愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

ああもういや


結婚に伴い永住権の申請をしています・・・ってもう1年経ってしまいました。


永住権の申請には時間がそれなりにかかるので(申請した場所にもよる)、申請の結果待ちをしている間、自由に米国に出入りするためのビザ代わりになる「Advance Parole」、そして労働許可証「EAD(Employment Authorization Document)」を発行してもらいました。それぞれ期限が一年なので、永住権の申請が進まないうちは、これを更新しながら返事を待つしかありません。ま、待つのはいいんですけど。


そろそろこの「Advanced Parole」とEADの期限が切れるので、更新しなければ…と思い、移民局のウェブサイトへ。おお、特にEADはオンラインで申し込みができるじゃない♪こりゃーラクダと思って情報入力していたのですが、そこに「Alien Number」、外国人番号とでもいいましょうか、移民局が使っている外国人識別番号を入力する欄がありました。


アメリカに8年住んでいて、そのつど学生ビザ、労働ビザを出してもらっていたので、永住権申請前から私はこの番号を持っていたので、永住権申請のときもその番号を使って申し込みました。後から届いた受領書にも、私の名前の上にその番号が印刷してあって、これは個人を識別する上で絶対不変の番号だと思っていたのですが・・・


今さら、手持ちのAdvanced ParoleとEADを見てみたら、あれっ?!受領書に書いてある番号と違う番号がついてるじゃないですか?!?!あれれれっ?!外国人が一度に二つのA番号をもらうことはありえないし、これってもしかしてミス?!1年経って今頃気づくなんて!! ��( ̄□ ̄;)!!


実は昔の同僚が永住権申請をしているときに、移民局が間違えて、彼女は東海岸に住んでいるのに、西海岸に住む同姓同名の日本人に対して彼女にするべき手続きをしていた・・・ということがあり、彼女はそれが判明した後、結局処理待ち時間が振り出しに戻ってしまった・・・という恐ろしいエピソードがあったので、もうガクゼン。


慌てて移民局のカスタマーセンターに電話・・・待つこと20分・・・ややこしい事情を一生懸命説明・・・なのに「だーかーら、何の番号を言ってるわけ?!」などとビッチーな対応を受けてさらにたらいまわし。あぁ・・・。移民官みたいな人に回されてもう一度説明。はぁ〜〜〜〜〜。


そのおばちゃん曰く:ふるいA番号の記録はもう見当たらない。学生や労働ビザの時使っていた番号だということだけれど、これらのビザは「非移民ビザ(このビザでは永住できず、期限付きでしかアメリカにいれない)」なので、そこで使われたA番号も非移民用になっている。永住権は別だから、新しいA番号がついたのではないかと。とにかくもう古いA番号の記録は無いし、新しい番号の下には全部正しい私の情報が入っていたから、新しいほうを使えとな。


特に永住権は、申請の返事待ちの途中でDCからSFに引っ越して、書類を扱う管轄オフィスが途中で変わってしまっているので、書類が途中で紛失なんて可能性もあるから、一瞬ぞーっとしてしまいました。ま、話を聞いている分には大丈夫そうなんだけど・・・やっぱりこればっかりは心配です。あー、できることならあまり関わりたくない移民局。貴重な数時間を費やし、ノドがからからになってしまった。


関係ない人には「??」な話ですが、とにかく移民関係はビビルことが多いので、もし誰か検索ででもここに来た人たちに、アドバイスこそあげられませんが、私の経験が参考になれば。