読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

夢のブタニク

料理


先月ナパに行った際に、とっても素敵なお肉屋さんFatted Calfに寄りました。何が素敵って・・・・手作りのビーフジャーキーや、そのときに料理しているものを試食させてくれるのです。



どーん!!



このときに食べさせてもらった、豚肉のロースト。外側はベーコン肉の分厚いの。その間にハーブが入っていて、もうとろける美味しさ。


The best pork


ナパから帰ってもこのブタニクを忘れることができなかった旦那。オンラインで色々調べたりしていたのですが(料理の名前はアリスタ、というらしい)、いずっちの結婚式でナパに再び行った帰り道、マイミクよねちゃんとまたこのお店に寄り、お店の人にレシピを聞きだすことに成功。ちょうどお友達の誕生日会があったので、そこで夢のブタニク料理を再現してみることに。


どーん!!


Arista - roast pork loin with herbs


お肉はメキシコ人街にあるお肉屋さんでどかっと買いました。オーブンから出すと、ベーコン肉の外側がこんがり茶色に焼け、脂がじゅーじゅーダラダラと流れ落ちております。美味しそうであり、恐ろしくもあり・・・・。


DSC07845


脂身大好き旦那。って、普段は脂っこいものや脂身を食べているわけではないのですが、「脂肪」に対する興味はなみなみならぬものがあるようです。件のお肉屋さんにも、真っ白で美しい「ラード」が売られていたのですが、「うおおおお!」と見入っておりました。どうやら「お肉アート」に弱いようです。うーん、職業を間違えたかな。


お肉屋さんではこんな本も売っていました。悪者扱いされているアブラミも、質の良いものを、本当に適量、上手に使えば素晴らしい料理ができるのね。

Fat: An Appreciation of a Misunderstood Ingredient, with Recipes

Fat: An Appreciation of a Misunderstood Ingredient, with Recipes