読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

なつかしの大惨舞台


ぽんたんさんの日記で、ちょっとマニアックな演劇の話があって久しぶりに思い出しました。高校時代演劇部でした。そして3年生の時、有志で文化祭で「大惨舞台」というのをやりました。そう、そのまんま「第三舞台」のぱくりで、「天使は瞳を閉じて」をやりました。受験前だったけど、夏休みにみんなで集まって、すごい練習してたよね。すごーく良い思い出です。しかし、この舞台のストーリー、ぼんやりとは覚えているのだけれど、最後どうなるとかぜーんぜん思い出せない!!ウェブで色々調べてみたのだけど、「電通太郎」なんて役あったっけ?!何か2003年にはミュージカルにもなったんですね。


しかし今でも覚えているのが、劇中の踊り!みんなでビデオを何度も見て再現したんだよね・・・・。実はあの曲、結婚式の時にかけて、もう一度みんなで踊りたかった!でも無能なDJの親父は、曲名とタイトルを告げておいたのに、まったく違う曲を間違えて持ってきたのでした・・・。というわけで高校卒業以来、ずっと耳にすることがなかったこの曲、ふと思いたってオンラインで調べてみたらありました。Youtube万歳!もう懐かしすぎて涙が出てきました・・・・。間奏のところで手拍子入れながら一人づつせりふを言うところなど、なんとなく体が覚えてたよ!!!!それにしても、えらい80sな選曲だったのね。これは星子の友人たちに捧げます。