愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

週末のおいしかったもの

  • こんぶ茶の粉を入れてご飯を炊き、おせちの残りのたけのこの水煮をしょうゆとみりんで味付けして、よねちゃんのママにいただいた山椒入りのおじゃこで混ぜご飯。これまたおせちの残りの三つ葉とゆずもちょっと入れたら、もうこれは日本にしかない!という感動の味になった。
  • 友人夫婦とサルディニア料理。Noe Valleyにある可愛いレストランサルディニアには5年ぐらい前に友達の結婚式で行って、朝から晩まで食べて歌って踊りまくる本当においしい思いをした良い記憶が。久しぶりにサルディニアのぱりぱりのパンをもらう。サルディニアのワインがものすごいかずだーーーっとある。「ぶいよ」という赤ワインをいただく。「ぶいよぶいよ」というのもあって、それはもう少しフルボディ。ピザも丸ごとの魚もおいしい。切り盛りしているご夫婦も良い人。シェフの旦那さんもキッチンから出てきてみんなにご挨拶。
  • 友人Jの誕生日、自ら10人の友人にカンボジア料理を作って振舞ってくれた。作った本人はカンボジア人でも何でもなくこてこてのアメリカ人。ライムたっぷりのソースが美味。デザートまで手が回らないというのでココナツプリンを作って持参。ココナツミルクと生クリームと牛乳と砂糖を適当に混ぜてゼラチンで固めたもの。長いテーブルを囲んでみんなでわーわー言いながらご飯を食べるのは楽しい。西海岸で得た、得がたい家族みたいな友人達。