愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

感謝祭にオススメ映画


What's Cooking [VHS] [Import]

What's Cooking [VHS] [Import]


「Bend it like Beckham」「Bride and Prejudice」などを監督した、インド系の女性監督による、『ロサンゼルスに住む、マイノリティの家族の感謝祭の日』をテーマにした映画です。ベトナム系、ユダヤ系、ヒスパニック系、アフリカンアメリカンの家族それぞれのエピソードが、モザイクのように紹介されます。それぞれのスタイルで七面鳥を焼き、テーブルに着く。一見パーフェクトな、穏やかな家族の食卓に見えるのですが、それぞれの家族には隠された悩みや秘密、問題を抱えています。反抗期の子供を抱え、親と子供の間の文化的衝突で悩むベトナム一家。レズビアンの娘が、ガールフレンドをつれて帰ってきて戸惑うユダヤ人両親。浮気をして出て行ったお父さんが食卓に現れたヒスパニック一家。必死で働き知事の側近として社会的地位を確立したけれど、家庭がうまくいかないアフリカンアメリカン一家。それでもみんな何事もなかったかのように、平和に食卓を囲むのですが、そのうちどんどん色々な問題が浮き彫りになってきます。最後は、「大きな郊外」であるロサンゼルスならではの結末に。


ベトナム人一家は、七面鳥の半分を、チリソースなどで味付け、残りの半分を西洋風にするなど「紅白の七面鳥」を作ったり、ベトナム春巻きをサイドディッシュに用意したり。ヒスパニック一家は、手作りトルティーヤ。アフリカン一家はマカロニチーズと、それぞれの家族が、それぞれのルーツに沿ったスタイルの料理をつくり、お祝いするシーンがなんとも良かったです。