愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

美味しいミッション


週に2回くらい、ミッション地域に足を運んでいます。ヒスパニックが多く住むこのエリアは、サンフランシスコの中でも霧の影響を受けないで、一年中さんさんと明るい日差しを楽しめるところ。そして道にはギターを抱えたマリアッチのおじさんたちがたむろっていたり、昔ながらのマーケットがあったり。ここでグロッサリーのお買い物すると、食費が半分になります。そしてぽかぽか昼下がりに誰かのラジオから、陽気なラテン音楽が小さな音で流れてきたり。飛び交う言葉も全部スペイン語、という楽しい場所です。


タコス屋さんやメキシコ料理、エルサルバドル料理などのお店もたくさんありますが、セネガル料理やインド料理やさん、アラブ料理など色々なエスニック料理屋さんもたくさん。必ずしも「風光明媚」なところではないかもしれないけれど、ああ、人が生活してるな、生きてるな!という気分になるお気に入りの地域でもあります。


この日はタコス屋さんで早い夕食。ダンナは牛タンのタコスを注文してごきげん。チップスは無料、これに飲み物を合わせて、二人で8ドルでした。サンフランシスコでは、広東語とスペイン語がしゃべれたら、本当に最強だろうなぁ。