愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記

寿司〜

なるべく早く街に慣れるように、インターネットで色々なイベントを探しては足を運ぶようにしています。こないだはカレーを食べる会に行ってみましたが、今回は寿司を食べる会に行ってみました。さすがハイテクなSFだけあって、結構オンラインでこういうサークル活動の参加募集をかけるイベントがたーくさんあるのですね。私はここ1年ぐらい、こんなもんを書くようになったものの、昔からインターネットで人に会うのって、どうなんだろー・・・って思っていたのですが、全米をカバーするようなMeetupのウェブサイトが何種類もあって、特にSFでは普通にみんな情報を駆使して集まってるみたいです。スポーツサークルとか、ブッククラブとか、ダイニングクラブとか、そしてやっぱりシングルばっかり集まるミキサーとか。新参者としては、こういう機会が色々あるのはやっぱりありがたいことです。


それにしてもSFにはすし屋が多い!でも多いからこそ当たり外れもあるわけで・・・。でも今回行ったお店は大当たり!でした!!寿司職人のぽうるさん、主催者のM君によると昔は「えびす」というお店にいらっしゃったそうですが、彼の作るすしがうまいうまい!特に初めて食べたハワイで取れる「バターフィッシュ」はほんと、とろけちゃったよ!って感じ!!甘エビ(でっかい!)は頭を別に揚げていただいたり、そして極めつけにオイスターショットもやっちゃいました。ショットグラスに日本酒と、超フレッシュな生牡蠣と、うずらの卵と、なにやらかにやら色々入っているのを一気にがっ!っと・・・。なんとこのショット9ドルすると聞いて後からびびったのですが、もう久しぶりにおいしいおすしを食べて大満足でした。


30人ぐらいきて、色々な人とお話する機会もありましたが、やっぱりSFの人はDCの人とは違うわー(当たり前か)。主催者のM君は、もうベイエリアの寿司屋に関しては病的に詳しいし、結構参加者も寿司好きが多いとみて、ねたの名前はばんばん日本語でいってるような人たちばかり。見た目は超お宅、でも実はワインに死ぬほど詳しくて、ナパからぶどうを買って自分でワインを仕込んじゃったりしている人がいたり・・・。DCではどっちかというと、パーティーなんかでまず最初に聞くのが「どこで働いているの?」ってことで、それで人を分類する、みたいな雰囲気があり、業界話に終始しちゃったりしていやな感じだったのだけれど(そこらへんの文句はid:Marichan:20040816#p2)ここでは仕事は仕事、遊びは遊びっていうのがきっちり分かれているみたいで、なかなか楽しかったです。


ここオススメです↓。まだできて8ヶ月ぐらいしかたっていないそう。主催者M君は足しげく通っているらしく、お店の人とお友達で、帰りには10%オフのチケットももらってほくほく。


Blue Fin Sushi: Clement & 19th