愉快的陳家@阿拉米達島

ちょっと雑だが愉快な暮らし。サンフランシスコ・ベイエリア日記。

ハルキさん再び

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)


この間「きにくにょや」にいったときに買い求めたもの。日本の本を買うと、どうしても構えてしまい「何度も楽しめるものにしよう」とROIを考えてしまったりして、たくさんセレクションがあるのにどうしても決まったものを買ってしまう。村上春樹の小説はあまり好きでない割りに、なぜかこれでエッセーはほとんど全部そろってしまった。ちょっと昔のニュージャージーの話だけれど、ああよく見てはるなあと関心して読む。