愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

なんにもいうな


バリウッド映画「Kuch Naa Kaho」。何もいわないで、みたいな意味らしいです。お話はよくあるメロドラマ。ニューヨークに住むラジ君、いとこの結婚式にインドに飛びます。しかしそこでは、おじさんが見合い相手を用意して待っているのはわかっているので、乗り気ではないラジ君。しかし結局インドに飛ぶことになり、ニューヨークの空港でまずハプニングがあるのですが、そこで出会った女の子と歌ったり踊ったり色々あるんです〜、という筋書き(?)。しかしそこはバリウッド映画。普通だと、起承転結で終わるところを、起承「転転転」結ぐらいはあります。さらに主演は元ミスワールド(ユニバースだっけ?)のお姉ちゃん。見ているだけでうつくしい〜。セリフはヒンズー語なのですが、みなさん英語をふんだんに混ぜてしゃべるのはいつ聞いても面白い。文章の間に「I mean」だけ英語だったり、ヒンズー語でぺらぺらしゃべっていたと思ったら、急に次のフレーズだけ英語だったり。特に法則は無いみたいですが、一度彼らがたまに発する英語だけをたよりに、字幕無しでバリウッド映画を見たこともありました・・・。最後にはフェミニスト的なステートメントもちょびっとある、ロマンチック・ラブストーリーでございました。くちな〜かへ〜、くちな〜かほ〜♪