読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

おバカイベント2日目

ジョギング


ジョギングイベント2日目は、「通常の」ハッシュ・ラン。特に仮装をするわけでもなく、普通にトレイルを作って走りました。本日のコースは、ゴールデン・ゲート・パークの中にあるスタジアムから、ノイバレー、カストロ、ミッションと来て、ポトレロ・ヒルと呼ばれる高台にある公園まで。振り付け付きでおバカな歌を歌ってからスタート。今回のRUNで面白かったのは、サンフランシスコ特有の、「数ブロックいっただけでお天気ががらっとかわってしまう」ところを楽しめたところでした。出発したゴールデン・ゲート・パークは、比較的海に近いので、お昼を過ぎても霧が深いのです。しかもその霧が自分達の頭上や目の前をぐんぐん動いているのがわかる位。しかし一方で、ヒスパニックが多く住むミッション地域などは、地形が低めになっていることもあって、冬でもピーカンのお天気です。最初は寒い寒い!といって走っていたのにどんどん日差しが強くなって日射病になる〜!という位になりました。ポトレロ・ヒルはこれまた急斜面の上にある公園で、最後の最後にぜいぜいと階段や泥の斜面を登ってゴール。でもそこから見えた景色は絶景でした。起伏の多いサンフランシスコですが、高台から遠くを望むと、小高い丘になっているところにどよーんと霧がかかっているのが見えたりするのです。そのまま公園でまたまたビールを飲んで他のハッシャーたちとバカ話をして過ごしました。カナダ人ハッシャーたちと酔った勢い(?)でお下劣話で盛り上がり・・・。この後場所を移動し、メンバーによるかくし芸大会や、会議用のテーブルの上にビールをざんざん振りかけて、その上を素っ裸でスライドするというおバカパーティーがあったのですが、こちらには都合で参加できず。アー残念。しかし後で聞くところによると女性では唯一40過ぎのお姉さまが裸でスライドしたらしい・・・。日焼けと酒で真っ赤になったままタクシーで帰路に。