愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

あっという間の復活


【妊娠33週目】


ボコボコに凹んでしまった妊娠32週目でしたが、ホルモンのUp & Downは恐ろしいもので、やはりそんな落ち込みというか、悲劇のヒロインプレイも長続きせず・・33週に入ったところでまた元気になりました(笑)。元気になったポイントは、やっぱり「体を動かして汗をかく」「現実を忘れる」そして「友達にいっぱい会う」の3つ。


会社ではチームの親睦をはかるために四半期に一度、「オフサイト」というものがあり、就業時間中に会社から予算をもらってみんなでご飯を食べに行ったり、外で色んなアクティビティをしたりする時間があります。今回は、2チーム合同でDave and Buster’sというゲームセンターとレストランが一緒になったところへ。くじ引きで当たった人とペアになり、二人一組で色んなゲームを攻略していって、獲得点数によって発行されるチケットを集めまくるのがミッション。日本のパチンコ屋さんのように、集めた点数によって景品と交換できます。ゲームもシューティングゲームからカジノにあるルーレットのようなものまで色々だけど、結構フィジカル系なものも多く、ペアになった男の子とふたり、バスケットボールのフリースローゲームにはまってしまい、気づけば汗だくでバスケットボールを投げ続けていた・・(笑)自分のお腹も、バスケットボールぐらいぽっこりしているのだけれど、意外と体って動くものなんだな。昔はちょっと気分が悪いと、外を走ったりして体を動かし汗をかいてスッキリ、なんて生活だったのに、妊娠してからそういうこともしなくなっていたなあ・・・。精神衛生のためにも、また早く走れる生活と体に戻りたい!!!


そして翌日は仕事帰りに、女友達とSex and the City 2を見に。最初の映画はもう既に2年前なんですねぇ・・。最初の映画は日本人のガールフレンズと見に行きましたが、今回のはアメリカ人のガールフレンズ7人で見に行きました。もちろんおしゃれして。といってもやはり妊婦ができるおしゃれには限度がある(涙)みんなが黒いミニドレスにハイヒールで決めてきてるのに、私はぺったんこ靴。お気に入りの10センチヒールをまた履ける日は、来るんだろうか・・・・。クロゼットに吊るしてあるドレスがまた入る日は、来るんだろうか・・・・(涙)。映画は、最初のに比べるとまあまあ。最初の映画よりは笑える部分は多かった。でも映画がいいかどうかより、この映画は女の子同志でわーっとおしゃれして行く、っていうのが楽しい。アラブのスーク(市場)にあんな格好して行ったら浮きすぎ!ありえん!なんて感じのやりすぎファッションも非現実的世界として見ていると楽しい。腹のでかい現実を忘れ、すっかり元気になりました。小さいが生まれてからも、たまにこんなことができるといいよな〜。


そしてその翌日は・・・陳家にやってくる小さいチャンのためのベビーシャワー!アメリカでは、赤ちゃんが生まれる前にみんなが集まって前祝い?のようなものをする習慣があり、陳家でもお友達のMほちゃんとKちゃんがオーガナイズをオファーしてくれたので、ありがたくお願いすることにしました。伝統的なベビーシャワーは、女性のみがお茶会みたいな感じで集まって、赤ちゃんのためにみんなが持ち寄ったギフトを開けたり、ベビーに関するゲームをしたりするのですが、私の場合は女子だけでお茶をすすってオホホ・・というよりは、出産の前に最後にみんなに一目会っておきたい、そしてみんなでわいわいやりたい・・という希望があったので、男女共同で、屋外BBQ大会をやってもらいました。


とーってもお天気の良くなった週末のイーストベイの公園で、40人強の大所帯でのBBQ。我が家で大量の肉を調達、前日に漬け込み作業。みなさんにもポットラックで色々と持ち寄って頂きました。そしてこんなケーキまで!!!!!


Cake


大好きなSaturaのケーキ!この写真では大きさがわかりにくいかもですが、50人分ぐらいあります。切るナイフが無かったので、BBQ用の肉をひっくり返すでっかいヘラでがしがし切りました(笑)生クリームたっぷりの、日本の味ないちごショートケーキ!「ウェルカム 小さいちゃん」てなメッセージも(涙)ほんと、感謝感謝・・・。


そして大人も子供も、ハリボテの中にお菓子が詰まったピニャータを叩き大会。スイカ割りの要領で、目隠ししてぐるぐる回った後で棒でもってこのピンクのぞうさんをボコボコに。


pics 092


サンフランシスコに引越して来た当初は、子供どころか結婚している友達も少なかったのに、5年たった今では先輩パパママになっていたりして、小さい子たちもたくさん。小さいが生まれたらみんな遊んでね。


1


たくさんの人が来てくれて、あまりご飯を食べたり座ることも忘れてみんなとおしゃべりしまくって、本当に楽しかったです。Mほちゃん、Kちゃんオーガナイズ本当にありがとう。みなさんからいただいたギフトやカードを開ける時間がなくて、家に帰ってから開けたのですが、カードのメッセージを読むたびに旦那が「こんないい友達に囲まれてなんて幸せだ」とうるうるしておりました。これからもこんな陳家をどうぞよろしく・・・。