愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

Good Times, Good Times


友人カップルKちゃんJ君の結婚式が近づいている。先週末は女性陣が独身最後のバカ騒ぎ、バッチェロレットパーティーをしたので、今週末は旦那が主催して、男性陣がバッチェラーパーティーに出かけていった。朝4時起きで早朝から海釣り。その間に女の子たちはKちゃんの家に集まり、さらに結婚式の諸々の準備。


式のプログラムを作ったり、招待客の名前を印刷したカードを作ったり、駐車場の案内板を作ったり・・・しながらワインのボトルも何本か空けてしまった(笑)。でも何か手作業を一緒にしながら、女同士で話をするのは本当に楽しい。ただ座って話しているより、何か連帯感が違ってくるような気がする。まさしく男どもは狩猟に出て、女どもは・・・みたいな時代の名残なのかしらん。床にねっころがり、「J&Kの結婚式はこちらです」とマジックで大書きしたボードに色をぬりながら、昔の男のこと、家庭のこと、便秘のこと、自分たちの深層心理のことなど、しみじみと語りあった。


男どもは、夕方帰宅。船上でゲロ飛ばし大会をし、ビールも飲み葉巻も吸いつつ、それぞれがRock Codを10キロづつ釣ってきた!!!日本語では「めばる」というらしい。でもインターネットで見る写真よりもかなりでかい。船の上でさばいてもらってきていたので、掃除したりする手間は省けたが、しばらくはどの家庭も、魚ばかり食べることになりそう・・。


魚を置いて彼らはさらに飲みに出かけ、朝3時ごろ帰ってきた。ほぼ24時間出ずっぱり。ようやるわ。でも女の子がガールズナイトをしている間は、男は男で、こうやってうおー、ぐわーと叫びながら「男の絆確かめ合い大会」をするのが好きみたい。次のシーズンはまた別のものを釣りに行くらしい。私も行きたいよ!といったら、ちょっと嫌な顔をされた。男だけで行きたいらしい(笑)でもそれはすごくいいことだ!もし陳家に息子が出来たら、ぜひこの「おじちゃんたち」に色々なところに連れて行ってもらって、男のアクティビティを経験してもらいたいものである。


さてJ&Kカップルとは、一緒にビールを造ったりしているけれど、もちろん今回の結婚式でも、披露宴で出るビールは手作り。引き出物もビールで、みんなでたくさんのボトルにリボンをかけた。さらにお客さんが座るテーブルは、テーブル番号ではなくて、レッドソックスの選手の名前がついている。テーブルのサインも、ワインの空き瓶と、カラープリンターで印刷した選手の写真などを組み合わせて手作り。なんだかんだいって、本番が楽しみ。