愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

こっこわい


日本での運転免許は持っていますが、7年間ペーパードライバー。高速道路を運転したのは高速教習を除くと1度のみ。車がいるよ!といわれているアメリカで免許を持たずに今まで生活できていたのが驚きかもしれませんが、やっぱり広大な土地カリフォルニアでは免許があったほうが世界はぐーんと広がるらしい、ということで免許を取ろうプロジェクトをはじめようとおもっています。でもほんと、運転には自信がない・・・。周りばっかり気にして運転しちゃう。で失敗するとへこむ。日本でも縁石にのりあげ、ライトが昼間についていると歩行者に指摘され、赤信号で思い切り走ったり逆走したりぶつけたり、人をひきそうになったり・・・とトラウマな思い出が・・・、ま、運転していれば誰でもそれくらいはあるのかなぁ。うーむ、運転となる小心者になってしまうのでした。とりあえずは、この間知り合いになった男の子がドライビングインストラクターもやっているというのでメールをしてみる。イラクから帰ってきたばかりの彼は、砂漠の中をハマー運転してたそうです・・ひょへー


地元の人によると、とにかくサンフランシスコは坂が多い、一方通行が多い。でお下手ドライバーが多いのでもうクレイジーなんだそうです。確かにものすごいくだり坂では、車がダイブするみたいな感じになって、視界から車が消えた!ってな感じです。この間IKEAの家具を積んだレンタカーを運転していたダンナがチャイナタウンの坂道で信号にひっかかり、坂道発進をしようとしたら、キキキキキーってものすごい音が出ました。お尻が重い車が坂道発進しようとしたところ、車が裏向きにひっくり返っちゃったところを目撃したという人も・・・ひぇぇぇ〜〜〜〜〜。そんな坂道に駐車したり、できるのかなぁ・・・乞うご期待!