読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

赤子の首があるワイナリー・アメリカ独り立ち


アメリカ人ではないけれど、独立記念日は3連休、お祝いだ!不況で会社が倒産し、シカゴに転職していった友人Aちゃんがベイエリアに遊びに来たので、それを口実に車2台に乗り込んで、ソノマへGo。


友人が、あるワインイベントに行き、そこで顔見知りになった超極小ワイナリーのオーナーが、ワイナリーを案内してくれるというので、まずはサンタローザへ。Olsen Ogdenというちっさいワイナリーでワインを作っている、ティムさんと合流。小さいワイナリーなので、他のワイナリーの場所と機材を借りてワインの熟成・生産をしています。小さいワイナリー同士で場所や機材を共有することはよくあるんだそう。


機材も色々見せてもらった上に、ぶどう農家と契約してぶどうを買い付け、ワインを作って、売ることに関する「エコノミーのいろいろ」やアルコールまわりの法律のこと、ワイン作りの技術の歴史まで教えてもらいました。大昔は、ワインの味を安定させたりするために、いろーんなものをワインに入れて、化学変化を起こさせていたんだとか。その中には「血」なんていうのもあったんだそう(もちろん、後で取り除くみたいだけど)。


ここでは、樽から直接飲ませてもらいました。まずはカリフォルニアでは珍しいというマルサンヌ(Marsanne)という葡萄の白ワイン。そしてPino Noir、Syrahなどなど。Pino Noirが結構ユニークな味だったかも。中でも「これは火曜日の夜のミートボール入りスパゲティのディナーを考えて作った」ワインは、その話を聞いている先からミートボール入りスパゲティが食べたくなり、夜家に帰ってからの陳家の夕食は、ミートボール入りパスタになりました。ここのワインは生産量が少ないので、メーリングリストを通じた直販オンリーだそうです。買おうかな・・・


ワイナリーの外では、たまたま別の友人カップルが車で私達の横を通り過ぎてびっくり。電話をしてみると、最近婚約したふたり、結婚式の場所を探しにここまで来ていたのだとか。しかしこのワイナリーの外には、


こんなのとか


DSC09263


こんなのとか


DSC09264


へんてこな彫刻がいっぱいあったので、やめたとのことでした(笑)ちなみにこれら、全部売り物で、上の写真のがらくたのようなベンチ(廃材をリサイクルして作ってある)は100万円ぐらいするそうです(値札がついてた)。


次にむかったワイナリーはロブレドというところ。


DSC09266

DSC09267


DSC09268


カリフォルニアでは農作物の収穫など農業労働にメキシコから来た人が従事することが多いですが、このワイナリーは、葡萄の収穫などの労働に従事していたメキシコ人の人が始めた、初めてのメキシコ人の家族経営によるワイナリー。メキシコの大統領が訪問したり、お客さんもカリフォルニアの中部のほうから5時間かけて運転してきたよ!というメキシコ系の家族がいたり。


DSC09269


カベルネ・ソーヴィニヨンは100ドルというのを試飲させてもらいました。高いが、うまい。でも買えないー。ここのメルローがお手頃で美味しかったので買いました。テースティングは、要予約。


DSC09277


DSC09278


ソノマのいいところは、無料で試飲させてくれるワイナリーがまだいくつか残っているところ。このほかにも、JaguzziClineと無料テースティングのところをはしごして〆ました。最後のほうはもう味とかわかってなかったけど。Clineは、ロバとか動物がいたり、「ミッション博物館」があったりします。カリフォルニアにはEl Camino Realっていう道路があるんですが、これってサンディエゴから、ベイエリアまで続く600マイルの道路で、スペインの宣教のために作られた道路なんだそう。道沿いにミッションと呼ばれる宗教施設が21個あって、一番北端はソノマなんだって。


ワインテースティングに行くと、とにかくワイナリーを回ることがメインなので、昼食は、地元のデリでサンドイッチを買って、車の中とか、ワイナリーの外のテーブルでさくっと食べて済ませることが多いです。結構、数を回ろうとすると時間とのたたかいです。なので、ナパやソノマでレストランでちゃんと座って食事したことって無いかも。次回はもうちょっとゆったり、ご飯も堪能してみたいなあ。


独立記念日当日は、オークランドヒルにあるKちゃんのご両親のお宅にお邪魔して、バーベキューをしながら花火鑑賞。バーベキューといっても、建築会社を経営するKちゃんのご両親のおうちは、本当にオークランドバークレーにサンフランシスコのベイをすべて見下ろす高台にあるそれはもうゴージャスなお宅!すべてが見渡せるバルコニーでのポットラック&BBQ。花火は、遠くだったのでちょっと小さめだったけど、サンフランシスコから打ち上げられたものも含めると、4,5箇所から打ち上げられたものが見えました。うーむ贅沢。久しぶりの友達にも会って、飲んで食べた週末。


DSC09295


このほかの写真は、陳家の食卓に。