愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

アラフォーの男再び


無事38週に入り、以降前駆陣痛のようなものは来なくなりました。小さいさんは、動くスペースはだいぶ限られてきたきたものの、あいかわらずぐりんぐりん、ぶぼぼぼぼ、という感じで元気に動いているし、登場はまだまだなのかな?


そんな中、我が家の旦那がとうとう「さんじゅうきゅうさい」のお誕生日を迎えました。去年はアラフォーになるっていうんで、かなり凹んでいた彼ですが、今年は小さいチャンという新しい生き物が加わることになるし、そんなナヨナヨしたことも言っていられなくなった模様。いつも以上にしゃきん!としております。


そして私はというと、この日、まだまだ小さいチャンの登場を先延ばしにしたいと思いつつ、お腹の子供に操られてぶっつづけで家事三昧。ちょうどそこに、先日新調したメガネが届いたとの連絡がメガネ屋からあったため、じゃあ取りに行こうかね、ちょっとその前にトイレトイレ・・・とトイレに入ったところでまたまたおしるし風のものがどばーーっと出てきてびっくり。グロい話ではありますが、今回のは、茶色とピンク色がまざった、鼻水みたいなおりものが、ものすごいはんぱない量でてきました。ウヒョー!


しかしまあ、陣痛は来てないし、おしるしがあってもすぐには陣痛が来るわけではないから・・・、と、とにかくそんなことよりメガネ屋に行かなきゃ、今平気なうちに用事をすませなければ、とそちらばかりに意識が行っていたのはなんだか自分でも面白い心理だなと思ったり。


旦那はそんな私をあわてて止めて、医者に連絡しろ!とかいうので連絡しましたが、お医者さんもまあ今晩陣痛が来ることはないでしょ、いつもどおりにしてらっしゃい、とのこと。小さいチャン、パパと同じ誕生日に出てきたら面白いかもね、とも思ったのですが、思いとどまられたご様子。


夜はアラフォーでもうすぐパパになる男に、がっつりと肉を食べさせてあげました。実際のところ、さんじゅうきゅうさいには見えないし、まだまだしゅっとしてて大丈夫だよ。このまま行けば、ティーンエイジャーになった小さいチャンに「うぜえんだよクソオヤジ」とか言われることもないでしょう、多分。また今年は新しい冒険が色々とありそうですね。オメデトウ!!


IMG_20100708_205208