愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

求むニュータイプ


会社で、私のチームと、エンジニア14人と一同に会してミーティングをする機会がありました。14人のうち12人が男。うちのチーム(エンジニアではない)も、7人中6人が男(女の子は私一人だけ・・しくしく)。ミーティングの時間直前に部屋に行き、やーこんにちはー、なんてドアを開けると・・・


??( ̄□ ̄;)!!  ご、ごふっ!むぉっ!ぐっ、ぐわっ!!!!!こっ、この香りは・・・っ!!!!


そりゃ、男だらけだから「むさくるしい」とかいう表現はあるにせよ、それはあくまで表現でとどまるべきはず・・・っていうかとどまっていてほしい・・・・しかし・・・!!ドアを開けると波動拳のごとく襲ってきたのは鼻孔をつんざく強烈な・・臭気!!まぢで、一瞬記憶が飛んだ・・・


私のチームメイトの男の子たちとミーティングしているときには決して経験したことのなかったこの香り・・・っておい、エンジニア!!!風呂入れ!!!デオドラントつけろ!!!


うちの会社のエンジニアは、他と比べて結構若いし、さわやか系もそれなりにいるしぃ・・・なんて思っていたんだけど、やっぱり所詮ここはシリコンバレー(涙)。涙がでるのは・・悲しいからなんかじゃないのよ。煙が目に染みているだけなのさ・・・っつーか酢酸っぽい分子絶対空気中に飛びまくってるってこれは!!涙をこらえ薄汚れた空気の中での拷問のようなミーティングは3時間続いたのだった・・・。ホットヨガの時も、カーペットにまでしみこんだそのかほりに死ぬ思いだったけど、それよりある意味ひどいっ・・・。やっぱりエンジニアを統括してるプロダクトマネジャーぐらいになると、ビジネスもいけちゃう結構さわやか系なんだけど・・・。求む、シティー・スマートなニュータイプのエンジニア。