愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

上司を狙撃


今期もあと1週間ちょっと。忙しくて目が回ったこの四半期ももうすぐ終わる。でも学校じゃないから、四半期が終わったところで終業式→春休みでほっと一息、なんてわけにはいかないのだ。気分は毎日学校に行っているような感じなのに。働くということは、そういうことなのだ。ぶうぶう。


終業式も長いお休みも無い代わりに、期末が近づくと必ずあるのが「チーム・オフサイト」。チームの親睦を深めるのと、お疲れ様会もちょっと兼ねて、就業時間中にみんなで遊びにいったりご飯食べに行ったりするのです。自分が所属するチームのメンバーだけで行く「チーム・オフサイト」と、別のチームとの親睦を深めるために、2つのチームが一緒になってやる「合同チーム・オフサイト」の2種類があります。うぅぅ、期末のクソ忙しい時に・・と思いながらも、みんなでゴーカートで爆走したり、トランポリンで飛び跳ねながらドッジボールをしたり、みんなに納豆を食べさせたりと、色々とアホなアクティビティを行うのでありました。


今期は私がオフサイトの幹事に指名され、他のチームとの合同オフサイトとして、「ペイントボール」大会を強行。ライフルみたいな空気銃に、絵の具の入った弾丸を詰めて、お互いを狙撃しあうという結構野蛮なゲーム。サンノゼにあるペイントボール場までみんなで繰り出し、それこそ昔の「こち亀」に出てきそうなペイントボールマニアのオーナーやバイトの兄ちゃん達にいろいろ教えてもらって、装備装着。顔には怪しげなフェースマスク、体にはプロテクター、そして銃に弾丸を装填して、腰には予備の弾丸をしっかり用意。こ、これはSWATチームの養成訓練デスカ?というようないでたち。


そして、これまた、SWATチームの養成訓練所デスカ?というような、ハリボテの家とか障害物が沢山置いてあるフィールドで、二手に分かれてとにかく銃でお互いを撃ちまくる。一見バブルガムの玉のような弾丸、遠くから当たるとそれほどでもないけれど、前に進むことばかりに気をとられていていたら、横からやってきた敵に至近距離から後頭部を思い切り撃たれた。痛!!!!


気がつくと、みんな体中あざだらけ、泥だらけ。同僚の一人は、ハリボテの家の後ろに隠れようと突進していき、あまりの勢いにハリボテをなぎ倒して転倒(爆)。ハリボテとか、積み上げてあるタイヤの後ろに隠れながらじりじり前進し、時には膠着状態になりながらも、たまに物陰の後ろから、モグラたたきゲームのモグラみたいにひょこっと上半身をだして狙撃してくる相手の登場をじりじり待つ・・。時には一人が後ろでバックアップの狙撃係になり、パートナーが前進していくのを助ける・・、ってこりゃ本当に市街戦のシュミレーションさながらですがな。


私の目の前にマネージャーが躍り出た時には、今だぁぁ〜!と連射していたら、途中で弾切れになり銃がカチッ、カチッ!としか言わなくなったときには、テレビ映画の悪役みたいに?本気で焦ったし(笑)。でもしっかりマネージャーを仕留めました。うしし。


私が所属するチームは7人中女子は私一人。対して、今回一緒にオフサイトをした別のチームは、5人中4人が女子。気がつくと、私ともう一人の子以外の女子はあっという間にゲームから身を引いて、私たちが撃ち合うのを遠巻きにみておりました・・(笑)なんでも普段のオフサイトでは、ワインテースティングとかネールサロンとかばかりに行っていたらしく、人に銃口を向ける上に、泥だらけになり、痛い思いをするのがかなりショックだった模様。早々に帰ってしまった。その後も私たちは夢中で撃ち合い続行。


マネジャーは私がチームで唯一の女の子なので気を使って、今回は私を幹事にして、私の好きなようにさせてあげよう、と思ったんだけど・・と後で言っていたけれど、気がついたら野郎と一緒に野郎のアクティビティを楽しく、とても楽しくやってしまった・・・orz  


帰りにはみんなで居酒屋に行き、野郎どもにまたまた納豆や白子を食べさせ、日本酒を飲んで大満足。弾があたったところ、まだちょっと痛いのが何だけど・・むむむ。次回はヘルメット持参しよう・・・。こうして野郎共と働く日々は過ぎていきます。