


DSC01073


DSC01072


小さいスクリーンですが、紙面はこんな感じ。そんなに読みづらいことはないです。ただ、すぐに手に入るところはいいけれど、やっぱり本は装丁とかのデザインも楽しみつつ、紙に印刷されたものを読むのがいいかなあ。なによりこれだと、読み終わったら次旦那に・・・というわけにもいかないのがちょっと。


さて物理的な準備は完了したものの、精神的な準備はどうかな?産休が始まってすぐは、やはりまだ仕事が頭から離れなかったり、またここのところずっと、誰と話をしても、全て話題が妊娠出産子供の話ばかりになるのに少しウンザリしていたところもあったりして・・・。他の話題は無いのか!って思ったり。ママとか妊婦、という以外に自分のアイデンティティがなくなっていくような気がして、なんだかモヤモヤしておりました。産休が始まってまだ1週間なのに、こんな調子で大丈夫かな・・と心配になったり。


でも色んな人の話を聞いていると、今は、そういうことさえ考えることができる余裕があるからこそ、そんな余計な?ことも色々考えてしまうのかも。確かに最近、少しずつ小さいが出てくるための体の変化が出てきてからは、やっぱりそういう気持ちも少し薄れてきたかもしれません。でもまあ、小さいは小さい、わしはわし。心配しすぎず、考えすぎず、かといって安心しすぎず、色んなことにアンテナをはっていくことはやめないでいたいな、と。