愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

恭喜發財!


今日は旧正月の大晦日。昨日は大陸出身の同僚からお菓子をもらったりしましたが、今でも中国では、1月1日よりこっちの新年のほうがオオゴトなんですね。我が家でも実家で両親と大晦日のお食事大会とあいなりました。新年に食べるもの、地域によっても、また家庭によっても違うとは思うのだけど、広東系の我が家は、新年は精進料理のようなものを食べる(肉が出ない)ので、大晦日は反動で肉食に走るのが慣わしのようです。今年のメニウは

  • 湯葉と海草(たぶん髪菜)のスープ
  • ローストチキン(中華スーパーで購入)
  • ローストポーク (これも中華スーパーにて)
  • コンチ貝とさやえんどうの炒めたもの
  • アスパラガスとえびを炒めたもの
  • もち粉で作ったケーキ


確か北のほうでは餃子を食べたりするのでしたよね。私が好きなのは、デザートに出てくるもち粉のケーキ。焼き菓子なのですが、もちもちした食感で、中に餡子が入ってます。年糕(にんごぅ)、というらしいです。


そしてお土産にママ手作りの大根もちをどかーんと頂きました(写真)。蘿蔔糕といいます。チャイニーズソーセージなども入った豪華版。広東語ではろーばっかぅ、と読むのだけど、私は「ロボコップ」と覚えました(笑)


などと書いているうちにもう新年!外では爆竹がばりばり鳴りました。恭喜恭喜!西洋人のカレンダーで始まった1月はあんまり良くなかったので、こうなったらもう一度新しいスタートです!