愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

娼婦のような・・・・


お料理の本って、見ているだけでも楽しいので、作りもしないのについ買っちゃう!のですが、アメリカのお料理本の中には、本当に字ばっかりで、写真や絵さえ一つも無い、っていうものもあります。


そんな中でも、我が家では一時期、「SAVEUR」というお料理雑誌を講読していました(www.saveur.com)。この雑誌では世界中を旅して、色々な土地のお料理が写真とレシピつきで紹介されていて、読んでいて楽しい!ただ、レシピがあまりにも本格的すぎて、例えば日本料理が紹介された時は、どこかの郷土料理として「むかご飯」などが紹介されていました。むかごなんて、日本でもどこでも手に入るわけじゃないから、アメリカでなんてなおさら無理そう。「Ichiban-Dashi」「Niban-Dashi」の出し方についても、詳しく説明されていました。


そんなわけで、読んで楽しむ以外には、この雑誌に載っているレシピを元に食事を組み立てるのはちょっと無理。でも、この雑誌が出している「イタリア料理の本」は、本場イタリアの写真とレシピが満載で、なかなか重宝しています。これを見ながら、手打ちパスタも何度か作ってみました。


Saveur Cooks Authentic Italian: Savoring the Recipes and Traditions of the World's Favorite Cuisine

Saveur Cooks Authentic Italian: Savoring the Recipes and Traditions of the World's Favorite Cuisine


さて本日は、この本の中から、とっても簡単なパスタ、「プッタネスカ」。トマトの水煮、アンチョビ、ケッパー、そしてオリーブを混ぜて作るパスタです。アンチョビが塩辛いので、味付けはそれだけでOKだし、とても簡単でした。「プッタネスカ」とは娼婦風、という意味あいがあるらしいです。理由は、「簡単お手軽で、FATだから」・・・だそうです。あれまぁ!


これに、パルメジャーノ・レッジアーノと呼ばれるチーズをおろしていただきました。美味しかったです♪ところで、イタリア料理ではシーフードにはチーズをかけるのはNG!だそうですが、このパスタソースではチーズをかけるのですよね。アンチョビにトマトソースの時は、チーズを使ってもいいのかな。ピザにも入っていることあるし。