愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

ナパの美味しいもの

1泊旅行だったので日付的にはもうとっくに終わってはいるのですが、やっぱりワインと食べ物のことを・・・笑。


ワインカントリーに行くと、ワインだけではなくて、食文化全般を楽しめるのがやっぱりいいところ。食文化に限らず、結構音楽や演劇もそれなりに盛んだったりします。以前、フルートの巨匠、ジェームス・ゴルウェイさんがマスタークラスをやった会場COPIAは、そんなワインや食文化をテーマにした市民会館のようなところ。中には、アメリカにフランス料理を広めたジュリア・チャイルドのレストランもあります(なんと彼女は第二次大戦中スパイだったのね〜!そこらへんのところももっと詳しく知りたいところ)。


そのCOPIAのすぐ近くに、これまたサンフランシスコのフェリービルディングにも似た、ファーマーズマーケットやいろんなお店が入ったOxbow Public Marketがあります。お肉、お魚屋さん、そしてワインショップなど、見るだけで楽しい。1日目のランチは、このマーケットの中で、ちょっと珍しいベネズエラ料理をいただきました。メキシコとかペルー料理は色々なところで食べられるけど、ベネズエラ料理は初めてかも。


とうもろこしの一種である「メイズ」を原料にしたお食事。メイズの粉でピタパンのようなものを作り、その中にお肉が入っています。アレパ、というそうな。


DSC07522


こちらはメイズを入れ物みたいな形にして、その中にお肉が入っているの。


Venezuelan maize dish!


挽いたとうもろこしの素朴な味がなんともよろしいです。焼いたプランテーン(バナナみたいなの)も一緒に。


http://www.picapicakitchen.com


おっきいわんこちゃんのいるワイナリーでのワインテースティングを楽しんだ後は、カリストガのダウンタウンでディナー。本当に小さくてこぢんまりとした、可愛い街。結構自転車に乗ってワイナリーを回ったりしている人もいました(かなり暑そうだったけど)。普通のアメリカン、なお食事を。


思えばアメリカの食事って、ハンバーガー!とかステーキ!とかデリカシーのないどーん!とした食事・・メニューもあんまり代わり映えしないじゃん?という印象が強いですが、それでもやっぱり、ローストチキンとか、ステーキとか、シンプルだからこそ、材料や作る人の腕がよければ、うおーこれは!という感じでどかんと伝わる感じがしました。


DSC07580


Kobe beef steak


http://www.allseasonsnapavalley.net


ってなんだか普通の食べ物日記になってますが・・・。


そんなに飲めるほうではないので(というかかなり弱い)一日に何件もワインテースティングに回るのはちょっと無理。なので、カリストガの街のコーヒー屋さんのおっちゃんに、ここらへんでチーズが食べられるところはない?と聞いたところ、うーん、チーズを作ってるところといえば、やっぱりマリン郡に行かないとねぇなぁ、あ、でもここの向かいのスーパーのチーズ売り場の姉ちゃんが詳しいから、行って聞いてみな!とな。残念ながらそのおねえちゃんは出勤してなかったので聞けなかったのですが、ホテルの人から「食べ物がいっぱいあるところといえば、V Sattuiに行ったらいいよ」ということで、こちらのワイナリーに寄ってみました。


DSC07619


1885年にオープンした、結構古いワイナリー。ここのワインは街では買えないみたい。結構日本人や韓国人の観光客もちらほら。何よりもこのワイナリーは、ワイン以外のものが充実している!ちょっとしたグルメショップです。サンドイッチも買えます。


DSC07600


そしてこのワイナリーはピクニックエリアがあるのもナイス。週末にはBBQもやっているとのこと。今回は連休だったので、月曜日だったけどBBQやってました。こちらは、「トマトサラダバー」。モッツァレラチーズとトマト、バジルをベースに、好きなトッピングを指定して作ってもらいます。トマトもチーズもハイクオリティー。私達はここにローストしたにんにくや、10年もののバルサミコ酢をかけてもらいました。ちょっとお値段はするけど、美味しい。


Heirloon tomato bar


そしてこれはトライティップ(牛肉の部位のこと)のサンドイッチ。甘めの薄切り肉がいけます。


Tritip sandwitch


なんだかワインより食べ物を楽しんでしまいましたが、実は今回どうしても行きたかったのはこのワイナリー!


Prager...our favorite!


家族経営の、ほったて小屋みたいなワイナリー。友人で会員が数名いるので、たまに味見はさせてもらってたのですが、実際にワイナリーでテースティングするのは初めて。調子にのって、かなりいただいてしまいました。親父さん二人が関係ない世間話しながら飲ませてくれます。ここがどこかは、ふふふ。って、多分有名なところだけど。ここでも「後味が最初はナッツみたいだったのに、年季がたってキャラメルポップコーンみたいになってきた」というのを買いました。あまりにも気持ちよかったので、ここの裏庭でちょっと昼寝。


帰り道は、海岸沿いを通ってみようという旦那の提案により、ボデガ・ビーチへ。


DSC07625


DSC07628


ボデガビーチから、Muir Woods経由で帰ったのですが、すっかり忘れていた、今日は3連休の最終日。山道のところで大渋滞。ようやく流れてきたと思ったら、今度はずーっとくねくねの山道が続きまして・・・西日が強かったこともあって(西日が目に入ると気持ち悪くなる)うげー、なんか気持ち悪い・・・。


DSC07633


今回の一泊旅行、ここのところ仕事がすごいことになっていたので、ストレス解消!の意味もあって行ったのですが、そこに追い討ちをかけるように、旦那がぐねぐね運転しているところに、仕事の電話が・・・!!!仕事の電話なんて、今まで一度もかかってきたことなかったのに!ぐへー!それは、例のアレのあの件が連休明けの翌日になったというニュース。泣く泣くそのまま家に直行、ナパでのリラックス気分はどこへやら、車酔いのまま、連休最終日の夜は仕事仕事となってしまいました・・・。そして翌日、例のアレをアレするために(笑)怒涛の日を迎えたのでした。涙。